1歳9ヶ月の子供の2回目のインフルエンザ予防接種が無事終了

スポンサー




こんにちわコースケです。

1歳9ヶ月になった息子が昨日、2回目のインフルエンザ予防接種のワクチン注射を受けてきました。
なんとか無事に年内に2回のインフルエンザ予防接種を受けることができてホッとしています。

1歳になってからのインフルエンザ予防接種記録

インフルエンザワクチン注射1回目

今年は息子も1歳になってから初めての冬ですし、保育園にも通っていることもありインフルエンザ予防接種は済ませておきたいところでしたが、妻の仕事の関係や息子の体調、そしてニュースにもあるようなインフルエンザワクチンの供給が遅れているということもあり、予約も一杯で1回を逃すとスケジュール的に年内のワクチン接種がギリギリになってしまうという感じの所でした。

しかも最初の予約の日は11月の頭くらいを予定していたのですが、熱があって延期になり別の日に予約して1回目のインフルエンザ予防接種を受けたのも結局11月末に。。

1歳8ヶ月の子供がインフルエンザ予防接種を受けてきました

インフルエンザワクチン注射2回目

先週に息子が風邪を引いて38.5℃くらいの熱を出してしまい、正直2回目のインフルエンザ予防接種は難しいかな?とも思っていましたが、次の日には熱も下がり元気にクリスマスを過ごしなんとか風邪とのギリギリの攻防の末、2回目のインフルエンザ予防接種が射てた形になります。

鼻水は若干残っていましたが、熱が無かったため注射を射つことができました。
熱は37.5℃以上あると基本予防接種は受けられないのですが、息子は37.1℃(基本これくらいが平熱)でギリギリという感じです。

ンフルエンザの予防接種は熱がある時には射てない理由は?

インフルエンザワクチンの効果持続の期間は?

なんとか無事にインフルエンザワクチンを射つことができた息子ですが、実際のインフルエンザワクチンの免疫持続効果はどれくらいなのでしょうか?

予防接種を受けた病院からもらった用紙を見てみると

  • ワクチン接種から1〜2週間後から抗体が作られる
  • 2回目のワクチン接種で免疫抗体を高める
  • 免疫持続効果の目安は接種後2週間から抗体の上昇し約3〜6ヶ月ほどまで
  • 2回目の接種後1ヶ月で免疫のピークとなり、3〜4ヶ月で減少する

というような免疫効果の持続と減少の流れになっているようです。

そのため、インフルエンザ流行期は12月から年明け3月くらいということなので、11月から遅くても12月くらいにインフルエンザワクチンを接種しておくことで、流行ピーク時のインフルエンザ感染の確率を減らしてくれるというのがあるわけですね。

息子の場合は12月末に2回目を射っているので、免疫上昇のピークは1月の中旬くらいでしょうか。

まとめ

息子のインフルエンザワクチン注射をなんとか年内で終えることができ、ホッとしました。
妻とも「無事に射てて良かったね」と話しつつ、仕事が忙しい中、スケジュールを組み立て、しかも息子の風邪などでキャンセルになりつつ病院へ連れていってくれたことを感謝しました。

インフルエンザワクチンの不足という問題もありましたし、来年も同様のことが起きる可能性がありますので、もう少し余裕を持ったスケジュールでインフルエンザ予防接種を討てるようにできればと今年の経験を元に予定を組めればと思います。

とりあえず、保育園という感染しやすい環境で生活する息子のインフルエンザ予防の重要なポイントをクリアできましたので、あとは日々の予防対策を行うことでなんとかインフルエンザ感染を防ぎたいと思います。

スポンサー




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です