赤ちゃんが歯磨きに慣れてきたお話|赤ちゃんの気分を変えてスムーズな歯磨き

ブックマークする

こんにちはコースケです。

赤ちゃんの歯磨きって苦労することが多いですよね。
口に歯ブラシを入れられたり、ガーゼを入れられるのをすごく嫌がる赤ちゃんは多いですし、赤ちゃんから幼児期に入っている我が家の息子もその日によって大人しく磨かせてくれる日、そうでない日があります。

基本は妻が歯磨きをしており、いつも苦労していたのですが、最近ちょっと目先を替えることで、大人しくスムーズに歯磨きをさせてくれるようになりました。

今回は、以前に歯ブラシに少し慣れたというお話をしたのですが、その延長のようなお話で少しでも歯磨きがスムーズにできるようになればと思って色々と試行錯誤した中で感じた変化についてお話したいと思います。

我が家の息子の歯磨きはパパ担当に

我が家の息子はいつも妻が歯ブラシとガーゼを持って近づいていくと、歯磨きを察知するのか、嫌がります。

そんな中で最近、ベッド居る時に息子に対して「コロ〜ン」と言うと寝転がってくれるようになってきたこともあって、僕が息子と遊びながら「コロ〜ン」と言ってみると、見事に僕の股の部分に頭を預けてくれました。

そこで、妻がサっと歯ブラシを渡してきたので、僕が「歯磨き上手の時間だよ♪」と言いながら、歯ブラシを口先にそっと当ててみると、スムーズに口を開けて、歯磨きをさせてくれるように!妻がこれはと思ったのか、ここ最近は僕が歯磨き担当になってきています。

↓今日の朝も上手くいきました〜

赤ちゃんの気分はコロコロ変わるから楽しく変化させる

赤ちゃんや小さいお子さんもママが何かをしてくれるというのは普段の生活の中でなんとなく理解していると思うのですが、中には嫌なことも理解しているという印象です。

そこで、赤ちゃんの目先、気分を変えるのにパパが行ってみると、意外と大人しくしていてくれることが多いです。

例えば、離乳食やおむつ替え、お着替えなどですね。また体調が悪い時などはお薬も含まれます。
ごまかしなのかもしれませんが、赤ちゃんの気分が変わることで、嫌なことでは無いというように感じてくれることで、スムーズに事を進められることは多いと思いました。

まとめ


離乳食も後半に入っている幼児期ですので、食べる内容もバラエティー豊かです。
そのため、歯の生え始めの赤ちゃんでも歯垢や歯石が溜まりやすい状態になります。

今までよりもこれからの方が虫歯リスクは高まってくるということになりますので、しっかりと口腔ケアは行う必要がありますが、肝心の赤ちゃんが嫌がっては綺麗にするのは大変です。

そんな時はママさんだけが頑張るのではなく、パパさんも一緒に楽しく歯磨きを行う、もしくは我が家のケースのようにパパが歯磨きをすると大人しくしてくれることが多いといったこともあるので、パパさんが変わってみるというような赤ちゃんの気分を変えてみるのはおすすめかなと思いました。

育児ではママに頼りっぱなしですが、その中でも少しパパが活躍できるポイントになるかもしれないので、ママさんの負担を減らすためにもパパさんにはお試ししてみてほしいです。