1. TOP
  2. 育児・子育て
  3. 離乳食・食事
  4. 1歳で市販のクリスマスケーキは食べられる?我が家は手作りケーキを検討中

1歳で市販のクリスマスケーキは食べられる?我が家は手作りケーキを検討中

こんにちわコースケです。

クリスマスが近づいてきましたね。
我が家でもささやかですがクリスマスの準備を勧めています。

クリスマスツリーも飾ってみたり

息子も1歳9ヶ月ということで去年クリスマスとは違って楽しめることも増えてきています。
そして去年はまだ、1歳前だったということもあり、クリスマスディナーやクリスマスケーキは控えていましたが、今年は去年より少しクリスマスっぽい食事ができそうです。

特にクリスマスと言えば、クリスマスケーキとプレゼントということで妻とも色々と話しをしています。
クリスマスプレゼントは先日、すでにサンタさんにお願い済みで準備ができていますので、後はクリスマスの夜を楽しく過ごすクリスマスケーキも息子に食べてもらいたいなと考えています。

でも、育児本や幼児食に関する食事本では1歳児に市販のクリスマスケーキはおすすめしていません。市販のクリスマスケーキの方が華やかですし良いのですが、なぜクリスマスケーキがおすすめされていないのでしょうか。

市販のクリスマスケーキが1歳児におすすめできないわけ

ケーキは砂糖と脂肪分が多い

幼児食の本でも日々のお菓子の食べさせ方については、色々と書いてあります。
特に砂糖や脂肪分を多く含むお菓子は1歳児にとっては量が多すぎるため、注意されることが多いです。

そしてクリスマスケーキに限らずケーキにはこの砂糖やバターなどを多く含む材料が沢山使われていますよね。生クリームは脂肪分も高い(脂肪分18%以上)ため、あまりおすすめされていないのです。

1歳児の食べ物を消化する能力への配慮

上記の砂糖や脂肪分たっぷりなクリスマスケーキは1歳児のまだまだ未熟な消化器官に負担がかかる可能性があると言われています。

1歳以降の子供は離乳食が完了して幼児食へとステップアップしている時期ですよね。
そして1歳後半になると食べられるものも増えてきて少しづつ大人に近い食事へと近づいているわけですが、それでも日々の食事の中では5大栄養素のバランスに配慮しつつ、消化の面でも胃腸に負担が無い食べ物を調理の工夫をしながら食べさせている時期です。

またお子さんによって食事内容のステップも個人差があります。

大人でも生クリームたっぷりなケーキを食べると胸焼けをしたり気分が悪くなったりすることがあります(現に僕ら夫婦は生クリームが苦手。。)そういった点を踏まえると、市販のクリスマスケーキは1歳児にとってはちょっとおすすめできない点があると言われるのも納得です。

やっぱり気になるアレルギー

1歳になって少しづつ食べるものを増やしていきながら、アレルギーのことも考えて食事を作っていくわけですが、ケーキは卵・牛乳・小麦といったアレルゲン表示に必ず記載される3大アレルゲンが主な材料です。

これらは普段から食べさせる量などに注意をしていることが多いですので、注意が必要だとありました。

市販のクリスマスケーキはすべてNG?

近年ではアレルギーのお子さんでも食べられるようなケーキを販売しているお店も増えてきていましたが、インターネットの普及で通販でも購入することができるようになってきました。

その中には1歳でも食べられるケーキを販売しているお店も登場しています。

これらのケーキ屋さんに共通しているのはアレルギー対応したケーキであることです。
砂糖や卵、牛乳、乳製品、小麦粉を使わずに、原料も無農薬やオーガニック系食材を採用して食品添加物も不使用といった1歳児が食べても安心な内容で作られています。

生クリームの代わりにヨーグルトクリームや豆乳クリームなどで対応した自然な甘さは評判が良いようですね。

いつから市販のクリスマスケーキは食べられる?

上述した幼児向けのクリスマスケーキ以外の市販のクリスマスケーキを食べられる時期というのは基本的に決まっていません(ママ・パパの考えによる)が、まずは離乳食時期が終了していることというのはポイントになるのかなと感じますね。

周りのママさん達にも妻が聞いてみたところ、1〜2歳という時期はまだ大人と同じ市販のクリスマスケーキは避けていた方が多かったようです。ただ、1歳後半に初めて少し食べさせたという方もいるので、やはりママ・パパの考えにも影響されるのかなと思います。

我が家は手作りクリスマスケーキを検討中

便利な世の中になって1歳児でも食べられるクリスマスケーキも手に入る時代ではありますが、我が家ではいつも食べている食材をメインにしつつ、手作りクリスマスケーキに挑戦してみようかと思っていたりしています。

といっても職人ではありませんので、素人なりに工夫してといった感じですが、、笑

一応、幼児が食べられるホットケーキミックスやクリームなどもありますが、基本はフルーツメインでヨーグルト(いつものベビーダノン)、もしくは米粉パンケーキやビスケットなどをアレンジしていこうかと検討している所です。

まとめ

1歳児に対して市販のクリスマスケーキはあまりおすすめされていない理由がわかりました。
確かに消化器官が未熟な時期の1歳児に食べさせるのはちょっと気が引けるなーというのが正直な所。

しかもケーキはカロリーが多いわけで、少し食べただけでも一日の必要なカロリーの内の何割かを占めてしまうくらいだったりするわけで、手作りケーキを作るとしても食べさせすぎるのは注意が必要ですね。

我が家は妻の考え的にしばらくは市販のクリスマスケーキはおあずけとなりそうな感じです。
そうなると僕のクリスマスケーキもおあずけという感じでしょうか、、

お子さんの食事のステップや体調、体質に配慮しつつ、クリスマスケーキやクリスマスディナーを楽しめたら良いですね!

\ SNSでシェアしよう! /

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 赤ちゃんのミルク作りに使える市販のミネラルウォーターは?

  • 赤ちゃんの飲み水・ミルク作りにおすすめのウォーターサーバー7選

  • 妊活にマカがおすすめされる理由とは?マカサプリの摂取量・注意点

  • 妊活に亜鉛が良い理由とは?男性・女性の摂取量・サプリの選び方

関連記事

  • 離乳食の手づかみ食べはいつから?スムーズに進めるポイント

  • 保育園に通う2歳の子の朝ごはんのメニュー・朝のスケジュール|保育園2年目の息子の朝

  • 1才児の食べる量と満腹のサイン|食事の終わりの判断はご馳走様ポーズ?

  • 赤ちゃんの離乳食4週目|たんぱく質食材の魚を使ったメニュー(しらす・ひらめ)

  • 離乳食・幼児食でのたんぱく質の一日の摂取目安量は?食材や摂り方

  • 離乳食の食材に食材宅配は役立つ?オイシックスお試しセットの口コミ