赤ちゃんが生後11ヶ月になりました|成長を感じる行動の変化|成長記録

こんにちはコースケです。
先日、我が家の赤ちゃんが生後11ヶ月を迎えました。

最近の赤ちゃんの行動は、生まれてから時間が経ったんだなと感じることが増え、成長を嬉しく思います。

そんな我が家の赤ちゃんが生後11ヶ月になって感じる行動の変化や感情表現についてまとめました。
育児本に書かれているこの時期の赤ちゃんの行動の特徴も合わせてご紹介しています。

赤ちゃんの毎月の成長記録記事はこちら


【スポンサーリンク】



生後11ヶ月になって感じる成長と変化

生後11ヶ月になると、早い赤ちゃんはもう少し前からですが、この時期にはハイハイからつかまり立ち、そしてひとりで立つといった行動ができる赤ちゃんが多い時期にあたるようです。

興味、好奇心と行動できる体の成長がリンクすることで部屋の中を動き回り、時には危険な場所にもどんどん向かって行ってしまう時期でもありますよね。

また、立ち上がるというだけでなく、歩き出す赤ちゃんもいるくらい、赤ちゃんによってはビックリさせられる発育を感じさせてくれる時期でもあるようです。

生後11ヶ月の赤ちゃんの身長・体重の平均

母子手帳に記載されている成長曲線を見てみると、生後11ヶ月の赤ちゃんの身長・体重は男の子で身長69.4〜78.5cmくらい、体重は7.51〜10.82kgとなっています。

ちなみに女の子だと身長67.4〜76.7cm、体重が7.02〜10.27kgくらいというのが平均となっているようです。

個人差もありますが、おおよその目安となっています。

我が家の赤ちゃんはいつも、身長は平均内ですが下の方で、体重は平均内で上の方というぽっちゃり体型です。

最近はハイハイをしたりつかまり立ちなどをすることで少しスッキリとしてきたような気もしますし、体重の増加は緩やかな印象です。

体の発達・行動の変化について

一人立っち・つたい歩きができるようになりました

以前からつかまり立ちはしていましたが、最近ではつたい歩きも少しづつできるようになってきました。
また、つかまり立ちから手を離して一人立っちをしたり、座った状態からそのままつかまることなく、立ち上がるといった下半身の発育が目立ちます。

つかまり立ち自体の安定性も上がってきて少し安心です。

現在、室内にジャングルとブランコを置いていますが、少しづつ遊べるようになってきました。

しっかりとブランコの持ち手を掴めるようになっています。

あんよまでもう少し?

最近は足下までハイハイで来たあと、僕らの足に掴まって立ち上がります。その後、赤ちゃんの手を持ってゆっくり引っ張ると時々、足を一歩前へ進めることが増えてきているので、この一歩が出始めたらあんよをし始めるのでは?という印象です。

あまり無理はさせず、歩行器などは遊びで座らせることはありますが、歩かせるための練習には使用していません。

喃語のバリエーションが増えてきた

声真似など大人の真似っこが上手な赤ちゃんですが、最近は口にする言葉(喃語)のバリエーションが少しづつ増えてきました。以前は母音や破裂音が一つという感じでしたが、最近は連続音(マンマやパパパ、ダァダ、テッテーなど)が増え始めてこれを発しながら近づいてくることも多く、赤ちゃんの意思を感じることも増えてきます。

早く、パパ・ママというのが聞きたいです笑
ただコミュニケーションを取るというのはもう少し先なので、今は色々話しかけて楽しくスキンシップをしています。

絵本をめくれるようになってきた

赤ちゃんは絵本好きで、よく読み聞かせていますが、最近は一人でめくって自分の好きなページを見ていると感じることが増えてきたように思います。

好きな絵柄やキャラクターも段々決まってきているようです。我が家の赤ちゃんは基本クマさん系が好みなようですね。

テレビCMを見て反応

最近はテレビCMを見て反応することも増え、お気に入りのCMもあるようです。
じっと見つめている時と体を動かして楽しんでいる時とあります。

また、犬がテレビに映ると非常に楽しそうにしているので、もしかすると犬好きなのかもしれませんね。

ママとパパの両方を後追い

一時期はママにべったりだった我が家の赤ちゃんも少しづつ僕に対しても、べったり感を見せてくれるようになってきました。

朝、僕が仕事部屋に居ると赤ちゃんが僕の部屋のドアを叩いて呼んだり、僕を見つけると後を追いかける、僕に抱っこしてほしくて泣くといった、なんとも嬉しい変化を感じます。

ただし夜泣きの時はまったくダメで、妻でなくては泣き止みませんし、むしろ僕が抱っこするとひどくなるので、日中から寝る前までは僕でも大丈夫なことが増えてきました。

人見知りは相変わらず

人見知りに関しては相変わらずで、ある限定された人のみは大丈夫ですが、それ以外の人だと顔を見ただけで泣いてしまいます。

不思議なことにいつも会っているわけではない人でも大丈夫な人が妻の友人で先輩ママさんで、月に1回くらい会うか会わないかくらいですが、我が家で会っても、友人宅にお邪魔した時でもまったく人見知りせず、むしろニコニコですし、抱っこされても問題無しです。

赤ちゃんが安心できるのか、妻の声色などがリラックスしているからなのかわかりませんが、不思議ですね。

離乳食に関する変化は?

3回食になって約2ヶ月くらいでしょうか、少しづつ食べる量も増えてきました。
その分、ミルクを飲む量は減っていく傾向にあります、

ただ、今はまだミルクは卒業せずに離乳食後に飲ませている感じです。

離乳食後は70〜80mlくらいは飲む印象です。

手づかみ食べはあまりしていない

離乳食の手づかみ食べはまだ、頻繁にしていないようです。

手づかみ用の食材などを持たせても投げてしまって終了という感じなので、この辺は今後の課題ですね。

食後の歯磨きは苦戦中

先日も書きましたが、歯磨きは苦戦中です笑

一応、歯科で働く妻ですが、全然うまく行っていません。

こればっかりは赤ちゃんに馴れてもらうしかありませんね。

最近気付いたのですが、下の前歯2本から上の前歯もうっすら生えてきているようです。

どうしても歯磨きをさせてくれない時は寝ている間の歯磨きでなんとか頑張っているようです笑

お昼寝時間は短くなってきた

日中のお昼寝は少しづつ時間が短くなってきたようです。午後は長めですが、少しづつ昼寝時間が減っていくので、妻的にはゆっくりする時間が減ってちょっと大変そうです。

午前中は30分くらいで、午後は少し長めで1時間〜1時間半くらいという感じでしょうか。

まとめ

生後11ヶ月になって健康に成長してくれているので文句無しですが、もうすぐ1歳です。
今まで、ママと二人で遊んでいたのが、他の赤ちゃんも一緒にいるといった場所も増えてくるので、うまく順応してくれるのか、他の赤ちゃんとの違いなどを感じる機会も増えてくるので、その点で心が揺れないようにしっかりしていないといけないなと感じています。

また、日々の生活の中で怪我もしやすい時期ですので、安全面には十分注意して怪我防止をしっかりとしていきたいと思います。

スポンサーリンク
離乳食・子供の安全な食事づくりにおすすめ

【PR】 離乳食・子供の安全な食事づくりにおすすめ野菜宅配サービス!

シェアする

フォローする