1. TOP
  2. 育児・子育て
  3. 1歳
  4. 1歳3ヶ月の子供の言葉や行動、食事の中で感じる成長と変化

1歳3ヶ月の子供の言葉や行動、食事の中で感じる成長と変化

 2017/06/19 1歳
 

こんにちはコースケです。

先日、我が家の息子が1歳3ヶ月を迎えました。赤ちゃんから幼児期が始まり、早いもので3ヶ月が経とうとしています。

そんな息子を見ていて感じる最近の行動や感情表現の変化などをまとめています。

赤ちゃんの毎月の成長記録記事はこちら

1歳3ヶ月の赤ちゃんの成長・発育

愛読している育児本によると1歳3ヶ月になるとお子さんによって行動や感情表現、身体的な面などで少しづつ個人差も出てくる時期でもあるため、ママさん、パパさんにとっては我が子の成長を他のお子さんとくらべてしまうことも出てくるようです。

例えば、保育園などに預けるご家庭も増えることもあり、自然と他のお子さんと比べてしまうケースも増えることも理由の一つに挙げられています。

また1歳3ヶ月くらいは自己主張をすることも増え始めますし、こちらの言っていることへの理解も増していっているように感じることはとても多いです。

1歳3ヶ月の子供の平均的な身長と体重

1歳3ヶ月〜4ヶ月の赤ちゃんの平均的な身長と体重の幅については厚生労働省の一般調査及び病院調査による乳幼児身体発育値及び発育曲線を見てみると

男の子は
身長:中央値として77.7cmとなり、全体では73.0cm〜82.8cm
体重:中央値として9.79kgとなり、全体では8.19kg〜11.75kg
女の子は
身長:中央値として76.3cmとなり、全体では71.1cm〜81.0cm
体重:中央値として9.20kgとなり、全体では7.61kg〜11.12kg
というような結果にあるようです。

我が家の息子は1歳2ヶ月の時に保育園で測ってもらった所、身長が73cm、体重が9.7kgということでしたので、身長は中央値よりも低く、体重は中央値付近という状況でしょうか。

測定から1ヶ月近く経過しているので、変化はしていると思いますが、元気に育っていても全体の数値などを見ると少し体が小さいかなという印象は受けますが、個人差がありますので、あまり気にしていません。

体重も小さい時はぷくぷく、ぽっちゃりな感じでしたが、1歳を過ぎてからはそこまでぽっちゃりではない感じもします。

息子なりのペースで少しづつ大きく成長していってくれているので十分ですね。

参考:厚生労働省の一般調査及び病院調査による乳幼児身体発育値及び発育曲線
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/73-22-01.pdf

我が家の息子の体の発達や行動の変化

歩く登るといった行動の変化

歩くスピード自体も以前はヨチヨチでしたが、最近は以前にも増してドタドタとスピードアップしています。その分、よく転ぶのですが、しっかりと手をついて受け身を取っているのを見ると成長しているなーと感じます。

また、ベッドの上り降り、そして室内ジャンルジムの滑り台にも登れるようになったり、階段を自分で足場を確かめながら登るなど、少しづつ行動の力加減の調整ができるようになってきた印象もあります。

三輪車デビュー

自分で漕ぐことはできませんが、三輪車に乗ってハンドルを掴み、足を乗せて体勢を保つといったこともできるようになってきました。

最近では自分の足で床を踏みしめて前後に三輪車を動かす行動も少しづつ見られるようになってきました。

行動の自己主張がわかりやすくなってきた

以前から自己主張がわかりやすくなってきたと思っていましたが、最近は嫌なものは嫌という感じで、手で払い除けたり、顔をそむけたりすることも多いです。

また、自分が行きたい所に向かっていき、ドアなどを開けてほしい時にこちらに向かって声を出してアピールしてきます。

ママに抱っこしてほしい時、僕に抱っこしてほしい時という感じでしっかり主張するようになっています。

行きたい所へ指を刺すようになった

これはここ最近感じているのですが、家の中やお外など自分が行きたいと思った所の方、もしくは取って欲しいものに対して指差しをするようになってきました。

公園で遊んでいる時などブランコに乗りたいと主張しながら、手をブランコに向けてアピールすることもあります。

こちらの言葉への理解度アップ

僕らの言葉への理解度はどんどんアップしているという印象です。
「お風呂に入るよ」というと、お風呂の方へと歩いていくことも多く、遊んでいても「こっちにおいで」というと近づいてくる、「歯磨きだよ」というとちょっと嫌がるなどなど、言葉に対する認識度は高まっていると思います。

嫌なことがあると怒る

行動を制されることで、怒り表現がはっきり、そして激しくなってきました。
物を叩いたり、投げたり、払い除けたりという行動、ちょっと激しい時には自分の顔や僕らの顔を叩くという時もあります。

癇癪を起こす時期も少しづつ近くなってきているのでしょうか?

人見知りが少し落ち着いた?

以前は知らない人や僕らの家族でもギャン泣きしてしまうことが多かった息子ですが、最近はぎゅっと僕らにしがみつくくらいにまで落ち着いているように見えます。泣かずに様子を伺っている感じですね。

少しすると自分から手を出してみたりという行動も見られるので、以前よりは人見知りが落ち着いてきたのかな?と感じます。

保育園でも慣れている先生以外にも触れる機会も多いので、それも良い影響なのかな?という印象です。

離乳食について

こちらは保育園とのやりとりでも多いのですが、「とにかく食欲旺盛です」というくらいしっかりと食べてくれています。

一人食べをしたがる
手づかみ食べやスプーン・フォークを使って食べたがるようになり、食べさせられるよりも自分で食べたがる行動が以前よりも多くなってきています。

最近の妻は手づかみ用のおにぎりをせっせと準備してちょっと大変そうです。

上手くできるとこちらを見てニコニコしているので、褒められる喜びも感じているのかなと思います。

揚げ物(コロッケ)デビューも果たしました。

哺乳瓶を卒業

フォローアップミルクを飲ませるのにちょっとダラダラと続けてしまっていた哺乳瓶も卒業しました。
ここ最近は風邪を引くことが多く、しっかりと水分補給をしてほしかったこともあり、しっかりと飲んでくれる哺乳瓶を使用していましたが、最近は元気な日が続いていることもあり、今まで夜の入浴後のみ哺乳瓶で飲ませていたフォローアップミルクをストローマグに変更しています。

もう少ししたら食事の時以外もコップ飲みに移行できたらなと思っています。

もうそろそろフォローアップミルクを卒業

我が家ではミルクを卒業した後はしばらく栄養補助を目的としてフォローアップミルクを飲ませていましたが、最近は牛乳や麦茶などを飲むことも増えてきており、水分補給もそちらでしっかりとできるようになってきたので、今、残っているフォローアップミルクが無くなり次第、卒業となりそうです。

保育園の生活

保育園の生活は随分と慣れたようで、スタート時期のような泣いて保育士さんに抱っこしてもらい続けるということは減ったようです。

朝のお別れの時に息子が慣れている先生以外の時だけ、ちょっとグズることがあるようですが、基本的にはほとんど泣かずにバイバイできているようです。

また、日中も好きな車のおもちゃを片手に園内を一人で歩きまわって遊んでいるようです。

保育士さんからお話を聞くと僕らも気づかない変化や成長のお話が聞けるようになってきました。

風邪を引かずに通える日が長くなってきた

保育園に通いだして連続して体調を崩すことが多かった息子ですが、ここ3週間くらいは鼻水や咳を少しすることはあっても熱を出すこともなく、通えています。

最初のウイルス攻勢によって大変な思いをしたと思いますが、少しづつ免疫が付いて強くなってきているのを実感しています。

約2ヶ月弱でやっと妻も仕事を休まずに通えるようになってきた感じです。

まとめ

1歳3ヶ月になると好き嫌いもわかりやすくなってきますし、意思表示やコミュニケーションもより高まってきています。

その分、こちらの思い通りに行かないことも増えてきますので、手を焼くことも多いですが、しっかりと成長の階段を息子なりに上がっていってくれていることが何よりです。

\ SNSでシェアしよう! /

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 赤ちゃんのミルク作りに使える市販のミネラルウォーターは?

  • 赤ちゃんの飲み水・ミルク作りにおすすめのウォーターサーバー7選

  • 妊活にマカがおすすめされる理由とは?マカサプリの摂取量・注意点

  • 妊活に亜鉛が良い理由とは?男性・女性の摂取量・サプリの選び方

関連記事

  • 1歳児の冬のお風呂|湯舟のお湯の温度は何度が適切?

  • 1歳11ヶ月の子供の言葉や食事の変化と身長・体重の成長

  • 1歳10ヶ月の子供の言葉や行動、食事生活の中で感じる成長と変化

  • 1歳8ヶ月の子供の言葉や行動、食事の中で感じる成長と変化

  • 1歳の子供がお絵かきボードで絵を書くようになったペンの持ち方も上達

  • 1歳5ヶ月の子供の身長・体重平均や言葉の成長と食事面の変化