1. TOP
  2. 育児・子育て
  3. パパが生後8ヶ月の赤ちゃんと留守番!前偏

パパが生後8ヶ月の赤ちゃんと留守番!前偏

こんにちはコースケです。

週末に育休中の妻の勤め先が忘年会ということで、生後8ヶ月、もうすぐ9ヶ月になる赤ちゃんと留守番をすることになりました。

妻の勤め先は歯医者さんで、中規模なこともあり、スタッフや先生達とのコミュニケーションや関係性も出来ていることもあり、育児に大しては理解があるということで、たびたび、平日の昼食時に赤ちゃんも含めた食事会を開いたりしていたので、当初は赤ちゃんも連れて行く予定でした。

ただ、先週は赤ちゃんが風邪を引いたこともあり、同じ育休中の同僚の赤ちゃんも来るということで、風邪をうつしてしまう可能性もあるため、僕が仕事終了後から赤ちゃんと留守番をすることにしました。

今回はそんな赤ちゃんとの数時間ですが、二人で過ごした留守番のお話です。
ちょっと長くなりそうなので、前・中・後編に分けて書いていこうと思います。

 

赤ちゃんとの留守番!

赤ちゃんと二人きりで過ごすのは生後3ヶ月くらいの時に一度、妻が美容室に行くことになって、日中に留守番をしましたが、あの時はまだ、人見知りも無いですし、ママじゃなきゃということも少なかったため、比較的穏やかに過ごすことができましたが、生後8ヶ月を過ぎて、自己主張も増え、好き嫌いの感情やママに対する愛情も深くなってきていることもあって、今回はかなり不安です。

 

今回の留守番中のミッション

仕事が終了する時間に合わせて妻が外出したあとの僕のミッションは

  1. お風呂の時間まで寝かさないように遊ぶ
  2. お風呂に入れてのお着替え
  3. ミルクを飲ませる
  4. 寝かしつけ

 

というもの。
このうち、お風呂までの間に遊ぶ、お風呂に入れるの二つはいつも行っています。また、ミルクを飲ませるためのミルク作りも妻が赤ちゃんの着替えをさせている間に準備しているので特に問題は無し。問題は寝かしつけですね。

いつも寝かしつけの時は妻が抱っこしていないと寝てくれないですし、妻が入浴中の時に泣いてしまった時などはすぐに僕が抱っこをしても「ママと違う!」的な泣き方をされるので、かなり不安です。

まぁそれでも妻が居ないのは仕方ないので、泣いてもひたすら抱っこで持久戦へと持ち込みたいと思います。

ミッション1:お風呂の時間まで寝かさないように遊ぶ

僕の仕事が終わるのを待ち、いよいよ妻が出かけます。
この時はどちらかというと、妻の方が緊張している様子で「本当に大丈夫?」と何度も言われました。

いざ妻が家を出る時には赤ちゃんにママが居なくなったと悟られないために、僕の仕事部屋で赤ちゃん用の動画を見せながらさりげなく妻は外出します。この時に赤ちゃんには声をかけずに出かけてもらいました。

いきなりのウンチ攻撃〜オムツ替え


いつも見慣れない僕のデスク上のマウスなどで遊ばせたり動画を見せながら時間を稼ごうとして序盤はいい感じです。
しかし、次の瞬間。。赤ちゃんが「うーん」と息み出しているではありませんか。

妻が今日はウンチ出ないねーと言っていたのを思い出しました。
そしてスッキリした顔の赤ちゃんを見て、オムツ替えを行うことに。

もう少し仕事部屋で時間を稼ぎたかったですが、仕方ありません。

あと使用しているオムツが以前はテープタイプのオムツでしたが、最近はパンツタイプを使用しているのですが、これが馴れないと色々と苦戦します。

パンツタイプは横を破って開くのですが、赤ちゃんが動くこともあってうまく破れません。
なんとか破ってみると、溜まっていたウンチがたっぷり。。

赤ちゃん足をガっと掴みながら拭いていきますが、やはり育児が未熟なのか、ウエットティッシュを赤ちゃんの手が届く所に置いていて遊ばれて拭く事ができなくなったり、拭いたのに赤ちゃんがうごいてまた、拭き直しなどなど、苦戦することに。

なんとか拭き取りを終えて新しいオムツに交換しようとしましたが、まだ立つ事ができない赤ちゃんにパンツタイプを履かせるのは思った以上に面倒でした。

足を通してある程度あげたら、抱きかかえてパンツを引っぱりあげるのですが、足を通しては外れ、片方足を入れては外れ、全然うまくできないーと一人ごとを言いながら悪戦苦闘の中なんとかオムツを交換。

赤ちゃんもいつもより手間取っていることで、ぐずってしまうなど馴れていると思っていたオムツ替えもさりげなく妻がサポートしてくれていたことに気付きます。

まだ序盤〜後編に続く

ここまでを振り返って

まだ序盤でこの有様です。
オムツが思った以上に苦戦してしまい情けないですね。

ただ、妻が居なくなっていることに気付いていないのか、気付いてはいるけど、すぐに戻ってくると思っているのか、赤ちゃんの機嫌自体は悪くなかったことが幸いです。

頻繁に鳴っている妻からのLINEは一切確認できていません。

いつも一人で買い出しに行く時など、妻に連絡をしても繋がらないことが多い理由を改めて再確認しました。

育児に関わっているつもりでもほとんどを妻が行っていることにも改めて気付きますね。
僕はまだまだポンコツなようです。

それでも妻が帰ってくるまでは僕しかいませんので、なんとか乗り切らねばなりません。

今回は前置きが長くなりましたが、次回はお風呂、ミルク、寝かしつけのミッションが待っています。
無事に乗り切れたのでしょうか。。

\ SNSでシェアしよう! /

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 外出時のミルク作りに便利なスティック・キューブタイプの粉ミルク選

  • ミルク用湯冷ましの作り方と調乳時の使い方|外出時に便利な保存容器は?消毒は必要?

  • 粉ミルクのおすすめメーカーの比較〜新生児赤ちゃん用の粉ミルクの種類と選び方

  • 赤ちゃんの水分補給はミルク以外はどんな飲み物が良い?

関連記事

  • 赤ちゃんの風邪が大人にうつると重症化するのは本当?実際に感染して感じたこと

  • 赤ちゃんの月齢チェックに役立つ新生児育児アプリ|子育てに便利な無料育児日記アプリ

  • ワンオペ育児とは?パパが知っておきたい大変さ|ママが限界を迎える前に対策を

  • 赤ちゃんの定義は?新生児や乳児・幼児はいつからいつまで?

  • 子供のアデノウイルスは大人にも感染するの?我が家のケース

  • 赤ちゃんのお薬用ゼリー「おくすり飲めたねぶどう味」を試してみた!