赤ちゃんが1歳(生後12ヶ月)になりました|行動の変化と心配なところ|赤ちゃんの成長記録

こんにちはコースケです。
我が家の赤ちゃんが無事に1歳(生後12ヶ月)を迎え、先日、妻の家族も交えてお祝いをしました。

右も左もわからない育児も1年が経つということで、僕らも育児1年生となるわけです。

昨日のおやすみの日に赤ちゃんに1升餅を背負わせてみたり、ケーキの前で写真を撮ったりと感慨深い気持ちになりながらも楽しく過ごせました。

↓1升餅を背負った時の写真です。まだ一人で背負っては立てませんでした笑

ケーキの前で記念写真

楽しい時間を過ごせたことに周りにも感謝です。

そんな我が家の赤ちゃんが1歳になって感じる行動の変化や感情表現、気になることについてまとめました。

赤ちゃんの毎月の成長記録記事はこちら


【スポンサーリンク】



生後12ヶ月(1歳0ヶ月)の赤ちゃんの行動や成長

1歳になるくらいから、一人立ちからつたい歩きができるようになる赤ちゃんも多く、早い赤ちゃんだと歩きだしたりと体の成長面はどんどん進んでいく時期となるようです。

食べられるものも生後12ヶ月から市販の離乳食の内容も、また変化していく時期でもあり、噛む行動も上手になり、つかむ、口を近づけるなど自分の意思で体を動かせることが増えていく時期だとあります。

生後12ヶ月(1歳0ヶ月)の赤ちゃんの平均的な身長と体重

男の子の場合は身長が約70~80cmほどで体重は約7~11kgくらいが成長曲線の目安となっています。

女の子の場合は身長が約68~79cmほどで体重は約7~10.5kgくらいとなっていました。

我が家の赤ちゃんは70cm弱なので毎回、平均内ではありますが、低い方となり、体重は逆に10kgに届きそうなくらいなので、重たい方という感じです。

ただ、先日にRSウイルス感染症にかかった時に少し体重が落ちたようで、若干引き締まったかな?と感じたりしますが、気のせいでしょうか。

ただ、生後12ヶ月になると、立ち上がるなど体を動かすことが増えることで、脂肪が減り筋肉がしっかりとしてくる時期なので引き締まる赤ちゃんが多いのだとか。

体の発達や行動の変化について

歩く1歩目が出始める

生後11ヶ月のときから少しづつつたい歩くができるようになってはきていましたが、最近はつたい歩きのスピードも上がり、スムーズになってきています。

そして先日、妻が「1歩目が出た!」と言っており、見逃した僕は残念な気持ちでしたが、昨日の夜に僕も1歩目を出したのを目撃しました。(写真が撮れず残念です。)

1歳を過ぎると歩けるようになる赤ちゃんも増えてくるようですので、我が家の赤ちゃんももう少しなのかな?と楽しみです。

バランス感覚や足腰の発達

屈伸運動のように立ち上がったりしゃがんだりができるようになるなど足腰が強くなってきたなと感じます。

また、室内の遊具の滑り台を逆から登りきれるようになるなど、安定性も増してふんばれるようになってきたようです。

喃語でコミュニケーション

喃語のバリエーションも増えてくる時期ですが、僕らとのコミュニケーション的に喃語を発して遊んでいるように感じることもしばしばです。(テッテッテーがお好みなようです。)

細かい指先や手の動きが上達

細かいものをつかむというのも上手になってきました。積んである積み木を今までなら触れようとして叩いてしまうことが多かったのが、最近は積み木一つ一つを手で掴んで下ろすといったことができるようになってきています。

また、ローテーブルの上におもちゃがあると一つ一つをテーブルから床に下ろすといった行動も見られるようになってきて、手先の発達も見受けられます。

ボール遊びが大好きになった

最近は野球ボールサイズのおもちゃをひたすら投げては追いかけるといった遊びを一人でしていることが多く、好きな遊びの一つとなっています。

これもいままではつかむのがうまくいかないこともありましたが、最近は掴んで投げるということもできるようになってきました。

ママへのアタッチメントが急上昇中

最近、一時期落ち着いていたママ大好き状態(ママが離れると泣く)が発生しています。
記憶としては先々週あたりの赤ちゃんが体調を崩したあとくらいから、妻が洗い物をするなどちょっとの時間、そばを離れる(といってもリビングと台所なので、そこまで遠くは無いし見える位置)だけでギャン泣きをします。

前はそばにきて抱っこをせがむような感じでしが、最近はその場で泣き続けるといった感じで少々困っています。

保育園も始まるのに不安が高まりますねー。

人見知りの内容が少し変化

人見知りがすごかった我が家の赤ちゃんですが、最近は知らない人が近づいて泣くことがなくなって、興味はあるけど、触られたりすると怖くて泣くといった感じです。

前みたいに特定の人以外はダメという状況から慣れれば大丈夫という感じになりつつあるように思いますがどうでしょう?

離乳食の内容と変化

離乳食は3回食にも慣れてきて食べる量も増えてきています。
離乳食がメインとなり、ミルクを飲む量は以前と比べると減ってきています。

最近は粉ミルクのまま行こうかフォローアップミルクにしようか相談中です。
それくらいミルクでの栄養補給から、ミルクが栄養補助の役割に変わってきているということになりますね。

手づかみ食べは興味次第

手づかみ食べは、あまり進んでおらず、離乳食時には手で掴んでも投げてしまうことがほとんどです。
ただし、先日、僕が赤ちゃんを抱っこしながらお菓子を口に入れたところを見ていた赤ちゃんが口を開けたため、赤ちゃん用のお菓子を持たせてみたところ、自分で持ち、口に入れるということをしていたので、出来ないのではなく、興味の問題なのかなという感じです。

一人で哺乳瓶を持てるようになった

自分で哺乳瓶やストローマグなどを持つのは以前からできるようになってはきていましたが、昨日の夜の入浴後に寝る前のミルクを用意して置いておいた所、ソファーの上に置いておいたのですが、つかまり立ちをした状態から赤ちゃんが自分で哺乳瓶を両手で持ち、口に乳首を入れて持ち上げて飲みだすという行動を目撃して驚きました。

まだ角度的に少し持ち上げが足りませんでしたが、哺乳瓶にミルクが入っているということや、こちら側が飲ませるつもりが無いのに自分で行動したことに驚きです。

↓その時の記念にパシャリ笑

歯磨きは少しづつ進展中

以前よりもガーゼを口に入れられるのに慣れてきたのか、毎回ではありませんが、嫌がらずに歯磨きをさせてくれるようになってきています。

じっくりと無理せず慣れるまで続けることって大切なんだなと再確認しました。

お昼寝は午後に長く取るようになった

お昼寝は少しづつ短くなってはきましたが、トータルが減ったという印象よりも午前中のお昼寝が短くなり(30分らい)、代わりに午後のお昼寝は1時間以上寝ることも多いです。

そこから夜寝るまで起きているという感じで、夜泣きも比較的落ち着いている状態です。

保育園がいよいよ始まる

認可保育園に申請したお話をしていましたが、結果について書いていませんでしたが、実は認可保育園に通わせることができそうです。

結果自体は2月にわかっていたのですが、通わせられるかといった点で悩み、どうなるかわからないという状況だったので、ブログには書いていませんでしたが、保育園には通わせるということになりましたので、もうすぐ説明会など忙しくなりそうです。

保育園の認定などのお話は少しづつ記事に書いていきたいと思います。

まとめ

生後12ヶ月になって、ここから新しい成長を見せてもらえると思うと、楽しみです。
ただ、成長はとてもうれしいですが、赤ちゃんのこの時期のままでいてほしいと思う気持ちも正直あります。

あとは妻も育休で1年間頑張ってくれたことも感謝しなくてはいけませんし、今度何か感謝の気持ちを送らなくてはいけませんね。

1歳からはまた新しい出来事も沢山ですので、これから楽しみです。

スポンサーリンク
離乳食・子供の安全な食事づくりにおすすめ

【PR】 離乳食・子供の安全な食事づくりにおすすめ野菜宅配サービス!

シェアする

フォローする