1歳8ヶ月の子供が胃腸炎で低血糖になって点滴3時間!

こんにちわコースケです。

1歳8ヶ月の息子が日曜の夕方から嘔吐をして小児科で胃腸炎と診断されて、自宅で療養していたのですが、昨日は朝から元気が無く、ぐったりとして飲み物も飲まないくらい調子が悪そうで妻が病院に連れて行った所、検査で低血糖状態になっていることが判明。

結果、3時間の点滴をして帰ってきました。


【スポンサーリンク】


胃腸炎による低血糖の原因

妻が先生に低血糖になった原因を訪ねた所、胃腸炎になって食べたものを吐いてしまい、水分も栄養も不足した状態が続いて朝に低血糖になってしまったのではということでした。

確かに息子はアクアライトやOS-1は元々苦手なのか飲みたがらず、水分は麦茶で摂っていました。
ただ、夜に吐いてしまったりを続けるうちに不足してしまったのかもしれません。

胃腸炎で低血糖になるまでの息子の様子

息子が胃腸炎から低血糖状態になってしまうまでの状況をまとめてみました。

日曜日〜胃腸炎初日

日曜日は朝から元気に家で遊びながら過ごしていましたが、夕方になって突然の嘔吐、そして夕食後に再度嘔吐、そして夜寝ている時にも吐いて計3回吐きました。

下痢は無く、熱も37.1度と平熱で、息子自体は吐いた後も元気に過ごしていました。
この時点で胃腸炎だと予想はしていました。

月曜日〜胃腸炎2日目

月曜に妻が仕事を休んで小児科へ。そこで胃腸炎と診断され、整腸薬を処方してもらいました。
お腹の触診をして耳などもチェックしてもらいました。

月曜も下痢や熱は無く、元気に過ごし食欲もあるので一時的なものかな?と思ったのですが、その夜も寝ている時に起き上がって吐いてしまいました。

火曜日〜胃腸炎3日目

火曜日は朝ちょっとおとなしいかな?という印象でしたが、お昼寝をしてスッキリしたのか、ご飯も食べて午後は元気。この日は熱はありませんでしたが午前中に1度、下痢のうんちをしました。
そのまま妻が様子を見ていましたが、夕食後に1回吐いてから機嫌が悪くなり少ししてから妻に抱っこされて寝てしまいました。ですがその後も寝ている時に起き上がり、1回嘔吐をしてしまいました。

この日も食欲はあり、おかゆと果物を食べたのですが結局吐いてしまった形になります。

この時点で食事も水分も摂れていないと心配になってきました。

水曜日〜胃腸炎4日目

朝から元気がありません。息子専用のクッションソファーに寝転がり、食欲も無く、麦茶もアクアライトも飲みたがりません。そのままゴロンと横になって妻が離れると機嫌が悪くなるという状態で、今までウイルス性の風邪やウイルス性胃腸炎になった時とくらべてあきらかに調子が悪そうに見えたため、朝一番で再度、小児科へ妻が連れて行ってくれました。

結果、妻からの連絡で低血糖状態で点滴を受けることがわかりました。(点滴は3時間!)
診断の時の話を夜に教えてくれましたが、血液検査をして低血糖であることがわかったのですが、白血球の数値などは正常で炎症も見られないとのことでした。

ちなみに診断時の血糖値は40mg/dl、3時間の点滴を受けて100mg/dlにまで戻ったそうです。

家に戻っても調子が悪そう

その後家に戻っても、ずっと妻から離れずに抱っこされていました。
そして昨日はかなりの時間寝ていたように感じます。

いつもは夜の睡眠を除くと1〜2時間程度のお昼寝なのですが、昨日は少し起きていてもまた寝るを繰り返して4時間くらいは寝ていたと思います。

夕食はアクアライトをスプーンで飲ませつつ、おかゆを少し食べるとまた寝てしまいました。
ただし、この日は嘔吐はありませんでした。

木曜日〜胃腸炎5日目

そして今日ですが、昨日と比べて元気になっています。
昨日はほとんど歩かず座る・寝転がる状態でおもちゃにも興味を見せない(普段からするとありえないですね。)でしたが、今日は自分で歩いておもちゃで遊ぶ声が聞こえてきます。

食欲もすりおろしたりんごとおかゆ、アクアライトを摂取して今は妻と過ごしています。
このまま快方に向かってくれれば良いのですが。。

今回の反省点

胃腸炎になると下痢・嘔吐に目が行きますが、それに伴う脱水症状だけでなくそこから低血糖まで進行するケースがあるということを育児本では読んでいましたが、本当になってしまうとは;;というのが正直な所です。

食べたり飲ませたりしていても吐いてしまっては意味が無いということも改めて感じましたし、しっかりと対処をしていくことが重要だと実感しています。

麦茶だけでは糖分不足になってしまう場合があり、OS-1やアクアライトといった飲料の大切さも確認できました。
この点をもう少し重要視していたら低血糖になるのを防ぐこともできたのではと感じています。

まとめ

胃腸炎になると嘔吐によって水分や栄養まで流出してしまい、その後空腹状態が続くことで乳幼児の場合は脱水症状、低血糖になるケースは多いそうです。実際に息子も朝、突然ぐったりで元気が無いという状況でした。

今回の体験で改めて感じたのは、胃腸炎になった時には食事と水分・糖分管理はとても大切だと言うことと、様子がおかしいと感じた場合には小児科へ連れていく判断は早めにというのが実感です。

さっきまで元気だったのに。ということが幼児期の子供はとても多いと思うので、僕らの判断だけでなく、小児救急電話相談(#8000)への相談なども必要かなと思いました。

小児救急電話相談(#8000)
http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/10/tp1010-3.html

今回は小児科で最初に診断してもらった時は軽い胃腸炎とのことでしたが、そこから調子を崩して悪化してしまった結果になります。

僕らの記憶ではあそこまでぐったりと調子が悪そうな息子を見たのは、ほぼ記憶に無かったので、心配でしたが、今朝は少し調子が戻ってきたようで安心しています。

個人的には発熱を伴うウイルス性風邪よりも胃腸炎になった時の方が、大変な思いをしているように感じます。これからどんどん寒くなり、風邪も流行りますので注意したいです。

熱も下痢症状も無いけど嘔吐が続く胃腸炎から低血糖になってしまったお話でした。
息子に起きた症状ですが、何か参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

 


【スポンサーリンク】



 

離乳食・子供の安全な食事づくりにおすすめ

【PR】 離乳食・子供の安全な食事づくりにおすすめ野菜宅配サービス!

シェアする

フォローする