1. TOP
  2. 育児・子育て
  3. 赤ちゃんの飲み水・ミルク作りにおすすめのウォーターサーバー7選

赤ちゃんの飲み水・ミルク作りにおすすめのウォーターサーバー7選

ウォーターサーバー(宅配水)は水の安心・安全はもちろん、様々な面でママの育児を楽にしてくれます。

その中でも、特に赤ちゃんに安心して飲ませられる飲み水として、粉ミルク作りの手間を軽減してくれるというメリットがかなり大きいので、個人的にはプレママ、赤ちゃんが生まれたばかりのママにおすすめしたいアイテムです。

こちらではママからの評判が良いウォーターサーバーメーカーから、実際に育児中のママ友、友人にリサーチをした中で赤ちゃんの飲み水やミルク作りにおすすめできるウォーターサーバーをランキングでご紹介しています。

また、ママ・パパさんにとっては使いやすく、お財布にも優しいこともポイントにして比較して厳選しました。

安心できる赤ちゃんの飲み水、ミルク作りのためのウォーターサーバー・宅配水をお探しの方は参考にしてみてください。

目次

赤ちゃんの水・ミルク作りにおすすめなウォーターサーバーランキング

 

2018年現在、最新の赤ちゃんのミルクの調乳や飲み水におすすめなウォーターサーバーランキングです!

ランキングに掲載しているメーカーの商品情報、毎月の費用に関する各項目の内容は

  • サーバーの種類:ウォーターサーバーのラインナップ
  • ボトル:水ボトルの種類と使用後の取扱いについて
  • 水の種類:取り扱っている水の種類
  • 硬度:水の硬度
  • 1ヶ月のコスト目安:ウォーターサーバーのレンタル代+お水(最低注文数)+電気代の合計金額
  • 1回の水注文単位:1回の注文単価
  • サーバーレンタル代:1ヶ月のウォーターサーバーレンタル料金の有無、金額
  • メンテナンス:メンテナンス費用や内容
  • 最低注文数・休止手数料:メーカーが設定する最低注文数と設定注文数を下回った場合の手数料について
  • 契約期間内の解約手数料:メーカーが定める契約期間と期間内の解約時に発生する解約手数料
  • 特典キャンペーン:新規契約者向けの特典やキャンペーン
  • 子育て応援:妊娠中や育児中の家庭向けのプラン・特典情報

以下の情報を掲載していますので、各ウォーターサーバーメーカーの比較の際の参考にしてみてくださいね。

 

1位:フレシャス

   

フレシャスのココがGood!
  • 赤ちゃんにも安心して飲ませられる軟水の天然水
  • ワンタッチ操作で赤ちゃんを抱っこしながらでも使えるのが便利
  • ミルクに最適な70℃の水など、調乳に便利な機能搭載で5段階の温度調節機能付き有り
  • 常温水が飲めるので赤ちゃんの飲み水としても便利
  • 水は下置き式なので、水の交換がしやすく女性でも簡単に交換ができる
  • 温水・冷水共にチャイルドロック付き
  • 静音性にこだわっているので夜中でも音が気にならない
  • 卓上タイプもあって置き場所に合わせて選べる
  • グッドデザイン賞受賞のオシャレサーバー
  • 妊娠中・育児中のご家庭ならフレシャスママパパプランでお得に始められる
サーバー種類 ボトル 水の種類 硬度
ベーシックモデル(3種)
デザイナーズモデル(3種)
コラボモデル(3種)
使い捨て
潰して捨てられる
天然水 富士(21mg/L )
朝霧高原(85mg/L )
木曽(20mg/L )
1ヶ月のコスト目安※1 1回の水注文単位 サーバーレンタル代※2 メンテナンス
5,450円〜 1箱(7.2L☓4)4,560円〜 500円〜無料機種有り 無料
セルフメンテナンス
最低注文数・休止手数料※3 契約期間内の解約手数料 特典・キャンペーン 子育て応援
2ヶ月1箱未満で1,000円 2年未満の解約で発生
9ヶ月未満税込16,200円
2年未満税込9,720円
初回1箱無料
他社乗り換えサポート(解約金キャッシュバック)
ママ・パパプラン
(18,000円相当プレゼント・毎年水1箱プレゼント)

※1:1ヶ月のコストはレンタルサーバ代500円(dweo)+水代1箱4,620円+電気代330円(公式サイト記載)で計算しています。電気代については330円〜950円と機種によって違いがあります。

※2:サーバレンタル代は無料機種と、1ヶ月に2〜3箱以上の注文で300円〜900円のサーバレンタル代が無料になるサーバレンタル代無料プランがあります。(機種によって注文数とサーバレンタル代が違います。)
例:SIPHON Slim:レンタル代300円(1箱以上の注文で無料)、dewo(デュオ):レンタル代:500円(2箱以上で無料)、dewo(デュオ)ミニ:レンタル代500円(3箱以上の注文で無料)
※3:フレシャスは定期配送が基本プランです。お届けのスキップは可能ですが、最低注文数が2ヶ月に1箱(28L)となり、1箱未達の場合は1000円の事務手数料がかかります。
※掲載金額は税抜きです。

フレシャスの「スラットはプレママ・育児ママにおすすめ!

フレシャスはウォーターサーバーの機種も多いので、どれを選ぶか迷ってしまいますが、赤ちゃんのミルク作りという点では「スラット」がおすすめです。

フレシャスデュオも人気が高くおすすめですが、調乳に便利な70度の温水や飲み水にも使いやすい常温水など水の温度調整がしやすい(5段階の温度調節可能)他、蛇口トレイ部分が広く取ってあるため、哺乳瓶をそのまま置けたり、小さめのお鍋などにもお水をそのまま入れることができるなど、育児中のママに便利な機能を搭載しています。

フレシャスは自動クリーニング機能を搭載、ボタンの位置が高く、チャイルドロックも搭載されているので、幼児期のお子さんがいるご家庭でも安心です。

ウォーターサーバーを置くスペースが取れないという方なら、卓上タイプのフレシャスデュオミニもおすすめです。

フレシャスデュオミニの商品説明動画はこちら

 

2位:プレミアムウォーター

 

プレミアムウォーターのココがGood!
  • 非加熱処理で天然水本来の味が楽しめる美味しいと評判のウォーターサーバー
  • 赤ちゃんのミルク作りや飲み水としても使える硬度25mg/L〜の天然水
  • チャイルドロックは温水・冷水対応で安心
  • ボトル交換も下置き式対応もあり、女性でも簡単に交換ができる
  • 加熱クリーンシステム搭載で、いつでも清潔にサーバーを保てる
  • 光センサーによる省エネ対応の高機能型ウォーターサーバー
  • 横幅27cmほどと小さいためスペースの確保もしやすい
  • たまひよ赤ちゃんグッズ大賞 2018天然水ウォーターサーバー1位獲得!
  • PREMIUM WATER MOM CLUBは赤ちゃんがいる家庭に嬉しい割引きプラン
サーバー種類 ボトル 水の種類 硬度
7種類 使い捨て
小さく潰して捨てられる
国産天然水(非加熱処理) 富士吉田(25mg/L )
南阿蘇(36mg/L )
金城(83mg/L )
1ヶ月のコスト目安※1 1回の水注文単位 サーバーレンタル代※2 メンテナンス
4,610円〜 2本(12L☓2)3,040円〜 基本プラン1,000円(無料機種有り) 無料
セルフメンテナンス
最低注文数・休止手数料※3 契約期間内の解約手数料 特典・キャンペーン 子育て応援
60日間の注文休止で800円 PREMIUM 3年パック:15,000〜20,000円
PREMIUM WATERMOM CLUB 3年:20,000円
基本プラン2年: 15,000〜20,000円
乗り換えキャッシュバック最大16,200円
新規申し込みQUOカードプレゼント
PREMIUM WATER MOM CLUB
(水料金やサーバーレンタル料の割引)

※1:1ヶ月のコストはプレミアムマムクラブ入会時の目安です。機種は「cado×PREMIUM WATER」でレンタルサーバ代800円+水代3,040円+電気代770円(公式サイト記載)で計算しています。電気代は機種によって違いがあります。
※2:サーバレンタル代は無料機種と、1,000円の機種があります。例:スリムサーバーIII:レンタル代無料、amadanaスタンダードサーバー:レンタル代無料、amadanaウォーターサーバー:レンタル代1,000円、cado×PREMIUM WATER ウォーターサーバー:レンタル代1,000円(プレミアムマムクラブ入会で800円)
※3:プレミアムウォーターは定期配送が基本プランです。お届けのスキップは可能ですが、60日間の注文休止で800円の事務手数料がかかります。注文の最低注文受注数は月に2本24L以上に設定されています。

※掲載金額は税抜きです。

cado×PREMIUM WATERでプレミアムマムクラブに入ろう!

デザイン的にもシンプルで洗練されたウォーターサーバーが多いプレミアムウォーターですが、赤ちゃんがいる家庭という意味では「cado×PREMIUM WATER」がおすすめです。
「cado×PREMIUM WATER」は5歳までのお子さんがいるご家庭向けの割引きプランであるプレミアムマムクラブ対象のウォーターサーバーです。

水の料金も通常、基本プランで1本1,960円の所、プレミアムマムクラブなら1,520円、そしてサーバーレンタル代も通常1,000円かかるのが、毎月ボトルを2セットご注文した場合500円にまで割引されます。

機能的にも水は下置きで交換がしやすく、チャイルドロックもしっかり対応、ボトル周りは外気が入りにくい構造で水の劣化を防います。

そのため、いつでも清潔な美味しい天然水が飲めるので、赤ちゃんの飲み水や調乳用の水としても安心です。

 

 

3位:クリクラ

クリクラのココがGood!
  • 2018年3月時点で全国560の産院で使用されているウォーターサーバー
  • 赤ちゃんが生まれてウォーターサーバーデビューを考えている方におすすめ
  • RO膜フィルターによる不純物除去をしたRO水で生まれたばかりの赤ちゃんのミルクにも安心して使える
  • RO水、天然水(クリクラミオ)が選べる
  • お客様満足度3年連続NO.1!マザーアンドチャイルド協会推奨製品
  • チャイルドロックは経済産業省が推奨する仕様でしっかり子供の安全を確保
  • 費用は水代のみで済むので月額料金を抑えて安心できる水を使いたい人ならクリクラがぴったり
  • クリクラママの特典でお水が無料でもらえる
  • 契約期間の設定がないので、高額な期間内の解約金がかからず、いつでもやめられるのがかなりおすすめポイント
サーバー種類 ボトル 水の種類 硬度
2種類☓2 回収タイプ
ガロンボトル
RO水
天然水(クリクラミオ)
RO水(30mg/L )
天然水(57mg/L )
1ヶ月のコスト目安※1 1回の水注文単位 サーバーレンタル代※2 メンテナンス
3,452円〜 2本(12L☓2)2,500円〜 無料 年1回サーバー交換(5,000円)
最低注文数・休止手数料※3 契約期間内の解約手数料 特典・キャンペーン 子育て応援
3ヶ月で6本以上
6本未満の場合1,000円
契約期間の縛りなし 無料1週間お試し有り クリクラママでボトル最大9本無料提供

※1:1ヶ月のコストは省エネサーバーを例に水代2,500円+安心サポートパック料417円+電気代535円(公式サイト記載)で計算しています。電気代は機種によって違いがあります。
※2:サーバレンタル代は基本無料ですが、注文ノルマの3ヶ月で6本以上を下回った場合、月に1,000円のサーバーレンタル代が発生します。また、クリクラ省エネサーバーの場合、設置時に初回金として7,000円が必要となります。
※3:3ヶ月で6本未満の注文の場合、サーバレンタル代として1,000円/月がかかります。
※掲載金額は税抜きです。

クリクラママでお財布に優しく赤ちゃんのミルク作り!

赤ちゃんの飲み水やミルク作りの水として使うなら、クリクラママのキャンペーンを是非、活用しましょう。

今ならボトル最大9本が無料でもらえるキャンペーンとなっていて、1歳未満のママ・これからママになる方なら、利用することができます。

 

 

4位:アクアクララ

アクアクララのココがGood!
  • ウォーターサーバーシェアNo.1の最大手
  • RO膜フィルターを使った安全性の高いRO水で赤ちゃんのミルクにもおすすめ
  • 電話1本で宅配してくれて、ノルマなし!北海道から沖縄まで全国対応可能
  • アクアアドバンスは除菌、チャイルドロック付きで赤ちゃんのミルク作りにおすすめ
  • 温水チャイルドロック付き
  • 子育て家庭に嬉しいベビアクアプラン
  • 注文ノルマが無く、トータル的な月額料金が安いので家計に優しい
サーバー種類 ボトル 水の種類 硬度
6種類 回収タイプ
ガロンボトル
RO水 29.7mg/L
1ヶ月のコスト目安※1 1回の水注文単位 サーバーレンタル代※2 メンテナンス
4,250円〜 1本12L:1,200円〜 1,000〜1,500円 安心サポート利用
最低注文数・休止手数料 契約期間内の解約手数料 特典・キャンペーン 子育て応援
ノルマ無し 設置後6ヶ月未満:3,000円
+
アクアアドバンス・ベビアクア:1年未満で3,000円
季節事のプレゼントキャンペーン
安心サポート無料・ボトルプレゼントなど
ベビアクアプラン

※1:1ヶ月のコストはアクアクララアドバンスを例に水代2,400円+安心サポート料1,500円+電気代350円(公式サイト記載)で計算しています。電気代は機種によって違いがあります。
※2:サーバレンタル代は安心サポート料に含まれています。
※掲載金額は税抜きです。

家計にも優しく赤ちゃんのための水を利用するならベビアクア

ママ・プレママさんに嬉しいベビアクアプランはお財布にも優しいプランも用意されています。

ベビアクアは妊娠中~3歳未満の子供がいる家庭のための特別プランとなっていて、費用面の割引、初月のボトルプレゼントや継続していく中での無料ボトルプレゼントチケット、ママへのプレゼントなどこれからママになる人、現在育児中のママさんに嬉しいプランとなっています。

里帰り中の人でも利用可能で、出産後に自宅で継続される人なら、里帰りが終了しても解約手数料などがかかりません。

続ければ続けるだけ、お得になっていくので、ミルク作りや赤ちゃんの飲み水に利用するのに、家計にも優しいプランです。

アクアクララのおすすめウォーターサーバーはアクアアドバンス

ベビアクアを利用しつつサーバー選びに悩んだら使い勝手と省エネ、抗菌機能が充実している最新機種アクアアドバンスがおすすめです。

ICチップを搭載した最新式で、省エネ性能に優れています。また抗菌素材と紫外線ランプでタンク内をオートクリーン機能で清潔に保ってくれます。

ダブル省エネモードなら、従来と比べて約65%の電力削減になるので、ランニングコストを抑えることができます。
使用しない時間帯の温水温度を低下させ、消費電力を削減。年間の電気代が最大で約7,000円も節約になります。

チャイルドロックはすべての機能を使えなくすることができるので、好奇心旺盛なお子さんが居ても安心です。

 

5位:コスモウォーター

コスモウォーターのココがGood!
  • 顧客サポート満足度No.1、たまひよ赤ちゃんグッズ大賞 2017入賞ウォーターサーバー
  • 2017年グッドデザイン賞受賞した置き場所を取らない省スペース型
  • クリーンエア、クリーンサイクルシステムでいつも清潔、赤ちゃんの飲み水、ミルク作りも安心
  • 静音設計で夜も静か
  • 常時ロック、常時フリー、ボタンを押したときのみ作動の3つのモードを搭載したチャイルドロック機能
  • 水は下置きタイプなのでボトル交換が楽
  • 天然水は2ヶ月に1回水質検査を実施
  • サーバレンタル料やメンテナンス料といった固定費が無料で水代以外は全て無料だからお財布に優しい
サーバー種類 ボトル 水の種類 硬度
1種類(カラー4色) 使い捨て
小さく潰して捨てられる
天然水(静岡・京都・大分) 京都(30mg/L)
静岡(53mg/L)
大分(62mg/L)
1ヶ月のコスト目安※1 1回の水注文単位 サーバーレンタル代 メンテナンス
4,265円〜 2本12L:3,800円〜 無料 無料
最低注文数・休止手数料※2 契約期間内の解約手数料 特典・キャンペーン 子育て応援
2ヶ月以上の注文停止
800円/月の休止手数料
2年以内の解約
サーバー引取手数料:9,000円
サーバー交換手数料:5,000円
新規契約プレゼント
乗り換えキャッシュバック5,000円
友達紹介5,000円
キャップシール

※1:1ヶ月のコストは省エネサーバーを例に水代3,800円(ボトル2本)+電気代465円(公式サイト記載)で計算しています。
※2:毎月1回の注文(ボトル2本)、2ヶ月以上の注文停止の場合は800円/月の休止手数料が発生します。
※掲載金額は税抜きです。

 

6位:TOKAI うるのん


TOKAIうるのんのココがGood!
  • 富士の美味しい天然水はミルク作りにも適した29mg/Lの軟水
  • 業界最高水準の品質管理による天然水は月に1回、品質検査の結果を公開している
  • 使用後の水が溜まらない新開発の注水口を使用した清潔をキープ
  • チャイルドロックは温水・冷水の両方に二重ロック
  • エコモードとライトセンサー搭載で電気代が安い省エネ仕様
  • スタンダードタイプはレンタル料無料で水代のみで続けられる
サーバー種類 ボトル 水の種類 硬度
2種類(床置・卓上) 使い捨て 天然水(富士) 29mg/L
1ヶ月のコスト目安※1 1回の水注文単位 サーバーレンタル代 メンテナンス※2
4,486円〜 2本12L:3,796円〜 無料〜300円 定期的にサーバー無料交換
最低注文数・休止手数料※3 契約期間内の解約手数料 特典・キャンペーン 子育て応援
1ヶ月ボトル2本以上
休止手数料1,000円
2年以内の解約
サーバー引取手数料:9,000円
サーバー交換手数料:5,000円
乗り換えキャッシュバック8,000円/無料ボトルプレゼント

※1:1ヶ月のコストはウォーターサーバーGrandeを例に水代3,796円(ボトル2本)+サーバレンタル代300円+電気代390円(公式サイト記載)で計算しています。
※2:メンテナンスはウォーターサーバーGrandeは6年に1回、スタンダードサーバーは3年に1回の定期交換で交換は無料
※3:2〜4週間に1回のお届けサイクルを設定することができ、年2回まで次の配送を無料でスキップ出来ます。ただし2回連続の場合は不可。3回目からは手数料1,000円/月が発生します。
※掲載金額は税抜きです。

 

今なら初回ボトル2本無料プレゼント

 

7位:Kirala

キララのココがGood!
  • 富士山の天然水でミルク作りにも使える硬度28mg/Lの軟水
  • ウォーターパックは外気が入らずに最後の1滴まで衛生的
  • オプションで炭酸水も作れるママの美容と健康に嬉しいウォーターサーバー
  • スリムタイプで薄さ(奥行)18cmとコンパクトで省スペース仕様
  • 蛇口、トレイ部分の高さがあり、哺乳瓶を立てて置ける
  • 毎日設定時間に自動でメンテナンスしてくれるので、清潔をキープ
サーバー種類 ボトル 水の種類 硬度
1種類 使い捨て 天然水(富士) 28mg/L
1ヶ月のコスト目安※1 1回の水注文単位 サーバーレンタル代 メンテナンス
7.100円〜
炭酸付き:11,250円〜
1箱(7.2L☓4):4,600円〜 1,200円 不要
最低注文数・休止手数料※2 解約手数料・契約期間 特典・キャンペーン 子育て応援
2か月以上連続で停止の場合
休止手数料1,000円
1年プラン:5,000円
2年プラン:13,000円
3年プラン:18,000円

※1:1ヶ月のコストは水代4,600円(1箱)+サーバレンタル代1,200円+電気代1,300円で計算しています。炭酸付きオプションは水代4,600円(1箱)+サーバレンタル代1,200円+オプション料金4,150円+電気代1,300円で計算しました。オプションは初回に炭酸シェイカー代2,500円がかかります。
※2:毎月1〜4週間に1回のサイクルを設定して1回につき1箱~5箱を注文できます。水のお届けを2回ヶ月連続で休止する場合は手数料1,000円/月が発生します。
※掲載金額は税抜きです。

 

浅田真央さんが出演しているCMがこちら

 

ウォーターサーバー7社の比較表

 

ウォーターサーバーを選ぶ時にはお水の種類の他にもチェックするべきポイントがあります。
中でも

  • 毎月のサーバーレンタル代
  • 電気代
  • ボトルの値段
  • 毎回の送料

などはランニングコストになってくるので、しっかりと確認しておきましょう。

ウォーターサーバーのコスト比較

こちらでおすすめウォーターサーバーメーカー7社の基本的なコストを比較してみました。

メーカー レンタル代
(1ヶ月)
電気代
(1ヶ月目安)
ボトル単価
(税抜)
配送地域
送料
フレシャス
無料〜900円
※条件付き無料
330円〜 1,155円(7.2L)
500ml換算約80円
全国
(一部地域を除く)
送料無料
プレミアムウォーター
500〜1,000円
※無料モデル有
620円〜 1,960円(12L)
500ml換算約82円
全国
(一部地域を除く)
送料無料
クリクラ
無料 1,000円〜 1,250円(12L)
500ml換算約52円
全国
送料無料
アクアクララ
1,000〜1,500円
※あんしんサポート料
350円〜 1,200円(12L)
500ml換算約50円
全国
送料無料
コスモウォーター
基本無料 465円〜 1,900円(12L)
500ml換算約79円
全国
無料(北海道は200円)
キララ
1,200円 800円〜 1,150円(7.2L)
500ml換算約80円
※炭酸カートリッジ
別途600円
全国
(一部地域を除く)
送料無料
TOKAIうるのん
300円
無料モデル有
390円〜 1,898円(12L)
500mlあたり約79円
全国
(一部地域を除く)
基本無料
(北海道は594円、沖縄は1,620円※1本) 

ウォーターサーバーは毎月の水代、メーカーによってはサーバーレンタル代、メンテナンス代、そしてウォーターサーバーを可動させるための電気代などが必要になります。

赤ちゃんの水のためとはいえ、家計の状況に合わないウォーターサーバーを選ぶと継続するのが難しいです。

ですので、毎月の料金が安いということはも重要なウォーターサーバーを選ぶポイントになりますので、月額料金を抑えたい人はチェックしてみてください。

毎月のコスト比較
メーカー 1ヶ月のコスト目安
※税抜き
費用内訳 水の注文数
フレシャス
デュオ:5450円 水代4,560円+サーバーレンタル代500円+電気代330円 水はFRECIOUS富士
1箱注文(9.2L☓2本) 
プレミアムウォーター
4,610円 水代3,040円+サーバーレンタル代800円+電気代770円 12L☓2本注文 
プレミアムウォーターマムクラブ料金
クリクラ
3,452円 水代2,500円+安心サポートパック417円+電気代535円 12L☓2本注文
アクアクララ
アクアアドバンス:4,250円 水代2,400円+安心サポート料1,500円+電気代350円  12L☓2本注文
コスモウォーター
4,265円 水代3,800円+電気代465円   12L☓2本注文
キララ
7,100円
炭酸付き:11,250円
水代4,600円+サーバーレンタル代1,200円+電気代1,300円
水代4,600円+サーバーレンタル代1200円+炭酸オプション4150円+1,300
3年利用プラン 
1箱注文(7.2L☓4パック)
TOKAIうるのん
 Grande:4,486円 水代3,796円+サーバレンタル代300円+電気代390円  12L☓2本注文 

毎月のコストが一番安いウォーターサーバーはクリクラ

おすすめ7社を月額料金で比較してみると、毎月かかってくるコストが安いのはクリクラという結果でした。アクアクララも費用を抑えられるのでおすすめですが、クリクラならミルク作りにも安心して使えるRO水(産院での導入数も多い)ですし、1ヶ月2本の注文でサーバーレンタル代もかかりません。※3ヶ月で6本未満の場合は1000円かかるので注意

しかもキャンペーン中のクリクラママなら1歳未満の子供のママやプレママさんのためのキャンペーンを行っていて、申し込みをすると11,250円相当のボトル無料提供など、赤ちゃんの飲み水やミルク作りに使うウォーターサーバーとしてコストを抑えながら利用できます。

クリクラは解約金が発生しないウォーターサーバー
クリクラは毎月のコストが安いだけでなく、解約時の解約金もかからないのがおすすめな理由です。

通常、ウォーターサーバー各社では2〜3年の契約期間の設定があり、期間内の解約は1〜3万円の解約金が発生するのが一般的です。

その点、クリクラは、この解約手数料が無料なんです。

コースケ調べでは解約金が発生しないウォーターサーバーは現在、クリクラのみ(クリクラミオは2年以内の解約だと9,000円かかります。)となっていました。

クリクラはちょっとウォーターサーバーを試したいという人にもおすすめしやすいのが魅力です。

契約期間の縛りもなく、解約金も無いので、赤ちゃんのミルク作りの時期だけ使用したいなんて使い方もできちゃいます。

お財布的にも安心して使えるウォーターサーバーならクリクラをおすすめします!

おすすめキャンペーンはこちら

また、天然水のウォーターサーバーで毎月のコストを抑えたい方はプレミアムウォーターが料金的におすすめ

5歳未満のお子さん、もしくは妊娠中の方がいるご家庭向けの応援キャンペーンプレミアムウォーターマムクラブが用意されているので水の料金、サーバーレンタル代も割引となっているため、費用を抑えて利用することが可能です。

しかもプレミアムウォーターのサーバーは女性でも使いやすい仕様になっているので、赤ちゃんのお世話をしながらでもサッと水の交換、ミルクの準備ができるのでおすすめです。美味しい天然水は大人も楽しめるのも嬉しいポイントです。

プレミアムウォーターマムクラブ

 

ウォーターサーバーの機能比較

次にボトルと水の種類、機能面の比較表です。

メーカー ボトル形状 水の種類 温度 チャイルドロック 節電機能
フレシャス
ワンウェイ
(使い捨て)
天然水 冷水:4〜10℃
温水:80~85℃

エコモード:65~75℃ 
リヒートモード:約90℃ 
常温水機能付きサーバー有り
温冷対応 エコモード
スリープ機能
プレミアムウォーター
ワンウェイ
(使い捨て)
天然水 冷水:約6℃
温水:85℃〜87℃
 温冷対応
温水スライドロック機能 
 エコモード
クリクラ
リターナブル
(回収)
RO水
天然水
冷水:4~10℃
温水:75~90℃
温水のみ  省エネタイプ有り
アクアクララ
リターナブル
(回収)
RO水  冷水:5~12 ℃
温水:80~90℃
温冷対応
温水のみタイプ
ダブル省エネモード
コスモウォーター
ワンウェイ
(使い捨て)
天然水 冷水:6~10℃
温水:80~90℃ 
温冷対応   エコボタン
キララ
ワンウェイ
(使い捨て)
天然水  冷水:3〜8℃
温水:83~93℃
温冷対応   エコモード
TOKAIうるのん
ワンウェイ
(使い捨て)
天然水 冷水:4~12℃
温水:80~90℃ 
温冷対応 ECOモード
ライトセンサー 

水ボトルが軽い10L以下のウォーターサーバー

  • アクアクララ:スリムボトル7L
  • クリクラ:クリクラキュートボトル6L
  • フレシャス:ウォーターパック7.2L
  • キララ:ウォーターパック7.2L

妊娠中の方にとっては重いものを持つというのは不安がありますので、水のボトルが軽いウォーターサーバーを選ぶというのも長く続ける上ではチェックしてみてほしいポイントです。

水のボトルが10L以下で重さ的に女性でも持ちやすいサイズのメーカーではクリクラが最も軽いです。

ボトルタイプではなく、ウォーターパックだとフレシャスとキララがあります。

女性でも水の交換がしやすい下置きボトル

ボトルのサイズが小さいと水の消費量によってはすぐに無くなってしまうので、交換頻度が高くなってしまうことも。

そうなると女性でも水の交換がしやすいのが水が下置きになっているウォーターサーバーを選ぶのがおすすめです。

  • フレシャススラット
  • コスモウォーター
  • プレミアムウォーター
この3社は下置きタイプのウォーターサーバーがあり、フレシャスフラットは温度調整など育児中のママが使いやすい機能が揃っているのでおすすめです。

常温水対応など温度調整が楽なサーバー

赤ちゃんのミルク作りはお湯を入れて粉ミルクを溶かした後、冷水や常温水で温度を調整します。この時に粉ミルクを溶かすのに適した温度(70度以上、80度くらい)をすぐに準備できるのが便利です。

さらに赤ちゃんや幼児期のお子さんの飲み水として利用するなら冷水だと冷たすぎることもあるので、飲み水の温度調整に気を使わずに飲ませることができる常温水が利用できるウォーターサーバーもおすすめです。

常温水にも対応していて温度調整が5段階と細かく調整が可能なウォーターサーバーはフレシャスのスラットがおすすめ。

育児中のママにとても便利なウォーターサーバーとなっています。

 

 

水道直結式ウォーターサーバーでコストを抑える

水道直結式ウォーターサーバーは自宅の水道水をRO膜フィルターを使ってろ過することで、RO水に変えてくれるサーバーです。

従来のウォーターサーバーと比べて

  • どれだけ使っても料金が定額制
  • 水ボトルの交換がいらない
  • 注文の手間・ノルマが無い
  • ボトル置き場の確保が不要
という違いがあり、自宅で安全な水を費用を抑えて作ることができるという点で次世代型ウォーターサーバーとして注目されています。

ウォーターサーバー各社のコストを見てみると、水の使用量によって4000円以上、7,000円くらいかかることも少なくありません。ですが、水道直結式ウォーターサーバーの場合はサーバレンタル代と電気代となっているので、ウォーターサーバーで毎月水を2回以上注文しているご家庭では、ランニングコストが安くなることが多いです。

赤ちゃんのミルク作りは一日に何度も行いますし、家族の飲み水や料理、離乳食などにも水の使用量を気にせず使える点で、赤ちゃんや小さなお子さんがいる家庭向けのメリットが多いです。

もちろん、冷水、温水、常温水を使えるサーバーもありますので、ミルク作りをする工程も楽になります。

こちらでは人気の水道直結式ウォーターサーバー2社をご紹介します。

ウォータースタンド

ウォータースタンドのポイント
  • 9種類の機種のうち、赤ちゃんのミルク作りに適した純水タイプは4機種
  • 純水タイプは世界水準の4つのフィルターによって水道水をろ過、サビや残留塩素、細菌、重金属まで徹底的に除去
  • 自動除菌機能搭載で浄水タンク内も清潔に保ってくれる
  • 冷水・温水・常温水が飲める
  • 省エネ機能、自動除菌機能、チャイルドロック付き
機種 毎月のコスト目安※1 サーバーレンタル代※2 解約手数料
9種類
高機能浄水タイプ(5種類)
純水タイプ(4種類)
6,770円〜  通常プラン:3,980円〜5,980円
長期プラン:3,500円〜5,500円
1年未満の解約
撤去費用10,000円(税別)

※1:毎月のコストは純水タイプの「プレミアムラピアステラ」を使用し、東京23区内で水の使用量が月間約300L水道料金の目安 約90円・電気代目安700円(公式サイト記載)で計算しました。
※2:サーバレンタル代のプランは2通りで、通常プランと長得プランが用意されています。長得プランは初回に長得登録料10,000円を支払うことで毎月のサーバレンタル代が480円割引になります。
※金額は税別です。

 

Coolqoo

Coolqooのポイント
  • ウォーターサーバー他社のRO水よりも不純物が少ないRO水(TDS10ppm)
  • RO水・水素水コース有り
  • 1年に1回フィルター交換・メンテナンス有り(無料)
  • 卓上・床置が選べるので設置スペースに合わせて選べる
  • RO水タイプはポンプが入っていないので音が静か
サーバー種類 利用コース 水の種類 温度
2種類
床置き・卓上
ROろ過コース
ROろ過水素水コース
RO水
RO水・水素水
冷水:4~6度
温水:85度前後
毎月のコスト目安※1 初期設置費用 電気代 メンテナンス
5,090円〜 月額1ヶ月分(4,200円) 月額800円程度 年1回フィルター交換
月額料金込み
解約 契約期間内の解約手数料 サイズ
申し込み2ヶ月後から対応 1年以内30,000円
2年以内20,000円
3年以内10,000円
床置きタイプ:横幅30cm、奥行き51cm、高さ110cm
卓上サイズ:横幅30cm、奥行き56cm、高さ58cm

※1:毎月のコストは東京23区内で水の使用量が月間約300L水道料金の目安、約90円・電気代目安800円(公式サイト記載)で計算しました。
※金額は税別です。

 

赤ちゃんがいる家庭のウォーターサーバーを選ぶポイント

赤ちゃんのミルク作りや飲み水としてウォーターサーバーの利用を検討している方が知っておいておしいウォーターサーバーの選び方を自分の体験と子育て中の知人からリサーチしてまとめましたので、以下のポイントをチェックしてみてください。

硬度が低く赤ちゃんに優しい軟水であること

赤ちゃんの体は胃腸の働きが弱く、ミネラルが多い硬水だと負担がかかってしまいます。また、粉ミルクにも赤ちゃんに必要なミネラルが含まれているため、ミネラルの摂りすぎに気を使う必要があるため、赤ちゃんのためのウォーターサーバーは軟水のものを選びましょう。

赤ちゃんの場合、20~30mg程度なら安心だと言われています。

RO水、天然水どちらが良い?という点では、日本の天然水でも硬度は100mg以下の軟水で、ウォーターサーバーに使用される天然水は30〜50mgほどの軟水が多いです。
RO水もメーカーでミネラルを添加しているため、20〜30mgの硬度となっているのが一般的です。

そのため、硬度が低い天然水とRO水は赤ちゃんの水として安心して使えると言われています。

産院では水の品質が安定していて、不純物を取り除いたRO水のウォーターサーバーを採用している所も多いです。

ちなみに全国の天然水の硬度を見てみると東京約68mg/L、大阪約50mg/L、札幌約34~51mg/L、名古屋約20mg/L、岡山約38mg/L、福岡約36mg/L、沖縄約33~99mg/L程度と言われています。

容器の交換が簡単であること

ウォーターサーバーを使っていて一番面倒なのが容器の交換です。重たいボトルを高い位置にセッティングするのは大変です。
妊婦さんは重たいものは避ける必要がありますし、女性が交換する場合はボトル交換がしやすいことは大前提だと思います。

またボトルサイズも12Lタイプよりも7〜9Lといった少し小さめのボトルやパックのウォーターサーバーを選ぶと交換が少し楽になります。
最近ではボトルの位置が上ではなく、下置きのメーカーも増えていますので、妊婦さん、育児ママさんが水の交換をするなら断然下置きタイプが安心だと思います。

チャイルドロックがついていること

チャイルドロックが付いているウォーターサーバーはお子さんがいる家庭で利用するなら最低限必要な機能です。

簡易式チャイルドロック以外にも大人でなければ解除ができないチャイルドロックを搭載したウォーターサーバーもあります。

ウォーターサーバーは短期間ではなく、2〜3年の利用が基本ですので、赤ちゃんの時は良くても2歳、3歳になると、お子さんによってはお湯の排出口に手が届く可能性もあるので、チャイルドロックの機能が充実しているウォーターサーバーを選ぶことで事故を防ぐことができます。

ウォーターサーバーを清潔に保てる機能がある

いくらお水が綺麗で安心でも、ウォーターサーバーが綺麗に保てなければ意味がありません。ですが、育児をしながら定期的にウォーターサーバーを掃除するというのも大変ですよね。

ウォーターサーバーには自動クリーニング機能を搭載したサーバー内部の配管・タンク内部の殺菌が出来る機種があります。

これらは一日の中で自動でサーバー内を清潔に保ってくれるので衛生的です。

自動洗浄機能が付いていない場合は定期メンテナンがあるメーカーを選ぶことをおすすめします。

さらにボトルをセットした時に空気が混入するのを最小限に防ぐ仕様になっているか、開封されたボトル内に雑菌が入り込まないような構造になっているかも確認しましょう。

お水の使用量と料金

赤ちゃんのミルク作りは、生まれてから離乳食が始まるまでは2〜3時間おきというのが基本です。最初はお湯の量も20〜60mlほどですが、大きくなるに連れて100ml〜200mlと水の使用量も増えてきます。(その分回数は減りますが、、)

そうなるとお水の単価はもちろんですが、注文頻度などを考えてウォーターサーバーを検討するのがおすすめです。

電気代もかかりますし、サーバーレンタル代などの固定費と水の使用量のバランスを見ながら比較していきましょう。

赤ちゃんがいる家庭向けのプランを活用しましょう

ウォーターサーバーメーカーの中には赤ちゃんがいる家庭(妊娠中も含む)向けの割引や特典といったキャンペーンを設けているメーカーがあります。

さらに赤ちゃんがいる家庭向けのプランや申込み時にボトルを数本無料プレゼントなどを用意しているメーカーもあります。

赤ちゃんのためにウォーターサーバーを導入するなら、赤ちゃんがいる家庭向けのプランを用意しているメーカーを選ぶことで初期費用や初期の水の料金を抑えることができるので、ママ応援プランなどはしっかりと活用して賢く節約していきましょう。

ママ応援プランや特典があるウォーターサーバーメーカー
  • フレシャス
  • プレミアムウォーター
  • クリクラ
  • アクアクララ
  • TOKAI〜うるのん

他にも無料お試しができるウォーターサーバーやポイントサービスがあるウォーターサーバーはスタート時にお試しでき、継続していくごとにポイントでボトルが無料になるといった特典があるので活用したいですね。

無料お試しがあるウォーターサーバーはアクアクララ

 

ウォーターサーバー(宅配水)の基礎知識

ウォーターサーバーといっても今は沢山のメーカーが登場していて、どれを選んだら良いかわからなくなってしまうことも多いです。

そこで、基本的なウォーターサーバーの比較ポイントをまとめましたので、参考にしてみてください。

ウォーターサーバーの水の種類

ウォーターサーバーに使用される水の種類は主に自然から採水する天然水と水道水や天然水をRO膜(逆浸透膜)を通してろ過したRO水(純水・ピュアウォーター)があります。

水の種類で見ると天然水を扱うウォーターサーバーメーカーが増えています。

それぞれの水の特徴を簡単に比較したのがこちらです。

水の種類 天然水 RO水
自然のミネラルを含み、土地によって味わいが違う
美味しさを左右する溶存酸素が多く含まれる
無味無臭でクセが無いが味気ないと感じることもある
処理 汲み上げた水をそのまま加熱・非加熱で殺菌処理することが多い RO膜(逆浸透膜)を使ってろ過
含有成分 自然のミネラルが含まれる ミネラルなどを含まない純水(ろ過後にミネラルを添加するケースもある)
安全性 土地の影響を受ける他、基準値以下の汚染物質が含まれている可能性がある 限り無く不純物が取り除かれているため、安全性が高い
水の価格 高め 安い

天然水

採水地

天然水の採掘地は主に静岡県、京都府、大分県、山梨県、長野県、島根県、熊本県など、名水の産地として知られる土地の地下水や湧き水から採水されていることが多く、富士山近くの県や熊本の阿蘇といった有名な水の産地の天然水を使用しているメーカーが多いです。

ミネラル

天然水の大きな特徴は雨などが山や大地によって自然にろ過されていく中で土壌のミネラルを含んでいる所ですね。

このミネラル成分は、それぞれの採水地の特徴が出ていて、これによって口当たり(水の硬度)が代わり味にも違いが出てきます。

天然水に含まれるミネラルはカリウム、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、ゲルマニウム、バナジウム、シリカ、亜鉛などがあります。

美味しさを決めるポイント溶存酸素

溶存酸素は天然水に含まれる酸素のことで、この量が多いほど綺麗な水であると言われている他、天然水の味にも影響があると言われています。

そしてウォーターサーバーメーカーの中には天然水の殺菌を行う時に加熱処理を行うメーカーと非加熱処理をしているメーカーがありますが、加熱処理をした天然水は溶存酸素が空気中に逃げてしまうため、本来の味から変化してしまうと言われています。対して非加熱処理の天然水は溶存酸素の残留が多いため、美味しいと感じられるという違いがあります。

せっかく天然水を選ぶなら、美味しい水を飲みたいので、この点は比較ポイントになってくると思います。

非加熱処理の天然水を提供しているウォーターサーバーメーカーはフレシャスプレミアムウォーターがあります。

水のPH値
飲料水としては中性(pH7.0)に近いお水を基本としています。そのため、水道水の規格はpH5.8~8.6に定められています。
天然水は採水地によって違いますが、弱アルカリ性のものが多いです。土地によってはアルカリ性の水もあります。

私たちの体はpH7.4前後の弱アルカリ性に保たれていため、弱アルカリ性の飲料水は体への吸収率も高いと言われています。

pH値の基準
  • 3.0未満:酸性
  • 3.0以上〜6.0未満:弱酸性
  • 6.0以上〜8.0以下:中性
  • 8.0以上〜11.0以下:弱アルカリ性
  • 11.0以上:アルカリ性

天然水を使用しているウォーターサーバー会社はこちらです。

天然水のウォーターサーバー会社
  • フレシャス
  • プレミアムウォーター
  • クリクラミオ
  • コスモウォーター
  • 信濃湧水
  • サントリー南アルプスの天然水サーバー
  • キララ
  • アクアセレクト
  • うるのん
  • ネイフィールウォーター
  • 日田天領水
  • 富士天空水
  • 富士桜命水
  • マーキュロップ
  • シンプルウォーター
  • エフィールウォーター
  • 富士の湧水

RO水(RO膜水)

RO水に用いられるRO膜とは、逆浸透膜という、ろ過膜の一つです。

RO膜は2ナノメートル以下という小さな孔が水を通しながら、不純物は通さないのが特徴です。

このRO膜によって天然水や水道水に含まれるウイルス・雑菌、さらにはダイオキシン・トリハロメタン等も取り除くため、純度が高くピュアウォーター(イオン交換水、精製水、蒸留水なども純水に含まれる)と呼ばれる水です。

そのため、赤ちゃんのミルクを作るための水や飲み水として安心して使えるのが特徴で、市販の赤ちゃん用飲料水などは、このRO膜によって作られたピュアウォーターが一般的です。
ですが、このろ過能力の高さによって天然水などに本来含まれる自然のミネラルも取り除いてしまうため、良く言えば口当たりがよく無味無臭、悪く言えば味気ない水となります。

この特徴によってRO水は美味しくないという声も少なくありませんが、ウォーターサーバー各社ではRO水に後からミネラルを添加することで味を良くする工夫をしており、この水をデザインウォーターと呼ぶこともあります。

RO水は天然水より安全?危険か?と言われると、含有している成分で比較すると不純物を限りなく取り除いたRO水の方が品質が安定していて安全であると言われています。

そのため、産院などで設置されているウォーターサーバーはRO水タイプのウォーターサーバーメーカーが多かったりするんです。

RO水を使用したウォーターサーバー会社はこちらです。

RO水のウォーターサーバー会社
  • アルピナウォーター
  • クリクラ
  • アクアクララ
  • ワンウェイウォーター
  • ハワイアンウォーター

水の硬度

水はミネラルの含有量によって軟水〜硬水という分類があります。この単位を表すのが「硬度」で水1リットル中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を表わした数値となっています。

WHOの基準では、1リットルあたりの含有量で

  • 0~60mg未満:軟水
  • 60~120mg未満:中軟水
  • 120~180mg未満:硬水
  • 180mg以上:強い硬水

というように分けられています。

日本の水道水は100mg以下の軟水に分類されるのが多く平均で50〜60mgほどと言われています。逆に外国の天然水は硬度が高い傾向にあります。

これは採水する土地の地形による影響が大きく、天然水と言っても採水した土地によって硬度が変わるため、ウォーターサーバーを比較する時にはチェックしておきたいポイントです。

ウォーターサーバーの費用・ランニングコスト

ウォーターサーバーは水だけの料金以外にも費用やランニングコストがかかります。水は安くてもランニングコストで比較すると、このメーカーの方が安かったということもありますので、チェックしましょう。

水の料金

ウォーターサーバーの基本となる水の料金です。

こちらはホームページなどでは1本単価で表示されていることが多いですが、各社1回の注文最低本数が決められていることが多いので、1本単価だけでなく注文単位での比較も大切です。

ボトルタイプでは12Lボトル2本、ウォーターパックの場合は1箱(7.2L☓4つ)といった形での注文になることが多いです。

メーカーによっては1本から注文可能な会社もあります。

アクアクララはサーバーの保守料金が毎月かかるかわりに水はボトル1本から注文できます。

コースケ

水の単価以外では、一月の最低注文数のノルマがあるかも確認しておきましょう。サーバーレンタル代が無料でもノルマ本数を下回ると休止手数料などと称して1000円ほど費用がかかることがあります。

サーバーレンタル代

メーカーによってウォーターサーバーは毎月サーバーレンタル代がかかる場合があります。
このサーバーレンタル代にはメンテナンス料なども含まれているケースもあるので、しっかりと確認しておきたい所です。

一般的には500〜1000円くらいのレンタル代がかかるメーカーが多いですが、最近ではサーバーレンタル代無料というメーカーも増えていますし、サーバーレンタル代を条件付き(注文数によって無料など)のメーカーもあります。

電気代

ウォーターサーバーは電源が必要ですので、毎月電気代がかかります。最近では各メーカーの努力によって電気代も1000円以下に抑えられるようになってきましたが、機種によっては1000円以上かかる場合もありますので、水以外のランニングコストとしてチェックしておく必要があります。

また、ウォーターサーバーにはエコモードを搭載した省エネタイプのサーバーも増えています。

これは使用していない時間帯の消費電力を抑える機能で夜中や外出中の電気代を抑えるのに便利です。また、エコモードを利用してお湯の温度を下げて使うといったこともできるので、使用用途によって活用することも可能です。

エコモードはボタンで切り替えるタイプと光センサーなど人の動きを察知して自動で電力を抑えてくれる最新式もあります。

そのため、エコモードの有無で電気代に違いが出るという点を覚えておきましょう。

送料

水を注文する場合、配送に送料がかかる場合があります。最近は送料無料のメーカーも増えてきていますし、注文数によって送料無料を適用しているメーカーもあるので、この点は家庭での水消費量を考えて比較していくのがおすすめです。
また、北海道、沖縄、離島といった土地の場合は別途送料がかかる場合がありますので確認が必要です。

解約手数料・契約期間

ウォーターサーバーの契約は基本的に1〜3年という長期期間の契約になるメーカーが多いです。そのためこの期間内に解約をした場合、解約手数料として10,000〜30,000円の解約金がかかるメーカーが多いです。

ですので、お試し的に使ってみたいという時にはウォーターサーバーは費用がかかることが多いです。

中にはクリクラのように契約期間の設定がなく、解約金がかからないメーカーもあります。また、アクアクララのように最低契約期間が6ヶ月と短いメーカーもありますので、赤ちゃんのミルク用でウォーターサーバーを利用したいといった期間限定的な導入の場合は、契約期間が短い、もしくは解約金がかからないというようなメーカーを選ぶと解約時に必要以上の費用がかからずに済みます。

引っ越しなどによるサーバー移転費

ウォーターサーバーを契約中に引っ越しをするといったケースもありますが、ウォーターサーバーのメーカーによっては引っ越しによるサーバーの移動・新規導入時に移転費用がかかる場合があります。

ウォーターサーバーの種類

ウォーターサーバーと言うと、床に置いて場所を取りそうというイメージがありますが、最近は、床置きタイプでも横幅や奥行きがスリムなタイプも増えています。

他にもキッチンなどの上に置ける卓上も増えていますので、ご自宅の設置したいスペースに合わせて選ぶことができます。

ウォーターサーバー7社の人気が高いウォーターサーバーのサイズがこちらです。

メーカー 床置き
幅☓奥行き☓高さ
卓上ショートタイプ)
幅☓奥行き☓高さ
公式サイト
フレシャス
スラット:290mm☓350mm1,110mm
デュオ:290mm363mm1,125mm
デュオミニ:250mm295mm470mm 公式サイトへ
プレミアムウォーター
スリムサーバーlll:270mm337mm1,272mm スリムサーバーlllショート:270mm354mm820mm 公式サイトへ
クリクラ
305mm☓350mm☓990mm 270mm☓460mm☓510mm 公式サイトへ
アクアクララ
アクアファブ:286mm☓350mm☓1,320mm コンパクト:272mm☓420mm☓756mm 公式サイトへ
コスモウォーター
300mm☓340mm☓1,110mm 無し 公式サイトへ
キララ
317mm☓300mm☓1,275mm 無し 公式サイトへ
TOKAIうるのん
スタンダード:(幅)326mm(奥)353mm(高)1,333mm 無し 公式サイトへ
コースケ

ウォーターサーバーのサイズは本体とボトルを含めた高さです。これで比較していくと、プレミアムウォーターとアクアクララは小さめですね。
ですが、フレシャスも機種が多いので自宅のスペースに合わせて選べるのでサイズの面で考えると、この3社はおすすめです。

床置き型

床置きタイプのウォーターサーバーはスタンダードなタイプです。
どのメーカーも基本的には床置きタイプをメインにしていることが多いです。

ウォーターサーバーを選ぶ時にはご自宅の設置スペースを測って希望のウォーターサーバーが設置可能か確認しましょう。
床置きタイプも省スペースタイプが登場しているので、今新たにウォーターサーバーを選ぶならスリムなウォーターサーバーを選ぶのがおすすめです。

卓上型

卓上型のウォーターサーバーはキッチンやテーブル、カウンターに置けるのが特徴です。
高さが無い分、スペースを有効活用しやすく、お部屋の雰囲気にも馴染みやすいのが魅力です。

床に置くよりもスッキリとまとまるため、赤ちゃんのミルク作りのためだけにウォーターサーバーを利用する場合、場所を取らない卓上型もおすすめのウォーターサーバーと言えます。

女性にとっては水ボトル自体が床置きよりも小さめなものが多いので、ボトル交換がしやすいのも嬉しいポイントです。
ちょっと場所を移動したいという時にも取り回しがしやすいです。

また、安全面では子供の手が届きづらい高さにおくことになるので、いたずらで触ってしまうということや誤って倒してしまうといった事故を防げるのも安心できるポイントでしょうか。

高機能型

高機能サーバーは床置き、卓上問わず近年人気のサーバーです。高機能型の場合、エコモード、光センサー、チャイルドロック、水の排出などがタッチパネルやボタンなどデジタル管理できるタイプなどが最新式で登場しています。
他にも冷水・温水・常温といった水の種類を選べたり、リヒート機能(お湯を再度温める)といった使い勝手の良さが目立ちます。
ここでの比較ポイントは月の電気代を抑えることができる省エネ仕様のウォーターサーバーがおすすめです。

>> おすすめウォーターサーバーの機能比較へ

水道直結式

水道直結式ウォーターサーバーは自宅の水道水を利用したものです。RO膜を利用したろ過フィルターを使って自宅の水道水を清潔で安全なRO水に変えてくれます。

自宅の水道を使うので水代はかかりません。通常のウォーターサーバーと比べてサーバーレンタル代のみで定額制の会社が多く、赤ちゃんのミルク作りや家族の飲み水、料理といったウォーターサーバーの使用用途が多い家庭向きで、ウォーターサーバーのコスト面が気になる人におすすめです。

サイズが小さいタイプなら台所内に設置して使うこともできるため、ウォーターサーバーの設置スペースの確保が難しい方にも選ばれています。

>> おすすめ水道直結式サーバーはこちら

チャイルドロックの仕様

ウォーターサーバーにはお子さんの火傷防止などの目的でチャイルドロック機能が付いているのが一般的です。

チャイルドロックの仕様はコック部分に付いているタイプやデジタル式でお水の排出自体を制限してくれるタイプがあります。

チャイルドロックが優秀なウォーターサーバーはボタンを長押しして解除するタイプ(フレシャス)、簡易ロック、温水・冷水ともにロックできるタイプ(コスモウォーター)といったチャイルドロックが優秀なウォーターサーバーがあります。

赤ちゃんというよりも3〜5歳くらい、もしくは小学生など、排出口に手が届いてしまう時期のお子さんの事故防止として役立ちます。

デザイン性

ウォーターサーバーの置き場所やお部屋の雰囲気に馴染むことも重要です。インテリアにこだわっていてもウォーターサーバーを置くことで雰囲気が壊れてしまうこともあります。

最近はウォーターサーバーも従来のウォーターサーバーだとわかる見た目からボトルが見えない仕様に変えるなどお部屋との調和も考えた機種が増えています。

有名デザイナーがデザインしたスタイリッシュデザインやグッドデザイン賞受賞したウォーターサーバーなどはお部屋に置いても雰囲気を壊しません。

フレシャスとプレミアムウォーターの2社はデザイン性が高く人気です。

ボトル重量や形状・使用後の扱い

ボトル重量や形状・使用後の扱い

ウォーターサーバーは水ボトル、もしくはウォーターパックをセッティングして使用します。

そのため、お水を使い切ったら交換が必要になります。

男性の場合はそこまで気になりませんが、女性が交換するとなると重量や形状によって使い勝手が良くないと感じることがありますので、しっかり確認しましょう。

一般的なウォーターサーバーの使用後ボトルはワンウェイ方式(使い捨て)とリターナブル方式(回収)の2つがあります。

リターナブル方式〜ボトル回収型

従来のウォーターサーバーのタイプと言えます。アクアクララやクリクラなどプラスチックのボトルで届き、使い終わったボトルは回収されます。
ボトルは硬いプラスチック製が多く、使用済みボトルはメーカーで洗浄し繰り返し利用されることになります。

水を使うとボトル内に空気が入るため、開封してからの賞味期限はやや短い傾向にある点と使用済みボトルはメーカーが回収に来るため、玄関などに置いておくスペースが必要な点があるのも特徴です。

ワンウェイ方式〜ボトル使い切り

ワンウェイ方式は使用後のボトルはプラスチックゴミなどで捨てる使い捨てです。

お水を使用していくとどんどん圧縮され潰れていき小さくなります。使用後は小さくして捨てられます。
水を使うとその分ボトルがつぶれていき、最後まで水が外気にふれないので清潔に保てるのが魅力です。

最近のウォーターサーバーメーカーは、このワンウェイ方式を採用しているメーカーが多い傾向にあります。

>> おすすめウォーターサーバーの機能比較へ

注文方法

ウォーターサーバーの水を注文する場合、電話での注文、ホームページからの注文、公式アプリによる注文といった形が多いです。

公式アプリからの注文を用意しているメーカーは注文もスマホで完了できるので、忙しい人にも便利です。

宅配エリア

ウォーターサーバーはメーカーによって全国対応しているメーカーと、地域を限定しているメーカーがあります。

基本的には全国対応していますが、関東や関西といった地域に会社や工場があるメーカーの場合、北海道や沖縄といった遠隔地は送料が別途かかる可能性があります。

支払方法

ウォーターサーバーの支払い方法はクレジットカード、口座引き落としが基本となっていて、他に代金引換も用意されていることがあります。
基本はクレジットカード、口座引き落としとなることが多いです。

ウォーターサーバー導入の流れ

  1. インターネットor電話での申し込み
  2. ウォーターサーバーの機種決定・天然水の場合は水を選択
  3. お届けプランの選択(1ヶ月で何本お届けなど)
  4. ウォーターサーバーの到着と設置(業者が取り付ける場合と自分で設置する場合がある)
  5. 設置後は1年に1回ほどのメンテナンスや機種交換があるのが一般的

 

赤ちゃんのためのウォーターサーバーに関する疑問

赤ちゃんのためにウォーターサーバーを導入しようと思った時に感じることが多い疑問についてまとめています。

赤ちゃんにとってウォーターサーバーの水は必要?水道水はダメ?

赤ちゃんが生まれてウォーターサーバーを導入する家庭は多いですが、本当に必要なの?と感じる方もいます。

日本の水道水は安全性ですが、実は日本の水道水の安全性は高いと言われています。

日本の水道法では51項目の水質基準が定められており、この基準を満たさなければ家庭への配水がされない決まりになっています。

ですが、この基準を満たすために殺菌消毒の過程で使用される塩素(カルキ)などは家庭に届く水にも残留されていることが決まりとなっています。(残留塩素を0.1mg/L以上保持する)

>> 参考:厚生労働省「水質基準項目と基準値(51項目)」

この塩素消毒をする時に発生するトリハロメタンは発がん性物質と言われており、人間の体にまったくの無害であるというわけではないのが怖い所です。

そしてトリハロメタンを除去するには、沸騰した状態で蓋を開けて15分以上沸かし続ける必要があるとされているため、赤ちゃんが泣いている時など、15分の時間は長いですよね。

他にも古い水道管は内部で錆が発生しますし、マンションなどはタンク内の状況も気になります。

こういった状況に加えて、赤ちゃんの体は大人よりも免疫力や体内の機能が未熟であり、少量でも影響が考えられるため、日本の水道水は安全ではあるが赤ちゃんにそのまま飲ませるのは避けて煮沸をしてから飲ませるように勧められているわけです。

近年では原発問題など土壌汚染も取り上げられています。ウォーターサーバーの水はこの水の安全の確保をしたい人にとって、手間をかけずに赤ちゃんに安心して飲ませられる水が用意できるのがメリットと言えます。

赤ちゃんは生まれてから離乳食が始まるまでの期間は母乳や粉ミルクを飲んで主な栄養と水分を摂ることになります。

特に母乳のみではなく、母乳と粉ミルクの混合で与える人、もしくは粉ミルクメインの人もいるので、赤ちゃんは生まれてすぐに粉ミルクを飲むことも多いです。

粉ミルクを使用する場合、生まれたばかりの頃だと2時間おきにミルクを作って飲ませることになります。

それだけ飲む頻度が多いミルクだからこそ、安心して飲ませられる水であることはとても大切。しかも大変な育児の中でミルク作りを楽にしてくれるウォーターサーバーは重要な育児アイテムと言えます。

 

赤ちゃんのミルク作り、離乳食にはどんな水がいいの?

赤ちゃんのミルク作りに使う水は水道水でも良いですが、上述した水道水に含まれる塩素を除去するためにしっかりと煮沸してから使用する必要があります。

そしてウォーターサーバーの場合はRO水か硬度が低い軟水の天然水を使用することを勧められていますが、生まれたばかりの赤ちゃんの場合は天然水よりも不純物を徹底的に除去しているRO水が安心できるかと思います。

離乳食については、水は沸騰させてから使用するなら、水道水でも問題無いと言われています。ですが、気になる方は赤ちゃんの離乳食でもウォーターサーバーの水を使用しているママさんは居ます。

ウォーターサーバーの水は赤ちゃんにそのまま飲ませられる?

ウォーターサーバーのお水は赤ちゃんに飲ませても安心な綺麗なお水ですので、内容的には問題は無いです。(メーカーのQ&Aにもよくある質問ですが、天然水を扱うウォーターサーバー会社でも問題無いと回答している所が多いです。)

ですが、ウォーターサーバーの水は冷水or温水と赤ちゃんに飲ませるには冷たすぎたり、熱すぎたりしますので、しっかりと冷水と温水を混ぜて温度を人肌程度にあたためて飲ませてあげるのが赤ちゃんの胃腸にも負担が少なくなります。もしくは常温水対応のウォーターサーバーだと、水の温度調整をせずに済むので便利です。

これはウォーターサーバーに限らず水道水を煮沸した後に飲ませる場合でも同様ですね。

注意点としては

停電時にウォーターサーバーって使えるの?

ウォーターサーバーのボトルの水は停電や断水時の備蓄用の水としても活用できますが、停電した時にウォーターサーバーの電源が落ちてもお水の排出ができると、より備蓄用の水として使いやすくなります。

そのため、高機能型サーバーなど電気管理によるウォーターサーバーは停電時にはあまり機能しなくなってしまいます。

もちろん、備蓄用の水は別で確保しておく必要がありますが、緊急時の飲み水として使うのに停電時にお水を出すことができるウォーターサーバーを選んでおくことも選択肢の一つだと言えます。

>> フレシャスのウォーターサーバーと防災に関する記事

停電時使用可能なウォーターサーバー例
  • フレシャス(サイフォン、キャリオ、ボトルベーシック)
  • プレミアムウォーター(スリムサーバーIII、amadanaスタンダードサーバー、スリムサーバー、amadanaウォーターサーバー)
  • クリクラ(クリクラミオ )
  • TOKAIうるのん
  • アクアクララ(アクアスリム)
  • コスモウォーター(smartプラス)
  • アルピナ
  • エフィールウォーター
  • ハワイウォーター

日本は地震など自然災害が多い国です。2018年も台風による豪雨被害、暴風による被害がありました。さらに地震による被害も東日本大震災以降、熊本地震があり、さらに先日起きた北海道胆振東部地震では、北海道295万戸が停電するというブラックアウトが起きています。台風21号による台風被害による影響もまだ続いています。

これらの自然災害は友人・知人が実際に被災して体験しました。この中で停電だけでなく、断水が起きてしまった地域も少なくありません。そうなってしまうと、飲み水はもちろん、日常的に使う水の確保が本当に大変です。

コースケ

先日、北海道で起きた胆振東部地震で被災した友人はマンションに住んでいたのですが、停電になってしまったことでマンションの水道汲み上げのポンプが止まってしまい、断水になってしまったようです。この時に近くの公園まで約20回の階段往復を体験したそうです。

ウォーターサーバーはボトルやウォーターパックで自宅に届き、ストックとして保管しておくのが基本です。このお水はそのまま備蓄用の水として活用可能です。

もちろん、ウォーターサーバー本来の使い方ではないので、ウォーターサーバーに設置されているお水は早めに使い切る必要がありますが、フレシャスなどは備蓄用の水として活用可能なウォーターパックを採用するなど、防災にも役立てられるように配慮されています。

 

 

ウォーターサーバーを利用している赤ちゃんがいる家庭の口コミ

実際に赤ちゃんや小さな子供が居てウォーターサーバーを利用している友人、知人にお話を聞いてきました。

3歳と0歳の子供がいるママ

長男が生まれた時はウォーターサーバーではなく、水道水を煮沸、調乳ポッドを使ってミルク作りをしていました。やっぱり泣いている子供を抱っこしながら、ミルクを作るのは大変です。

そして次女の妊娠がわかった時に今度はウォーターサーバーを使おうと思いました。大きくなったとは言えまだ3歳の息子を見ながら次女を抱っこしてミルク作りに時間を割くというのがやっぱり大変だと思ったからです。

ウォーターサーバーを利用するようになってから、3歳の息子の飲み水として、0歳の娘のミルク作りに役立っています。

調乳もお湯を入れて、冷水で温度調節をするだけ。哺乳瓶をトレイに乗せられるフレシャスのウォーターサーバーなので、片手でミルク作りの準備ができるのが本当に楽です。

生後2ヶ月の赤ちゃんがいるママ

ウォーターサーバーがあることで、夜中のミルク作りが本当に楽です。睡眠時間がほとんどとれないので、正直ストレスも溜まってしまっていて、子供が泣いているのが精神的にキツイ時期もありましたが、ウォーターサーバーでササっとミルクを作って準備できるので助かっています。

夫もウォーターサーバーなら簡単にミルクが作れるためか、私が抱っこしている間に作ってくれるのも良いです。

生後4ヶ月の赤ちゃんがいるママ

先日北海道であった地震でマンションが停電と断水、ガスもオール電化のため使えなくなりました。アクアクララのスリムサーバーを使っていたため、停電している間も子供と私達の飲み水として利用できたのが、本当に助かりました。

カセットコンロが家にあったので、ウォーターサーバーの水を温めてミルク作りに使用して難を逃れました。

今回はボトルの口部分を自力で開栓して使ったのですが、パックタイプのウォーターサーバーならもう少し楽に非常時の水として使えるかなと思い、メーカーの乗り換えも検討しています。

ウォーターサーバー導入で変わるゆとりのある生活

ウォーターサーバーを導入することで、考えられる良い変化としては

  • 調乳がしやすく安心できる水で赤ちゃんのミルク作りができる
  • 夜のミルク作りが楽になることで睡眠時間の確保
  • ミネラルウォーターをお店で買う手間が無くなりペットボトルのゴミも出ないからゴミ捨てが楽になる
  • 美味しいお水が毎日飲める
  • 災害時の備蓄用の水としても使える

という点です。

赤ちゃんのためにもなりますが、自身の日常生活を楽にしてくれる面が多いです。
育児中は便利なサービスを活用することで精神的にも楽になりますし、何より自分の時間の確保に繋がります。

毎月の水コストはかかりますが、ほんの少しの時間の確保、体の負担を減らしてくれるのは、心の余裕にも繋がり赤ちゃんとも精神的に良い状態で生活することに繋がると思います。

特にワンオペ育児をしているママさんにとってはミルク作りが楽になるだけでも気持ちに違いがあるのではないでしょうか?

 

ウォーターサーバーを利用する上でのメリット・デメリットについて書いた記事はこちら

まとめ

いかがだったでしょうか?
赤ちゃんに安心して飲ませられる水としてはもちろん、ミルク作りに適した水を提供しているウォーターサーバーであることを重視しながら、赤ちゃんが飲む水として、自分の子供に飲ませられるか?という点から選びました。

ウォーターサーバーは毎月料金がかかりますが、導入することで赤ちゃんにも安心して飲ませることができる水が簡単に用意できるだけでなく、ママの育児の負担を減らしてくれる育児アイテムの一つと言えます。

夜中に眠たい中、作るミルクもサッと準備できますし、お水の沸騰を待つ必要はありません。しかもいつでも清潔で美味しいお水が飲むことができます。

ウォーターサーバーを活用して生まれたばかりの赤ちゃんとの時間をゆとりのあるものに変えてみてはいかがでしょうか?

\ SNSでシェアしよう! /

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

コースケ

コースケです。妊娠・出産・育児にまつわるお話を日々の体験を交えて書いています。現在、2歳の息子の育児真っ只中!妻にとって役に立つイクメンを目指しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 赤ちゃんの飲み水・ミルク作りにおすすめのウォーターサーバー7選

  • 妊活にマカがおすすめされる理由とは?マカサプリの摂取量・注意点

  • 妊活に亜鉛が良い理由とは?男性・女性の摂取量・サプリの選び方

  • 妊活中の男性におすすめしたい妊娠に成功した僕が選んだ妊活サプリ

関連記事

  • 赤ちゃんのおへそのお話|我が子はでべそ?

  • 母乳の出が悪くなる原因は?母乳不足解消のポイント

  • 生後3ヶ月の赤ちゃんとパパの留守番!ママの大変さを少し体験〜前編

  • 赤ちゃんがお風呂の後に機嫌が悪くなる・お着替えを嫌がる理由とは?

  • 地震などの災害時の赤ちゃんのための避難袋、防災グッズの必要性

  • 赤ちゃんのミルク作りの水|ウォーターサーバーのメリット