子供が1歳8ヶ月になりました|言葉や行動、食事の中で感じる成長

こんにちわコースケです。

我が家の息子が先日、1歳8ヶ月を迎えました。
1歳後半に入って2ヶ月ほどですが、赤ちゃんではなく、幼児期特有の好奇心旺盛なやんちゃさも増し増しな毎日です。

今月も、そんな息子の毎日の中で感じている行動や言葉、食事面の変化についてまとめてみました。

赤ちゃんの毎月の成長記録記事はこちら


【スポンサーリンク】


1歳8ヶ月の子供の成長・発育

1歳8ヶ月の体の成長の面では、息子から感じる体の力強さです。今までも好奇心の中で掴む、引っ張る、登るといった行動は見られましたが、行動に体もついてくるようになっているため、たくましいと感じる分、危険な面もあるので、色々と大変です。

身長や体重の面も個人差も出てくる時期ですし、1歳半健診後ということで色々と気になることが増える時期だったりします。

1歳8ヶ月の子供の身長と体重の平均

1歳8ヶ月〜9ヶ月の子供の身長と体重の平均を厚生労働省の一般調査及び病院調査による乳幼児身体発育値及び発育曲線で見てみると

男の子は
身長:中央値として82.4cmとなり、全体では77.3cm〜87.9cm
体重:中央値として10.72kgとなり、全体では9.03kg〜12.96kg
女の子は
身長:中央値として81.1cmとなり、全体では75.7cm〜86.3cm
体重:中央値として10.09kgとなり、全体では8.34kg〜12.21kg
となっています。

参考:厚生労働省:「一般調査及び病院調査による乳幼児身体発育値及び発育曲線」
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/73-22-01.pdf

我が家の息子は先月に1歳半健診に行ってきた時には
身長:79.4cm
体重:10.91kg
でしたので、そこから少し伸びたと考えて中央値よりは少し小さいですが、それでも全体の平均には含まれているかなという感じです。

体重も中央値付近という感じなので、今のところは体の発育は順調かなと感じています。

1歳半健診に行ってきました|健診で引っかかるとどうなるの?

1歳8ヶ月になった息子の行動の変化・言葉・体の発達

そんな息子ですが、毎日保育園に行って元気に過ごしてくれていることもあり、色々と吸収しながら成長していると感じています。

家の中をダッシュで足腰も強くなった

最近は、自分でヨーイドン!とドンの部分を言ってから家の中を何度も往復して遊んでいます。
そしてリビングの一角にある室内ジャングルジムについている滑り台を逆からダッシュで登ろうとしています。

サッカーボールをシュート

真似っ子が上手になってきているためか、僕がクッションのサッカーボールでリフティングをすると息子も同じようにボールを足で動かして、最後はシュートをしてみせてくれます。

「シュートして」というと足で蹴るので、こういったコミュニケーションが取れるようになってきたのが大きいですね。

自分で絵本を読む

今までは僕らに絵本を読んでとせがむことはありましたが、最近は自分で絵本を持って僕らが普段読んでいるのを真似するように赤ちゃんや動物のページで泣き真似をしてみたりと一人で好みのページを見たながら声を出して絵本を読むようになりました。まだまだ「ガーガー」といった感じですが、今までとはちょっと違う変化ですね。

特定の物への興味・執着

以前から息子はお気に入りのタオルがありますが、最近はそれ以外にもお気に入りのものが増えてきているのと、他に興味があるものを見るとテンションが上がるかのような振る舞いも増えています。

息子の場合には工事現場系の車が大好きなのと、これに加えて何故か「葉っぱ」に以上に興味を持っています。
家の前に公園があるためか、赤ちゃんの時から見ているからか、外に出るとまず「はっぱ!」と言うのはもちろん、家の中にある木の模様を見つけては「はっぱ!」と発しています。

時々、「はっぱ、き!」といった感じですが、基本は「はっぱ!」を連呼することも多く、面白いです。

お願いができるようになってきた

最近の息子は

  • もっかい
  • ここ
  • てって
  • たおる
  • くっく

などといったワードを発して僕らにしてほしいことをねだるようになりました。

絵本を読み終わると「もっかい!」お風呂の湯舟から出たい時はシャワースペースを指差して「ここ」、手を洗いたい時には「てって」、タオルが見つからない時は「たおる」と言ってきます。

他にもありますが、固有のワードを言ってくる所に言葉の成長を感じますねー。

かんしゃくや怒りやすさは感じることがある

うまくいかない時、思ったようにならない時は全力で怒っていますが、頻度はちょっとづつ増えてきているかなーと感じます。

妻も息子に「怒りすぎ!」と怒っていました笑
自分なりにしたいことがあると思うのですが、こちらも理解するまでちょっと時間をもらいたいところですね。

うまくいかないと物を投げたりすることもあるので、注意したいところです。

トイレトレーニングの始め時を伺い中

最近は、「ちっち!」と教えてくれることも増えてきました(正確ではないこともあります笑)。
逆に「ちっち!」と言うので「ちっちでた?」と聞くと首を振るといったことも見られるようになってきました。

妻ともトイレトレーニングを自宅でも行う時期かもねーと話しているところで、トイレに付けられる便座なども含めてトイレトレーニングを検討中です。

幼児食・好き嫌い

1歳7ヶ月の時と同様で食べたくないものは断固拒否することも続いていますし、満足するとごちそうさまのポーズで終了させようとしてきます笑

食べる順番が気に入らないとギャン泣きするなど、相変わらずな毎日ですねー。

最近、あらたな好き嫌いはネギです。味噌汁などに入っていると口の中からわざわざ唾を吐くように「ペッ!」と出してしまったり、口の中に指を入れて書き出したりと食感が嫌いなのか目立ちますね。

歯磨きは良い日と悪いの繰り返し

歯磨きは基本嫌いなのですが、歯ブラシを自分で持って口にいれてゴシゴシする真似をしてくれる日もあります。
こういった時は以外にスムーズな歯磨きができるのですが、嫌がる時は口を開けない、下で歯ブラシを押し出す、唾を吐く、歯ブラシを噛んで動かせないようにするなどなど、抵抗することも多いです。

保育園ではお友達との関係が気になる時期

保育園での生活は基本的に楽しく過ごせているように見えていますが、最近は成長と共に周りのお友達と関わることも増えてきており、友達とのやりとりの中で噛まれて帰ってくるなど、ちょっとしたトラブルも増えてきています。

まだ、小さい分、加減を知らないので大きな怪我をしない、させないことを祈っていますが、毎日の生活の中でできるだけ息子に対してダメなものはダメというように教えていくことも大切だなと感じています。

1歳の子供が保育園で噛まれた!保育園とのやり取りと対処について

まとめ

1歳8ヶ月を迎えた息子から感じる変化についてまとめました。
やっぱり言葉の数が増えてきてコミュニケーションが取れるようになってきたのは楽しく嬉しいことです。

もちろん、それによって大変なことも多いですが、赤ちゃんの時とは違う初めてを見せてくれるこの1歳後半も違った楽しさと大変さだなーと感じる毎日です。

冬も迎えてまた新たな経験をしていく息子の成長を楽しみに見守っていきたいと思います。

スポンサーリンク

 


【スポンサーリンク】



 

離乳食・子供の安全な食事づくりにおすすめ

【PR】 離乳食・子供の安全な食事づくりにおすすめ野菜宅配サービス!

シェアする

フォローする