1. TOP
  2. 育児・子育て
  3. 赤ちゃん・子供の行動・成長
  4. 赤ちゃん・幼児がやきもち(嫉妬)を焼くのはいつから?

赤ちゃん・幼児がやきもち(嫉妬)を焼くのはいつから?

こんにちはコースケです。

ココ最近、妻の仕事の関係で1歳6ヶ月の息子の保育園のお迎えは僕が担当しています。
息子を迎えにお部屋に入ると、一人で遊んでいたり、みんなと同じ場所で遊んでいたりと様々です。

そして僕を見つけると満面の笑みで遠くからでも走ってきてくれます。(至福な時です笑)
そして抱っこ!という感じで、ギューっとしてくれる毎日です。

そんなお迎えの中で、同じクラスのお子さんも僕の所に近づいてきて、おもちゃを見せてくれたり、言葉はまだですが、話しかけてくれたり、バイバイと言うと手を振ってくれるなど、とても可愛いです。

ただ、その時に息子と僕の間に違うお子さんがいると、手で避ける仕草をしたり「ンッー!」といった感じでアピールすることがあります。また、昨日も息子が車のおもちゃを僕に見せにきた時に違うお子さんも車のおもちゃを見せにきたので、僕がその子とお話をしていた所、ふと息子を見ると、なんとも言えない寂しげ?な表情をしていたように感じ、「まずい!」と思い、息子に声をかけました。

もしかするとこれってやきもちを焼いている?と思ったりしたのですが、実際に1歳6ヶ月くらいの幼児はやきもちを焼くことってあるのかな?と気になりました。

赤ちゃん・幼児はやきもちを焼くの?

男の子の育児本をいくつか読んでみたのですが、実際には0歳の時からやきもちと感じさせる行動は見られるようです。

一般的には人を区別できるようになってくる頃からというのが一つの目安なようですね。
ただ個人差もあるようですので、あくまで目安という感じです。

ただ、この感情はやきもちというよりも自分の欲求を叶えてほしいという感情が強いためというように考えられているようですね。

抱っこをしてほしい、かまってほしい、自分から離れてしまうといったママへの強い愛情から来るものと考えられているようです。

確かにやきもちは自分がこうしてほしいのにしてくれないといった気持ちで起こることはあるので、不思議ではないですね。とても純粋な感情と言えますし、こういった様子は息子でも見られたように記憶しています。

妻にこの話をした所、職場の先輩ママさんのお子さんも生後7〜8ヶ月くらいの時に何度かそいった行動を見たといっていて僕のようにいつからやきもちを焼くのかな?と話していたそうです。

また1歳前後になってくると心と共に体も発達するため、行動がわかりやすくなってくることで、やきもち?と感じる表現が見られるようになる場合もあるのだとか。

ママとのアタッチメントであるとか、後追いであるとか、強い愛情と欲求や依存にまつわる感情から派生して芽生える感情なのかもしれませんね。

これはママ・パパとつながっているという感情を得られているということでもあるので、うまく対処をしていかなくてはいけない問題だったりします。

妻の話では2〜3歳くらいになると、「他の子と話さないで!」と怒るお子さんもいるらしく他の子とのコミュニケーションを取るのが大変だったりするママさんも多いようです。

可愛いと感じるやきもちが大変な場合も

実際にやきもちのような行動を見た(僕の勘違いかもしれません)時の息子のなんとも言えない表情はとても愛おしく感じさせてくれて可愛かったのですが、よく考えると、ママに対する愛情が深まっていったとしたら、そのうち僕が妻と話しているだけでやきもちを焼いてしまうようになるのでは、、と若干不安になっています。

というのも友人や知人の先輩ママ・パパさんの話でもママと話しているだけで怒るようになったといった体験談を聞いて、パパイヤイヤ期が不安になっていた僕ですので、やきもち・嫉妬心が芽生えてこれが行動として現れるようになると、僕に対しても矛先が向くのではないか?と今から不安ですね。。

赤ちゃん・幼児のやきもちへの対処

育児本を見てみるとやきもちかな?感じるような時は

  • スキンシップ
  • 声をかけ、お話をする

ということが基本なようです。

自分への愛情に対する不安感や欲求によって起きる感情でもあるので、安心させて気持ちを理解してあげることからが大切なようです。

また、沢山の人に触れる機会を増やしその中でママ・パパも他の人と触れる機会があることで、シチュエーションに慣れていく面もお子さんによってあるということです。

まとめ


息子は保育園に通っていて大好きな先生が数人います。ただいつもその先生が息子をかまってくれるわけではないので、自然と他の人と一緒に過ごしながら複雑な感情を備えていき、それが日常にあると理解していく最中なのかもしれないなーと感じました。

その分、僕や妻が迎えに行った時には自分を構って!と強く思う中で僕らが違うお子さんと楽しげに話していると怒ってしまうというのは不思議ではないなと思いました。

最近、僕がお迎えに行くことが増えたため、今の所はパパイヤイヤな感じは見られません。
逆にママよりパパ!的なケースもあるので、外で他のお子さんへのやきもちは良いですが、家の中ではやきもちは焼かないでくれたら嬉しいなーと思いましたが、これからどうなっていくのでしょう。

1歳6ヶ月と少しづつ2歳に近づいていく中で成長をして新たな感情表現も増えてくると思います。
そんな中で息子の気持ちを尊重しながら対処していけたら良いなと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 赤ちゃんのミルク作りに使える市販のミネラルウォーターは?

  • 赤ちゃんの飲み水・ミルク作りにおすすめのウォーターサーバー7選

  • 妊活にマカがおすすめされる理由とは?マカサプリの摂取量・注意点

  • 妊活に亜鉛が良い理由とは?男性・女性の摂取量・サプリの選び方

関連記事

  • 幼児の知育〜指先の発育|1歳児の指先の発達を感じるお遊び

  • 1歳児の後追い対処法は?1歳〜2歳になって後追いが復活?

  • 新生児模倣とは?いつから見られる?赤ちゃんが大人の行動を真似する動き

  • 1歳の子供ができることを親が気づかないケースは多い?

  • 嚥下反射とは?|赤ちゃんの哺乳に必要な原始反射の種類

  • 赤ちゃんの笑顔の変化|生後2ヶ月からの社会的微笑