1歳児の言葉やお片付け・成長の様子を保育園からのお便りで確認

こんにちはコースケです。

1歳半を過ぎた子供との毎日は新たな言葉や行動を見せてくれる楽しい時期ですよね。
そんな子供の成長を楽しみながらも気になるのが、同じ1歳で同じくらいの月齢のお子さんはどんな言葉や行動をしているのかな?という点です。

我が家の息子は保育園に通っていますので、毎日、同じくらいのお子さん達と一緒に生活をしています。
そんな毎日ですので、他のお子さんと比べるというよりも、息子が毎日過ごしている中でどんな言葉や行動の刺激を貰っているのかな?というのが気になったります。

他のお子さんとは保育園のお迎え時にちょっと触れ合うくらいなのですが、先日、保育園から息子が通う1歳児クラスのことを書いたお便りが届いて同じクラスのお子さん達の言葉や行動、お片付けなど生活の中でできるようになったことの様子が描かれていたのが、とても参考になりました。

育児本などで見る一般的な例とは違い、本当に身近な1歳児の言葉やお片付けなどの行動、成長について触れる機会は少ないので、残しておきたいと思います。


【スポンサーリンク】



保育園からのお便りでわかる1歳児の成長

息子が通う保育園のクラスは1歳児クラスです。その中で月齢には違いがありますが、同じ年ということになります。
多分、みなさん今年の4月から通っていると思うので、大体1歳半くらいが中心かなと思います。
少し早く生まれたお子さんで2歳近くになっている子もいると思います。

保育園から届いたリアルな1歳児の言葉の成長

言葉に関しては息子を見ていても1語だけでなく、2語も少しづつ聞くようになってきていますが、保育園でも一語文、二語文の言葉が増えてきているようです。

言葉の例としては

  • 目、鼻、口、足といった体の部位に関する言葉
  • これは?、なに?、ここ、あっち、イヤイヤ、あっぷといった疑問や欲求を伝える言葉
  • わんわん、犬、ねこ、くるま、うしといった物や絵本を見て理解して発する言葉

お子さんによって様々だと思いますが、お外で遊ぶときなどは様々なものがありますので、言葉も多く出るようです。

おうむ返しも増えてきているようで、先生達もゆっくり、はっきりと話しかけて言葉を促しているようですね。
例えば、
せんせい、〇〇くん、〇〇ちゃん、いた!、まてまて〜!、むし、蟻、ちょうちょ、花、いし、葉っぱ、砂、飛行機とんでる
といった目に映るものを理解してもらうように接してくれているわけですね。

中には名前を呼べるようになってきているお子さんもいるのだとか。

お返事も上手になってきた

保育園ではみんなが集まれるホールのような場所があり、そこで集まりをして遊ぶことも多いようです。
そんな中で椅子に座ってから、歌に合わせて体を揺らしたり、手をたたく、手を挙げる、キラキラと手のひらを動かすといったいわゆるリトミックの時間も音楽に少しづつ合わせられるようになってきているようです。

我が家の息子も家で音楽に合わせてお尻を上下させてリズムを取っているのは見かけますが、みんなで楽しく音楽に触れて体を動かしているんですね。

その中で、一人一人、名前を呼ばれる時があり、以前よりも返事ができるようになってきているみたいです。しっかりと手を上げて返事をしているようで、一度は見てみたいですね。

お片付けやできることが増えている

おもちゃなどで遊んだ後には元に戻すことを促しているようで、少しづつ場所を覚えて片付けるのが上手になってきているようです。

確かに最近の息子を見ていると、ゴミをゴミ箱に持っていって捨てるといった行動も見られるようになってきているので、この辺は保育園での生活が良い影響として出ているのかもしれませんね。

自分でしたい・伝えるが上手に

おしっこ・うんちといったトイレに関する成長も感じられているようで、しっしでた、ちっちといった言葉で先生に伝えてくれるお子さんが増えてきたようです。

自分でパンツを着替えのかごから持ってきて教えてくれるお子さんもいるようです。
保育園との連絡ノートにも息子が自分のカゴからパンツを持ってきてくれたと書かれていたので、少しづつ成長しているのかなと感じます。

お着替えもトライ

お着替えトレーニングも進めてくれているようで、ズボン、パンツ、シャツ、靴下などを自分なりに足や手を通してみたり、上に持ち上げてみたり、靴下をつま先にあててみたりと自分でしたいという気持ちが以前よりも目立つようになっているようです。

息子も最近、くつを自分で履こうとしてみたり、靴下やズボンに足を通してくれる行動も見かけます。
シャツや洋服、アウターなども手を自分で通したり、抜いたりと少しづつスムーズな着替えへと向かっているような気もするので、この点も成長を感じますね。

まとめ

今回の保育園からのお便りは普段、中々知ることができない、保育園での生活を他のお子さんのことも含めて、現在の成長などを知ることができました。

毎月だと嬉しいのですが、他のクラスも含めて順番に発行しているので、また次回は少し先かなと思います。
育児本などで触れる知識も参考になりますが、リアルな身近なお子さん達の成長を知ることで、子供との触れ合い、コミュニケーションの仕方やできることにトライさせるという育児の参考になる良い機会でした。

スポンサーリンク
離乳食・子供の安全な食事づくりにおすすめ

【PR】 離乳食・子供の安全な食事づくりにおすすめ野菜宅配サービス!

シェアする

フォローする