赤ちゃん・幼児が他の子と遊ぶのはいつから?1歳5ヶ月の息子の場合

こんにちはコースケです。

1歳を過ぎるとママやパパ以外の人にも触れる機会がグンっと増えてくるお子さんも多いと思います。
特に保育園に通っているお子さんの場合、同じくらいの月齢の子供と長い時間一緒に過ごすことが日常になってきますよね。

そうなってくると気になるのが、同じ保育園の子達と一緒に遊んだりしているのかな?という点です。
保育園に通っているので、お友達ができるのは親としては喜ばしいですが、実際にはいつから他の子と遊ぶようになるのか気になります。


【スポンサーリンク】



我が家の1歳5ヶ月の息子は他の子と遊んでいる?

最近、妻の仕事の都合で、僕が保育園に息子を迎えにいきはじめていますが、その中で偶然見かけたのが、テーブルの上に積み木的なおもちゃを並べて積み上げて遊んでいる息子の両脇に同じ積み木を見つめながら一緒に立っているお子さんがいました。

ただ、息子自体は他の子と遊んでいるというよりも、積み木に熱中している中で、サイドのお子さんもその積み木に興味があるといった感じが正しいでしょうか。

ただ、家ではもちろん、息子しかいませんし、公園でも同じくらいのお子さんと遊ぶということは無いので、その何かを一緒にやっている感は僕にとって新鮮でした。

息子も最近は一時期ひどかった人見知りも一端落ち着いてきたようで、以前のように他人を見ただけで泣くといったことも減り、遊べるようになってきているというのは実感していましたが、その中で一緒に保育園で過ごすお子さん達とも上手く溶け込んでいるのかな?と嬉しかったです。

保育士さんと毎日やりとりをする連絡帳がありますが、ちらほら、他の子と同じように室内の遊具を登ったりした、小さなベンチで二人で声を出し合っていたといったことは書いてありましたので、自然と他のお子さんとも遊ぶこともできるようになってきてるのかもしれませんね。

0歳から他の子を意識したり興味を持っていた


息子の場合、0歳の時から子育てサロンに連れていき、他のお子さんも居る場所で遊ばせることもありましたが、その時には違うお子さんに近づいていくということも何度かあったそうです。

ですので、実際に他人に興味を持ち始めるのは0歳の頃から見ることが出来ていました。
妻の職場の先輩ママさんのお子さんと同じ年なのですが、生後7〜8ヶ月くらいには、そのお子さんに触れてみるといった行動もあったそうです。

1歳を過ぎてから興味が増している様子

その後、1歳前後は人見知りが強くなったため、あまり他とはコミュニケーションは積極的ではなかったのですが、最近は少し落ち着いて、外ですれ違うおじいちゃん、おばあちゃんなどにもニコニコと笑顔を見せたり、小学生のお姉ちゃん、お兄ちゃんの後を追いかけてみたり、同じ遊具で遊ぼうとしたりと、好奇心もあり、臆せずに入っていくようになってきたと思います。

その流れで、先日一つの遊びに息子と他のお子さんが関わっている場面に出くわした感じですね。
保育士さんに聞いてみると、まだ一緒に遊ぼう!という感じではないですが、他の子が遊んでいるのをじーっと見ていたり、同じおもちゃに興味を持つといった様子は見られることがあるそうです。

保育園ではおもちゃを取ったり取られたりで、泣いたり泣かされたりなどはたまにあるようです。
まだ、「貸して」、「遊ぼう」といった言葉でのコミュニケーションができないので、どうしても感情が先立ってしまうのも、成長の一つなのかもしれませんね。

1歳〜2歳という時期は様々な成長過程の中で社会的な面も周りから影響を受けながら吸収していく時期とのことで、今の時点で、他の子と積極的に遊ぶということは少ないようですが、その中で保育士さんを中心にみんなと同じことをしたりといった集団行動に触れながら周りを意識するための時間、ということでしょうか。

環境や性格にも影響されるそう

保育士さんとの話でも、家族構成で年の近いお兄ちゃん、お姉ちゃんがいると、自然と他の子と遊ぶのに馴染んでいく機会も多いという話や、子供本人の性格も影響するということでした。

ちなみに我が家の息子は、泣き虫で甘えん坊だそうです笑、みんなと一緒に園庭に行く、集まってお歌や体操をするといった時に、泣いてしまうことも多いようで、初めてのことに対しては慎重派な子とのことでした笑

好奇心があるお子さん、マイペースなお子さんなど様々です。

例えば妻の友人のお子さんが息子よりも2歳くらいお姉ちゃんなのですが、3歳から保育園・幼稚園に入れたいと考え、体験的に過ごしたようですが、やはり最初は周りとコミュニケーションを取ることがうまく行かなかったと言っていました。おもちゃを取られてしまったり、小さな時から集団生活をしているお子さんに気遅れしてしまうこともしばしば見られたようで、妻に話をしていました。

それでも今では幼稚園に通っているそうですので、子供は環境に馴染みやすいというのは本当なんだなと感じたりもしました。

実際、僕もその娘さんと会ったことは何度もありますが、最初は人見知りされまくりで、ちょっぴり切なかったですが、少しづつ挨拶を返してくれるようになったりと、可愛くて嬉しくなりました。

まとめ


1歳過ぎではまだ、意識はしていたりはするものの、他の子と一緒に遊ぶということは、難しそうです。実際に周りと一緒に遊ぼうという行動が見られるのは2歳後半から3歳くらいからという感じでしょうか。

ただ、今回思ったのは、一人でおもちゃで遊んでいるのを他のお子さんが興味を持つ、そしてそれに触れようとするといったこの行動の繰り返しの中で自然と人と関わるということに触れていくのかなと思いました。

ですので、社会性を育むのは個人的な要素だけでなく、周りのお子さんの性格や行動もとても影響が大きく機会を増やしてくれるのに一役買ってくれているのかも?ということを息子の保育園生活を垣間見た中で考えさせてくれたシーンだったように思います。

近々、保育園の個人面談があるようですので、その時に他の子との関わり度については、是非詳しく聞いてきたいと思います。

スポンサーリンク
離乳食・子供の安全な食事づくりにおすすめ

【PR】 離乳食・子供の安全な食事づくりにおすすめ野菜宅配サービス!

シェアする

フォローする