1. TOP
  2. 育児・子育て
  3. 子供のアデノウイルスは大人にも感染するの?我が家のケース

子供のアデノウイルスは大人にも感染するの?我が家のケース

 2017/08/30 育児・子育て
 

こんにちはコースケです。

昨日の記事で書きましたが、現在、我が家の1歳5ヶ月の息子がアデノウイルスにかかってしまっています。
月曜に診断されてからですので、今日で3日目となります。

アデノウイルスは一般的には5日程度の高熱が続くというのが症状の一つですが、息子は今日も38℃弱と熱が続いていますが、思ったよりも機嫌は悪くなく、元気に家の中で遊んでいます。

そんなアデノウイルスですが、一緒に過ごしている僕ら大人には感染するのか気になりますよね。
妻も息子のお世話のために仕事を休んでいます。息子が治ってから自分が発症して仕事に支障が出るというのが一番避けたいケースですが、我が家では現在、妻が風邪症状で体調を崩し気味となっています。

子供のアデノウイルスは大人にも感染する

息子が診察を受けた小児科の先生に聞いてみましたが、アデノウイルスは子供だけでなく、大人にも感染するウイルスなようです。

そのため、子供がアデノウイルスになった場合にはしっかりと対処を行って二次感染をできるだけ防ぐことが大切だと言われました。

アデノウイルスの家庭での二次感染経路

アデノウイルスに限らず家庭の中でのウイルスの感染経路は

  • タオルの使い回し
  • 家具やドアノブ、おもちゃ
  • お風呂
  • おむつ替え

といった接触感染やくしゃみや咳による飛沫感染があります。

アデノウイルスは感染力が高いウイルスと言われていて、子供がアデノウイルスにかかり、そのお世話をすることで自身にも感染してしまうというケースがとても多いようです。

大人のアデノウイルスの症状


大人がアデノウイルスに感染した場合の症状に多いのが

  • 発熱
  • 喉の痛み
  • 咳・鼻水
  • 腹痛・下痢
  • 結膜炎・目ヤニ・充血

などが多いようです。

特に発熱した場合には高熱が続きやすいため、症状も重くなりやすいと言われたようです。
また、咳もひどくなりやすく、悪化すると肺炎になってしまう可能性もあるのだとか。

我が家のケース

現在、我が家では妻も僕も体調に異変を感じています。

妻の症状は

  • 熱は無い
  • 咳・喉の痛み
  • 鼻水

という感じです。

昨日、近くの内科で診察を受けにいったのですが、残念ながらアデノウイルスの検査ができる病院では無かったため、症状に対する薬をもらってきていましたので、アデノウイルスに感染しているかはチェックできませんでした。

ただ、症状を見る限りちょっとアデノウイルスとは違うようにも感じますが、アデノウイルスは症状が様々で微熱が続くといったケースもあるようなので、ハッキリしません。

また、アデノウイルスだとわかっても治療は対症療法しか無いので、結局は薬などで症状の緩和をしながら回復を待つという感じです。

ちなみに僕は先週の息子の風邪に感染ったためか、喉の痛みと咳がある程度で体調は今のところ問題ありません。

ただ、アデノウイルスの怖い所は潜伏期間が長いことですよね。子供が元気になってから自分がかかってしまうといったケースです。

アデノウイルスに感染したら仕事はいける?


子供の場合、アデノウイルスにかかり咽頭結膜炎になってしまうと、出席停止となり、医者の治癒証明書が必要となります。

また、保育園ではアデノウイルスに感染した場合には、その時点で治癒証明書をもらってからの登園となるケースもあります。

一方、大人の場合にはアデノウイルスに感染しても会社を休まなくてはいけないというルールは無いようです。

そのため、症状にもよりますが、会社との相談によって出社するタイミングを決めるということになるかと思います。

ただ、アデノウイルスの感染力は高く、しかも活動期間が長い(潜伏期間を含めると2週間くらい感染の可能性がある)ため、マスクなどはしっかりと着用していくのが、マナーと言えそうです。

子供のように休ませてくれればありがたいのですが、このご時世、インフルエンザでも出社しろと言われるブラックな会社もあるので、大人の体調管理は自己責任と言われてしまうことが多いので、しっかりと予防に努めたいですね。

参考:国立感染症研究所HPアデノウイルス解説ページ-アデノウイルスの種類と病気

まとめ


子供のアデノウイルスは大人にも感染するウイルスだということがわかりました。
しかも大人に感染すると、症状も重くなり、複合的に症状が発症してしまうことも多いようです。

高熱、喉の痛みだけならまだしも、結膜炎や胃腸炎、肺炎などを併発してしまうとそれこそ、大変ですので、しっかりと予防する意識が重要となりそうです。

我が家では妻が若干体調に異変はあるものの、今のところは僕ら夫婦は大丈夫そう。

ただし、アデノウイルスは潜伏期間が長いので、これから症状が出てしまう可能性があるので、息子の症状チェックと共に今回は僕らの体調面もチェックしておこうと思います。

 

\ SNSでシェアしよう! /

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 赤ちゃんのミルク作りに使える市販のミネラルウォーターは?

  • 赤ちゃんの飲み水・ミルク作りにおすすめのウォーターサーバー7選

  • 妊活にマカがおすすめされる理由とは?マカサプリの摂取量・注意点

  • 妊活に亜鉛が良い理由とは?男性・女性の摂取量・サプリの選び方

関連記事

  • 生後3ヶ月の赤ちゃんとパパの留守番!ママの大変さを少し体験〜後編

  • 赤ちゃんのお薬用ゼリー「おくすり飲めたねチョコレート味」をお試し|抗生物質用のオブラートゼリー

  • 赤ちゃんの風邪が大人にうつると重症化するのは本当?実際に感染して感じたこと

  • パパが生後8ヶ月の赤ちゃんと留守番!中編

  • 赤ちゃん・子供が頭を洗うのを嫌がる時の洗い方ポイントを美容師の方に聞いてきた

  • 地震などの災害時の赤ちゃんのための避難袋、防災グッズの必要性