1. TOP
  2. 育児・子育て
  3. 子供の健康・ケア
  4. 赤ちゃんのお外用の虫除け選び|生後何ヶ月から使えるのか?

赤ちゃんのお外用の虫除け選び|生後何ヶ月から使えるのか?

こんにちはコースケです。

前回は赤ちゃんの部屋の中での虫除け対策について書きましたが今回はお外用の虫除けについて書きたいと思います。

↓前回の記事

赤ちゃんの虫除け対策|部屋の中で使える安全な虫除け選び

まだ、外出する時間も短く、そこまで心配する必要は無いように感じますが、赤ちゃんのお外用の虫除けにはどのようなアイテムや方法があるのか気になったので調べました。

スプレーなどの虫除けは何ヶ月から使えるのか?オーガニックの虫除けとはどんなものなのか?この点に注目しています。

赤ちゃんの虫除けアイテムはいつから使えるの?

000552

赤ちゃんのお外用に使えるアイテムには

  • スプレータイプ
  • つり下げタイプ
  • シールタイプ
  • リングタイプ

これらが主流ですね。使える時期はメーカーによって、新生児から使えるタイプ、生後6ヶ月から使えるタイプなど様々です。

注目はディートフリーの虫除け

使用している成分で注意したいのが「ディート」という害虫に対しての一般的な化合成分です。
この「ディート」という成分は赤ちゃんにとっては有毒だと言われており、6ヶ月未満の赤ちゃんはもちろん、6ヶ月以上でも1日1回までといったような使用を控えるよう注意喚起されています。選ぶ際には注意が必要ですね。

オーガニックの虫除けがおすすめされる理由

ff41ac7e23d5119118cbbde726bec126_s

赤ちゃんの肌は非常に繊細で敏感なので、成分によっては肌荒れを起こしてしまう場合があります。
そのため、使用する虫除けはオーガニックがおすすめされることが多いですよね。

生後2〜3ヶ月になると手や腕などを舐めてしまうことも多くなってきますので、万が一口に入っても安全なオーガニックが選ばれているようです。

オーガニックの虫除けの特徴

127125オーガニックの虫除けの特徴は天然成分のみを使用、余計な添加物などは不使用なため、赤ちゃんにも負担が少なく、安心というのが特徴です。

オーガニックの虫除けの成分の特徴としてはアロマ、ハーブオイルなどが使用されていることが多いです。

代表的なのが

  • ユーカリシトリオドラ
  • ハッカやミント
  • シトロネラ
  • シダーウッド
  • ティトゥリー
  • レモングラス

といったアロマ・ハーブが有名ですね。
これらは虫が嫌う匂い・成分として、肌ではなく、洋服や持ち物に使用しているという方も多いですね。
オーガニックなので、赤ちゃんの肌にも優しく安心です。

まとめ〜やっぱりお外用の虫除けはオーガニックで決まり

427231色々と調べてみましたが、やっぱりお外用の虫除けはオーガニックで決まりかなと思います。

今は良いですが、ハイハイをするようになると、知らない間にスプレーをオモチャのようにして遊んでしまっていてオーガニックで良かったと胸を撫で下ろしたという妻の友人の先輩ママのお話もありました。

また、最近では肌に塗るだけでなく、服や持ち物に貼る虫除けもありますし、ベビーカー全体を覆える蚊帳もありますので、肌への負担をより考えるなら、他のアイテムを活用しながら赤ちゃんを守ることも大切かなと思いました。


\家事負担軽減しながらダイエット/

【PR】糖質制限のお弁当宅配サービス


\ SNSでシェアしよう! /

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 赤ちゃんの夏の肌荒れ対策|夏でも保湿は必要?

  • 子供のあせも対策|保育園・幼稚園に通う子が注意したい夏の肌ケア

  • 赤ちゃんの歯固め使ってる?歯が生えたら噛むトレーニング使い方と選び方

  • 赤ちゃんがかかりやすい熱中症の症状とは?特徴と種類をチェック

  • 赤ちゃんの歯磨きのやり方を工夫して歯磨きに慣れてもらう

  • 赤ちゃんの日焼け対策はいつから必要?紫外線から守る為の日焼け止め選び