3歳からの習い事は何がおすすめ?ママ友に聞いた始めて良かった習い事



こんにちはコースケです。

お子さんが3歳になると習い事をさせようと考えている方は多いのではないでしょうか?

僕自身も2歳の息子には3歳から習い事をさせようと考えていて、幼稚園選びの中でも習い事の有無や内容もポイントとしています。

ただ、子供には色々と経験させてあげたいと思う反面、実際に習い事をさせるとなると、時間も限られていますし、子供自身の興味もありますので、1つか2つが現実的かなーと思ってたりします。

そうなると3歳から習い事を始めるなら何が良いのか悩む所です。

そこで最近、子供の相談で色々とお世話になっている周りのママ友さんや友人に、子供に習わせて良かったと思った習い事について聞いてみました。

人気が高い3歳からの習い事

まず、育児本や周りのママ友さんに聞いた人気の習い事から見ていきます。

  • 幼児教室
  • 水泳
  • 英語教室
  • 体操教室(新体操・体育教室)
  • リトミック・ダンス・バレエ
  • 児童劇団
  • 芸術教室
  • サッカー
  • ピアノなどの音楽教室
  • 空手・柔道・剣道

3歳などの幼児期から受け入れていることが多い習い事です。

特に水泳教室、英会話、ピアノは男の子、女の子両方に人気ですよね。
我が家の場合は僕が小さい時に空手をやっていたので空手か柔道を、妻は水泳やピアノ、二人とも共通で英会話という感じで検討しているところです。

周りのママ友・友人家族が実際にやっている習い事は

  • 水泳
  • 幼児教室
  • 公文式
  • 英語教室
  • サッカー
  • ピアノ
  • 剣道・空手

という5つです。
男の子・女の子が居ますが、上記に集中していました。実際に我が家も習わせたいものが含まれているので、みんな考えることは一緒ですねー笑

3歳から習い事をするメリットは?

好きだったり興味があることを集中して取り組める時間を作れること、教えてもらう先生が専門家であることを考えると、親が教えるよりもしっかりと知識や技術を吸収することができる他、将来までを見越して役立つと言える点、小学校になった時に挨拶や集団行動、運動の面でしっかりと取り組める点がメリットと感じている方が多いです。

ママさん達が習い事を選んだ理由

実際にママ友さん達にお子さんに習い事をさせて良かったこと、選んだ理由を聞いてみました。

自由な発想や行動ができる

幼児教室に通わせているママさん
家では中々体験できないものに触れられる時間をしっかりと作れるので、元気で活発な子に育ってほしいから

幼児教室ではリトミックや英語、読み書き、数字など様々な学びを遊びながら行うため、周りの子と一緒にチャレンジしているお子さんは元気いっぱいとのことです。

こちらのママさんは幼児教室を2歳から始めているので、長く続いているのはお子さんが楽しめている証拠かもしれません。

体を動かして元気に遊べる

サッカーを習わせているママさん
夫婦でサッカーが好きなので、子供にもサッカーをやってほしくて習わせています。小学校に上がって運動の面でも今から準備できているかなと思います。今はサッカーといっても体を動かして走ってと元気いっぱい遊べる時間という感じでもあります。
水泳を習わせているママさん
保育園に入れず、職場復帰ができないまま家で過ごす時間が増えたこともあり、子供に体を動かして遊べるものをと思い、親子の水泳教室に通いだしたのがきっかけで自分も運動不足解消になるし、今では上手に泳げるようになった息子を見て習わせて良かったと思っています。

自分と同じ趣味・仕事を体験させたい

ピアノを習わせているママさん
私が子供の頃からピアノをやっていたので、娘にもかわいいドレスを着せたいなと思って習わせています。
剣道を習わせている友人
自分が剣道をやっていて、体力や礼儀の面でも小さいうちから学べるから良いし、強い子に育ってもらいながら、正座だったり、静かに待つといった行動も身につくと感じたから

友人は幼馴染なのですが、小さい時から剣道をやっていて確かに強い子でした笑
子供は6歳になっているので、もう3年続いているようです。

成長してからも役立つ場面が多いから

英会話を習わせているママさん
今は英語も当たり前で耳にする時代なので、早くから英語に慣れておくことで将来自分で英語をもっと話せるようになりたいと思った時の下地になってくれたら良いなと思ってはじめました。
公文式を習わせているママさん
自分が小さいと時に公文式をやっていて、計算など数学が得意になって大人になってからもかなり役立っていると感じるので、子供にも習わせています。

3歳から習い事を習わせて良かったと感じること

ママさんたちに習い事を3歳から始めて良かったと感じたことを聞いてみました。

性格が明るくなった

今まで人見知りで内向的な印象だったのが、お友達や先生との時間によって性格が今までよりも明るくなったということでした。

幼稚園や保育園では一人の子供に目をかけることは難しいですが、習い事の場合は教室選びをすることで、一人ひとりにしっかりと目を向けてくれるという面でメリットがあるとのことです。

言葉の話す内容が変わった

英語や公文式といった習い事では教室で習ったことをお話してくれたり、歌を歌ってくれたりと言葉の面でも変化を感じているママさんがいます。

自分でやる行動が増えた

剣道などの武道系をやっているお子さんの場合、自分の事は自分でやるという点で変化があったようです。

周りも同じくらいの子がいて、みんなと同じような行動を取る、集団行動にも良い面があったとのことです。

運動能力が上がっている

サッカーなどの運動系は単純に運動能力向上に役立っていると実感しているママさん・パパさんが多いですね。

小学生の子供がいる友人も、幼稚園や保育園の時からサッカーなどスポーツを習っている子は運動会などでも目立つしスポーツをやっているなとわかるということで、小さい時から体の使い方などを習得できる面では学校生活への準備としてメリットが大きいようです。

挨拶ができるようになった

これは今回聞いたママさんみんなが言っていたのですが、挨拶が今までよりもはっきりと言えるようになったこと、初めての人にも挨拶ができるようになったということです。
どの習い事をしていても始まりと終わりの挨拶は重要視されていますので、この点は幼稚園・保育園に通いつつさらに礼儀作法を身につけることにつながっていると感じる方が多いですね。

まとめ

3歳から習い事をさせているママさんのお話をご紹介しました。
皆さん習い事自体は友達も増えるし良いと感じているようです。ただし、費用の面、送り迎えなどの負担があるので、共働きの場合はちょっと大変という声があります。
ただ、剣道を習わせている友人家庭ではお迎えに行っていたママも剣道を習い出すといった思わぬ出来事があったりと、普段子育てで大変なママさんのストレス発散になるケースもあるので、親子で習える習い事も3歳から始めるならおすすめだと思いました。

3歳からの習い事は子供の興味が一番重要ですが、最初は大変だったりするそうです。
我が家でも息子に習い事をさせようと思っていますので、習い事が始まったら、ここで記録していければと思います。

スポンサー




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です