1. TOP
  2. 育児・子育て
  3. 予防接種・検診
  4. BCG予防接種から34週間後(239日約7ヶ月)の注射跡|赤ちゃんのBCG経過記録(画像付き)

BCG予防接種から34週間後(239日約7ヶ月)の注射跡|赤ちゃんのBCG経過記録(画像付き)

こんにちはコースケです。

我が家の赤ちゃんがBCG予防接種を受けてから約34週間、日にちにすると239日で現在7ヶ月目という状況です。もうすぐ8ヶ月目に突入という所まできました。

前回の経過記録が32週間経過時点ですが、先週の33週間経過の時は赤ちゃんの体調が悪く、朝から病院へ行き点滴などを受けていたこともあり控えました。

以前もRSウイルスの時に撮影を控えましたが、やっぱり赤ちゃんの体調が悪い時は中々僕にも余裕が無いのか撮ることができませんね。

ただ、ここ2日間くらいは赤ちゃんも随分元気になってきたので、BCG予防接種の経過記録も再開できました。

↓BCG予防接種の経過記録記事はこちら

BCG予防接種記事一覧

 

BCG予防接種から34週間後の注射跡の状態

それではまずBCG予防接種から34週間経過した現在の注射跡です。


そして2週間前ですが、前回の32週間経過した時の注射跡です。

1週間空いているためか、皮膚の質感が随分違うように感じます。
注射跡一つ一つの皮膚が通常の皮膚のように生まれ変わってきており、色味は写真よりも目で見るとかなり薄く、他の皮膚と馴染んできています。

僕が記憶にある子供の時によく周りの友達の腕に付いていたBCG跡に近づいてきている印象です。
凹みとして跡はあるものの、色味は通常の肌の色に近づいてきている印象です。

また、前回も気づいていましたが、上9つの注射跡のうち左上の跡が消えてきていますね。

写真の光の加減によって濃く見えたり薄く見えたりするのは素人の撮影なので、申し訳ないのですが、他の注射跡も随分薄くなってきているように感じます。

下9つの注射跡でも左下はかなり肌の色に近づいてきているように感じます。

まとめ

1週間空いてしまいましたが、その分目視で見た時に、また薄くなったなーと感じる結果となりました。
妻にも違いなんてあるの?と言われていましたが、違いはあるんです笑

前回の経過記録から今日までで、赤ちゃんにとっては体調面でかなり大変な時期だった(熱、咳、鼻水、肺炎、中耳炎など)こともありましたが、BCG予防接種の注射跡には特に影響はなかったようで安心しました。
あと我が家の話ではないのですが、先日、知り合いのお子さん(もうすぐ3歳になる女の子)が川崎病にかかり入院しました。
BCG注射跡の腫れなどを起こすのも川崎病の症状の一つということですので、機会があったらお話を聞いてきたいと思います。

【スポンサー】

\ SNSでシェアしよう! /

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • BCG予防接種から約73週間後の注射跡|赤ちゃんのBCG経過記録

  • BCG予防接種から23週間後の注射跡|赤ちゃんのBCG経過記録(画像付き)

  • 赤ちゃんの予防接種の副反応|発熱時の対処法について

  • BCG予防接種から約78週間後の注射跡の比較|赤ちゃんのBCG経過記録

  • 赤ちゃんが小児肺炎球菌・麻疹・風疹・水痘・おたふくかぜの予防接種を受けてきました

  • BCG予防接種の経過報告〜1週間が経ちました|赤ちゃんの予防接種