保育園に通う2歳の子の朝ごはんのメニュー・朝のスケジュール|保育園2年目の息子の朝



こんにちはコースケです。
お子さんを保育園に預けて仕事に行く忙しい毎日、朝は特にドタバタですよね。

我が家でも朝は息子の「いやいや=〜!」と妻の「遅刻するー!!」の声が飛び交ってます笑
そんな忙しい朝ですが、2歳の息子は保育園があるのでしっかりと朝ごはんを食べないとお腹が空いてしまうのではと心配になります。
子供の朝食は大切なので、短い時間で工夫して用意されているママさん・パパさんは尊敬です。

でもお子さんによっては朝、保育園に行くのに朝ごはんを中々食べてくれないという悩みを持つ方も少なくありません。息子もスムーズに食べてくれないことも多いです。
他にも保育園に通い出して今までと違う朝のスケジュールになって朝ごはんをどんなメニューを用意したら良い?と気になっている方は多いですよね。

今日は、保育園に通う2歳の息子(保育園2年目)の朝ごはんの主なメニュー、妻の朝食のやりくりなどをお話したいと思います。
一緒に朝のスケジュールについてもご紹介します。

保育園に通う子供の主な朝ごはんメニュー・献立のやりくり

我が家では息子がミルクを卒業して朝ごはんを食べるようになってから、妻が朝ごはんを準備してくれています。

最近の朝ごはんの主なメニューのサイクルとしては

  • 主食:ごはん(ふりかけをかけるのが基本)
  • 汁物:味噌汁・スープ(前日の夕食時に少し多めに作っておく)
  • 主菜:魚が多い・お肉はひき肉のそぼろなど
  • 副菜:卵焼き・茹で野菜など
  • 果物:りんご・バナナ・キウイ・いちごなど
  • その他の栄養補助:チーズ・ヨーグルト・牛乳など

この内容を前日の食事や当日のお昼ごはんとの兼ね合いを見ながら準備しています。

主食:ごはん(ふりかけをかけるのが基本)

ご飯は前日に朝ごはん前に炊けるようにセットしておきます。息子はパンがあまり好きではない(保育園では食べているようですが家ではほとんど食べない)ので白米が基本です。
そこにふりかけをかけて食べるのがいつもの主食となります。

ふりかけはゆかりのふりかけ、アンパンマンなどのふりかけをかけています。

妻的にはパンを食べてくれるようになるとかなり楽になるとぼやいています苦笑

汁物:味噌汁・スープ(前日の夕食時に少し多めに作っておく)

息子は朝にたくさんおかずを食べるという感じではないので、汁物は外せないとのこと。幼児食に移行して最初の時は朝に作っていましたが、段々、前日の夕食作りの時の汁物の量を少し多めに作り、翌朝の汁物として食べさせるようになりました。

朝に前日の残ったお味噌汁などに、少し野菜などをプラスして食べさせています。毎朝時間が無い中で全てのおかずを一から作るのは難しいので、この辺は1歳から2歳になるころに切り替えていった感じです。

働くママの知恵ですね。これは僕も賛成派です。

主菜:魚が多い

主菜は焼き魚が多いです。というのも息子はお肉があまり好きではない(ハンバーグは好き)ので、作っても残してしまうので、最近は魚が多いように感じます。

副菜:卵焼き・茹で野菜など

副菜として卵焼きや茹で野菜を食べさせていることが多いです。人参やかぼちゃ、ブロッコリー、マッシュポテトなどが多いです。他にもプチトマトは好きですね。
ただ、生野菜のサラダ系はあまり食べさせていないです。

ちなみに卵焼きや野菜系のおかずが主菜のようになることもあります。たくさん作っても残してしまうことがあるので、この辺は経験の中で量がなんとなく把握できるようになってきたみたいですね。

果物:りんご・バナナ・キウイ・いちごなど

果物は基本、毎日用意しています。皮を剥いてサっと出せてビタミンなどの補給にもなりますし、息子も大好きなので朝食の鉄板です。

その他の栄養補助:チーズ・ヨーグルト・牛乳など

主菜をあまり多く食べない朝は、カットチーズやヨーグルトでタンパク質を補うことが多いです。息子も四角いカットチーズが大好きで自分で包装を開けて食べています。
ヨーグルトもダノンの子供用では無いプレーンヨーグルトが最近は好きなようです。無糖、加糖タイプがありますが、加糖タイプで食べさせることが多いかもしれません。
ただ、ヨーグルトの中にフルーツが入っている系は食感が嫌なのか、口からフルーツだけ出してしまうので、プレーンのみです。

コースケ
妻の朝食作りは1歳から保育園に通うようになって自分も仕事に行くため、それまでのように時間をかけて朝ごはんを準備するのが難しくなります。
まだ1歳過ぎの頃は離乳食後期〜幼児食の時期なので食材の調理にも、まだ気を使う時期だったりします。この時期は用意するおかずも朝に作っていましたが、良い意味で手を抜くことができるようになってきたみたいです。作り置きおかずをうまく活用するのも時短のポイントだそうです。

ちなみに妻の朝食は息子の食事と同じものを食べ、僕は朝食は青汁のみで済ませています。

我が家の朝のスケジュール

コースケ 息子
6:00〜 起床・自分の朝の支度 睡眠中 睡眠中もしくは起床
6:30〜 朝食の準備 睡眠中 起床する時間
7:00〜 朝食 起床 朝食
7:15〜 朝食 朝の支度・朝食・ゴミ捨て 朝食
7:30〜 仕事に行く準備再開

息子の保育園の道具の最終準備

息子に朝食を食べさせるのを交代

息子の着替え

朝食

食後の手洗い・着替え

7:40〜 仕事に行く準備 息子の歯磨き・顔を拭く 歯磨き・顔を拭く
7:50〜 出社 妻と息子を送迎 保育園へ
コースケ
毎朝の基本的な流れはこんな感じです。僕は仕事が夜中まであることが多いので、妻には申し訳ないのですが、少し遅れて起床します。たまに息子が起こしにくることもありますが、基本は僕が一番最後に起きます。

我が家の基本は手が空いた方が息子の準備を担当するということですね。家を出る時間が僕が車で送るので一緒ということもやりくりがしやすくなっているかもしれません。

あと朝は朝食の1時間〜1時間半くらい前に子供を起こすというお話も聞きますが、正直子供によっては起きてからママ・パパに抱っこや遊んでほしいという状況になって逆に準備が進まないということもあります。(息子がそうです。)この辺はお子さんの性格を踏まえてスケジュールを立てるのが良いかなと実感しています。

子供が朝食を食べない時の対処法は?

忙しい毎朝ですが、お子さんによって朝食を食べたがらないことがあります。時間が無いのに食べてくれないと困ってしまいますよね。
我が家ではご飯を食べさせるのを交代で行っていますが、息子がごはんを食べたがらずに時間がどんどん過ぎてしまうこともよくあります。

例えば、

  • おもちゃで遊んでいてまだ食べたくないタイミング
  • ママと一緒に食べたいのにパパに交代してしまった
  • お腹が空いていない
  • おかずが好みではない・食べたいものが無かった
  • 機嫌が悪い

これが息子が朝ごはんを食べない時の理由のほとんどです。

これらの対処法にあまり正解があるとは思えないのですが、基本は

  • 前日の寝る時間を遅くならないように調整して朝起きる時間を一定にすること
  • おもちゃに夢中な時は車のおもちゃを一つ持ってベビーチェアに座らせる
  • 機嫌が悪い時は椅子ではなく僕のひざに座らせて食べる
  • 食事を終了する

以上が我が家での対処法です。
朝から言うことを聞かない息子を怒ってしまっても泣いてしまい、逆に食事になりませんので、基本はごはんが食べたくなるような雰囲気を作るという感じです。
「これ見て美味しそう一緒に食べよう」など、息子の興味をそそることができると、自分から椅子に向かってくれることもあります。ただ、どうしてもだめな時は車のおもちゃを一つ持って食事をさせることもあります。(あまり良くないのですが。。)

また、機嫌が悪い時には何をしても食べてくれないこともあるので、そんな時は僕の膝の上に座らせてみたりと気分を変えてご飯を食べてもらうようにしています。
それでも食べない時は割り切って「じゃあごちそうさま」と食事を終了することもあります。
お腹がいっぱいで食べられない時は息子が自分でごちそうさまを言うこともあるので、そんな時はまだ食事が残っていても無理に食べさせることは減ってきました。

忙しい朝はじっくりと対処するということが難しいので、お子さんの気分が変わるポイントをうまく利用するのが、やっぱり現実的かなと思います。

まとめ

保育園2年目の息子に作る朝ごはんの主なメニュー、我が家の朝のスケジュール例をご紹介しました。
余裕を持って行動したいとは思いますが、やっぱり難しいことが多いです。ただパパさんが朝時間に少し余裕があるなら、ママさんの代わりにお子さんの対応をするとちょっとだけママさんの時間確保になるので、この点は我が家でも続けていきたいと思います。

妻いわく「手を抜けるようになるまでが大変だけど、良い意味で割り切ると少し楽になった」と言っていました。保育園1年目よりも朝のルーティンも決まってきますので、慣れるまではママ・パパさんがうまく協力することが大切かもしれませんね。

スポンサー




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です