1. TOP
  2. 育児・子育て
  3. 2歳
  4. 子供がお風呂で泣く・入りたがらない時の対処法|1〜2歳の水嫌い

子供がお風呂で泣く・入りたがらない時の対処法|1〜2歳の水嫌い

こんにちわコースケです。

魔の2歳児と言われる2歳のイヤイヤ期。

2歳になった我が家の子供も様々な面でイヤイヤと自分の意思を主張したり反抗したりと妻も僕も日々悪戦苦闘しています。

そんな生活の中でちょっと困っていたのが夜のお風呂タイムです。

今まではお風呂は好きな方だったのですが、お風呂を嫌がったり、入ってから体や頭を洗う時に泣いてしまうということが増えてしまい、ちょっと困ったなという状況に。このままだとお風呂自体が嫌いになってしまうのでは?と思い色々と対処法を試してみました。

コースケ
息子にとって効果テキメンだった魔法の言葉?的なワードで、お風呂で困らされるのを回避できたのでお話したいと思います。
 

2歳の子供がお風呂に入りたがらない・お風呂で泣いていた理由

我が家の息子の場合、お風呂に入る時のグズグズ・イヤイヤは主に2つの傾向でした。

それは

  • お風呂に入る前にイヤイヤしてグズってしまうパターン
  • お風呂に入る時はご機嫌でも入って体や頭を洗うのを嫌がるパターン

主にこの2つです。というか子供がお風呂関連で泣くのは、ほとんどこのパターンしか無いですかね笑

お風呂に入る前のイヤイヤ

お風呂に入る前のイヤイヤしている時に息子が発している言葉をよく聞いてみると、まだ遊びたい的な主張とパパと入りたくないという主張が日によってあります。

まだ遊びたいという時

我が家ではお風呂に入る際、僕が先にお風呂に入り息子を迎え入れる準備をするというのが赤ちゃんの時から今でも続いています。

妻はその間にまだ遊びたいという息子の主張を組みながらも、「お風呂に入って綺麗にしよう」、「〇〇はお風呂で上手にキレイキレイできるかな?」といった目的と息子の行動を促すようにお話しているようです。

また我が家ではお風呂に持っていけるおもちゃというのが色々と用意してあり、息子の気持ちを切り替えるのに「どのおもちゃ持っていくの?」と息子に選ばせることもしているようです。

すると、気持ちの切り替えができた息子は比較的機嫌が良くお風呂の前で自分から洋服を脱いで入ってくるようになりました。

お風呂に入ってから泣いてしまう

息子の場合、お風呂に入ってから泣くのは、頭や体を洗う時です。これはまだ湯舟で遊んでいたいというケースの他に頭を洗うのが怖いというイヤイヤが多いです。

特に頭を洗う時には水や泡が目に入ってしまって痛かった記憶が1歳の時よりも残りやすくなったためか洗いだすと抱っこをせがんで洗うどころでは無くなってしまうことも多いです。

また、耳に水がかかる、入る不快感もあるかと思います。

音を怖がっていることもある

お風呂は独特の残響音が響くので、水を流したり、自分たちが動いた時の音に驚いて辺りを見回している息子を何度も見たので、勝手知ったる我が家のお風呂とは言え、それでも普段過ごすお部屋と違う環境が怖いと感じることもあるのを、息子を見ていて感じます。

お風呂で泣いてしまった時の対処法(成功例)

湯舟でしっかりと子供の遊びに付き合う

2歳の子供にとって今、自分がしたいことが最優先だったりします。これはお風呂に限らず、食事や歯磨き、夜のおやすみ前に起きるイヤイヤに通じるのですが、湯舟の中で子供が遊んでいる時にはしっかりと付き合ってあげるのが、まず子供の満足度を高める基本ですよね。

その日によって遊ぶ内容は違いますが、湯冷めしないタイミングまではたっぷり遊びます。

泣いてしまう子供を怒らない・呆れた言葉をかけない

僕は頭を洗っている時にグズグズしている息子を見て、何度か「大丈夫だからそんな泣かない!」的に言ってしまったことがあります。

他にも「これくらいのことでメソメソ泣かないの」といった言葉も言ってしまったことがあります。

2歳の子供の場合、言葉の意味はわからなくても声のトーンや大きさなどでこちらの感情を感じ取ることができるようになってきますので、この怒ったり呆れたような言葉はまったくの逆効果。もしくは萎縮するようにただ怖いことを無理やり我慢させるというような感じで状況は好転しなかったというのが実感です。

子供の頑張る気持ちを促す言葉

ここまでお話した状況はお子さんとのお風呂では、あるあるなことだと思います。

その中で、たまたま僕がお風呂の中で泣く息子に言った一言で頑張れるようになった、個人的に魔法のワードを発見しました。

その言葉は「ママに頑張ったよって言おうね」です。というのもいつも頭や体を洗っている時にギャン泣きする息子の体や頭を素早く洗い流して終わった時に「よくがんばったね」というはいつも言っていたのですが、たまたまこの「〇〇は頑張れるよね。ママに頑張ったよって言おうね。」といった所、息子もオウム返しのように「ママに頑張ったよって〜涙」と言いながらその日はいつもより泣かずにお風呂を終えることができました。

そして頑張った息子に対して「ママが来たら言ってごらん」と伝えると、迎えにきたママに「頑張ったよ〜」と言ったのです。

妻も驚きつつ息子の「頑張ったよ」を全力で褒めてくれました。

その後、お風呂に入って頭や体を洗うという時に最初は少しグズりかけるのですが、僕が「今日もママに頑張ったよって言おうね。」というと息子も「ママに頑張ったよって」と言いながら実際に頑張ってくれています。

今まで僕だけでなく妻と入る時にも同様に泣いてしまう息子でしたが、最近はこの魔法の言葉で、また以前のようにお風呂を最後まで泣かずに入れるようになってきています。

コースケ
もちろん息子に対して効果的だったというわけですが、2歳の子供の自立心や褒められたいと思う感情を刺激して促せたのかなと感じます。

子供の言葉よく聞いてみると解決の糸口が見えることもある

そしてお風呂を嫌がる子供の理由を知ることができるポイントは子供が発している言葉です。我が家の息子の場合は過去に頭を洗った時に目や耳に水や泡が入ってしまったことを怖いと感じるようになってしまったためですが、これを息子はお風呂の中で頻繁に「めんめ、みみ〜」と言っていたのです。

いつもは「大丈夫だよ」くらいしか言っていなかったのですが、最近は僕も「目と耳に水が入らないように優しく洗うからね」と言うようにしました。

すると息子もお風呂に入った時点で「めんめと〜みみ、◯☓◯☓ね!」といつも最後がうまく聞き取れないのですが、僕に伝えてくるので、毎回、「目と耳に水が入らないように優しく洗うからね」と伝えてお風呂がスタートするという感じです。

子供は僕らの言葉をしっかりと聞いていますし、理解できる分は理解しているので、ちゃんと伝えることを繰り返していくことは、やっぱり重要だと感じます。

まとめ

2歳の息子がお風呂嫌いになりかけて、いつもイヤイヤをしてしまう状況をなんとか持ち直した体験談でした。

今回はイヤイヤ期特有の行動もありつつ、原因がわかることだったので対処ができて良かったです。

お子さんそれぞれに魔法の言葉的なワードは存在すると思います。我が家の息子の場合は「ママに頑張ったよって言おうね」です。

これは最近、歯磨きや手洗い、お着替えの時にも息子が自分から言うようになってきているので、これから少しの間はこの言葉で頑張ってくれるのかな?と期待しています笑

最近は保険の見直しに興味があって色々と調べていましたが、息子との生活はイヤイヤ期真っ只中ということで、日々考えさせられる毎日です。

言うことを聞いてほしいけど聞いてくれない。妻もため息をもらすこともしばしばです。

2歳のイヤイヤ期が子供にとって成長の過程であることは理解していますが、こちらの心にゆとりが無いとついイラっとして感情的になってしまいそうになります。そんな時にも子供自身も、すでに自分の考えを持っているということに気づかせてくれたお風呂でのできごとでした。

子供にとっての自立心や褒められること、そしてそれを認めてくれるという環境はイヤイヤ期の子供でも頑張ってくれる理由になるのかな?と思います。

2歳のイヤイヤ期がリアルタイムで進行中ですので、今後はイヤイヤ期の息子を見て感じたことを記録していければと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 外出時のミルク作りに便利なスティック・キューブタイプの粉ミルク選

  • ミルク用湯冷ましの作り方と調乳時の使い方|外出時に便利な保存容器は?消毒は必要?

  • 粉ミルクのおすすめメーカーの比較〜新生児赤ちゃん用の粉ミルクの種類と選び方

  • 赤ちゃんの水分補給はミルク以外はどんな飲み物が良い?

関連記事

  • 2歳2ヶ月の子供の言葉や行動、身長・体重の平均・イヤイヤ期の内容

  • 2歳1ヶ月の子供の言葉や行動、食事|生活の中で感じる成長と変化

  • 2歳3ヶ月の子供の言葉や行動、食事の成長と変化・イヤイヤ期の内容

  • 2歳の子供は歌はどれくらい歌える?音程や歌詞は?

  • 親子でできるスニーカーのリンクコーデ|男の子のパパにおすすめ

  • 2歳の子供の身長・体重の平均・言葉や行動、食事の成長と変化