子供が1歳7ヶ月になりました|行動・言葉・食事の変化|赤ちゃんの成長記録

こんにちはコースケです。

我が家の息子が1歳7ヶ月を迎えました。
最近は、1歳を過ぎた頃とくらべて随分と成長したなーと感じることも増え、赤ちゃんから幼児、小児へと成長していく様子を毎日感じています。

自分でできることも増えて、こちらの思うように動いてくれるということは少なくなってきましたねー。

そんな息子が1歳7ヶ月になって感じる行動、言葉、体の発達、食事面についての変化についてまとめてみました。

赤ちゃんの毎月の成長記録記事はこちら


【スポンサーリンク】



1歳7ヶ月の幼児の成長・発育

1歳7ヶ月を迎える息子を見ていると、体もしっかりとしてきて走る、掴む、登る、細かいものを操るといった行動も増えてきているように感じます。

1歳半健診時期でもあるため、身長や体重に関しては周りの同時期に生まれたお子さんを見て気にされている方も多いかもしれませんね。
我が家の息子も、もうすぐ1歳半健診ですので、妻自身も気になる点なども相談してくると言っていました。

1歳7ヶ月の子供の身長と体重の平均

厚生労働省が発表している一般調査及び病院調査による乳幼児身体発育値及び発育曲線で見てみると1歳6ヶ月〜7ヶ月の子供の身長と体重の平均は

男の子
身長:中央値として81.5cmとなり、全体では76.5cm〜86.9cm
体重:中央値として10.53kgとなり、全体では8.86kg〜12.71kg
女の子
身長:中央値として80.1cmとなり、全体では74.8cm〜85.3cm
体重:中央値として9.91kgとなり、全体では8.20kg〜11.99kg
となっています。

中央値とは言うものの、ここ数ヶ月の息子は全体の身長でも平均幅に入っているのか、曖昧なため(自分たちで測りにいっても泣いてしまいうまく測れず、保育園は身体測定の日に風邪を引いて休んだり)気になる点ですね。
体重自体は10kg弱で中央値という身長・体重の傾向が続いています。

この点はやっぱり同時期に生まれたお子さんに会うと、ちっちゃいかな?と気になることもありますが、個人差があるという点も理解しつつ、気になるというのは正直な所だったりします。

参考:厚生労働省:「一般調査及び病院調査による乳幼児身体発育値及び発育曲線」
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/73-22-01.pdf

1歳7ヶ月の息子の行動の変化・言葉・体の発達

ちょっと小さいかな?という息子ですが、元気に活発な息子です。
保育園ではちょっと月齢が上のお子さんに混じっても負けずに走り回り、おもちゃの取り合い、遊具でも楽しく遊んでいるようです。

公園に行けば、滑り台も逆から登ってみたりと元気に遊んでいます。

活発だけど危険も増えた

室内ジャングルジムに至っては階段から上り、更に上部まで上り、ぶら下がろうとするなど危険も一杯です。

引き出しを開けてみたり、ドアを開けて玄関に走っていったり、階段に登ってジャンプするなど自分に危険が起きるとは気付かずに遊ぶ息子の好奇心を妨げないように、しかも安全面をキープするのがとても大変になってきました。。

ドアを開けられるようになった

先に書いていますが、ついにドアを開けるようになりました。というよりなってしまった・・という感じですね。

今まではドアを閉めることで、息子がリビングに居る時に洗い物をするといった場合もどこかに行ってしまうということは無かったので、目に入る範囲に居てくれたわけですが、最近は遊ぶのに飽きると、一人でリビングから玄関や違うお部屋に行ってしまいます。

ママへの後追いもドアを開けてどこまでも追いかける的な感じで、妻がトイレに行くと、ドアを叩いて待っています苦笑

お絵かきに変化

お絵かきといっても、まだ絵と呼べるものではありませんが、以前はただバンバンっ!と叩きつけるような感じだったのが、最近は僕らが書いた絵を見て自分も書くといったワンクッションがあるように感じています。

もちろん、その後はバンバンっとやっちゃうのですが、面白い小さな変化です。

物・人への認識度・理解度

車好きに拍車がかかってきたためか、絵本の中の車が実際に車に乗っている時に通ると「アっ!」といって指を指していきます。

最近はそれに加えて、家の中で車遊びをしていると、急に外を指差して「◯☓△◯☓△」と何か話をするような声と言葉を発しています。

他にも

  • ご飯だよと言うと自分から食事用のベビーチェアに向かう
  • 怒られると怒られたという顔をする
  • 絵本を読んでもらうときには膝の上に座ろうとする
  • 電気をつけるリモコンを使って電気が点くことを覚えた

などなど、今までとは違い、結果を理解してそれに向かって行動するというのが増えたと思います。

個人的には怒られた時・怒られたと感じた時(危ない行動をした時に僕らがアっ!というと怒られたと思い下を向いて少しして泣き出す的な)にしょぼんとする息子はとても可愛いかったです。

言葉表現の変化

認識度も高まりそれを言葉に変換して発することもできるようになってきました。
イヤイヤなどは以前からありましたが、最近は葉っぱをアッパ、トラックをアック、ブーブーや物を見つけた時にあった!と言ってみたり以前とは違う言葉も口にし始めています。

人見知りは少し落ち着いてきた

以前はかなり人見知りでしたが、いきなり泣くのではなく、僕らの影から見つめながら、少しづつ距離を縮めていけるようになってきました。

もちろん、泣いてしまうこともあるのですが、保育園での生活が良い影響を与えているように感じます。

かんしゃくは稀に起きる

まだそこまでひどくはありませんが、たまにこちらが何をしてほしいのか理解できずに居ると、泣くのがひどくなって体を反らしてギャン泣きすることがあります。

怒るとテーブルや物を叩いたり、投げたりとけっこう乱暴な行動もあるのでちょっと気になりますね。

おしっこ・うんちサインは時々

まだおしっこやうんちをする前に教えてくれるということはありませんが、こちらがおしっこでた?と聞くと「ちっちでたー」と返答してくれることも増えてきています。

幼児食・離乳食

いただきます・ごちそうさまのポーズ

離乳食の初期から続けてきたいただきます・ごちそうさまのポーズも理解してくれたのか、食べる時、食事の終わりはいただきます・ごちそうさまのポーズをしてくれるようになっています。

食事量が減ってる?

ただし最近は好き嫌いに加えて、自分の中で満腹を感じるようになったのか、食事を自分で終わらせてしまうようになりました。

そのため、食事を全量食べるということが減ってしまっている点がちょっと気になっています。

お腹が一杯になるとごちそうさまのポーズをして、その後、口元にスプーンを持っていくとイヤイヤをするのでお腹が一杯なのかもしれません。

妻的にはやっぱり食事量については気になっているようですので、1歳半健診で相談したいと言っていました。

食べる順番にこだわる

今まではなんとなくコチラ側が食べる順番などをキメていましたが、最近は息子が食べたい順番にそって食事を進めるのですが、その分、食べたいものだけを食べるといった食事になっているのがちょっと困ってしまっています。でも食べたい順番通りでないと、怒って泣いてしまうので中々うまく矯正できないのが悩みです。

虫歯予防の歯磨きは大変

幼児食で色々な食材や料理を食べるようになり、歯も少しづつ増えてきている時期ですので、歯磨きは虫歯予防としては欠かせませんが、最近になって歯磨きを拒否するようになりました。

舌をべーっと出して歯ブラシを押し出したり毎回、泣きながらの歯磨きとなっています。
妻は歯医者さん勤務なのに頭を悩ませるってどうなの?と思いますが、妻的にはマニュアル通りにやってもうまくいかないの!と怒られるので最近はそーっと見守っています苦笑

ただ、調子が良い時は息子に歯ブラシを持たせると自分で口に持っていき歯磨きのような行動をするので、息子の気分、僕らのやり方を工夫すればまた、歯磨きを泣かずにやってくれるようになるかもしれないですね。

保育園生活の様子

息子を保育園にお迎えに行くようになりましたが、毎回僕を見かけると全力で走ってきてくれるのが嬉しいですね。

また、保育園では家に居る時よりも自分で行動しても制されることが少ない広い空間での生活ということもあり、好奇心を伸ばせるのも良い点かなと思います。

最近はおしっこをした後にパンツを取ってきてと言うと、布パンツが置いてある場所まで取りに行くこともできるようになっているみたいなので、どんどん一人でできることが増えていくように感じます。

まとめ

1歳7ヶ月になって、息子の自我が芽生えることによる主張も見られるようになってきました。
どんどん違う表情や行動を見せてくれる息子が楽しみですね。

近日、1歳半健診にも行き、身長・体重も計測すると思うので、追記しておこうと思います。

以上、1歳7ヶ月になった息子の成長記録でした。

スポンサーリンク
離乳食・子供の安全な食事づくりにおすすめ

【PR】 離乳食・子供の安全な食事づくりにおすすめ野菜宅配サービス!

シェアする

フォローする