エッジガード・コーナーガードを設置|赤ちゃんの怪我を防ぐ安全対策のアイテム

こんにちはコースケです。

我が家の赤ちゃんもハイハイやつかまり立ちに近い膝立ちをしたりと、今まで以上に家具などに近づくことが増え、行動範囲も広がってきています。ちょっとトイレといった時にも目が離せません。

特に家具の角など赤ちゃんの怪我に繋がる場所には注意が必要ですよね。

そんなこともあって我が家でも家具のエッジガード、コーナーガードを少しづつ増やしていってます。
本当なら一気につけたいのですが、種類も多くどれが良いかを決めかねているため、赤ちゃんの行動範囲に合わせて少しづつ増やしながら試しています。

エッジガード、コーナーガードの設置

エッジガード、コーナーガードは赤ちゃんの安全対策アイテムの一つで、スポンジタイプなどのクッション性がある素材で作られています。

種類も沢山ありますが、基本的な形として

  • テーブルなどの四つ角につけるタイプ
  • 壁の角部分などにつける直線タイプ
  • 長さを調節できるクッションテープタイプ

これらがあります。

テーブルなどの四つ角につけるタイプ

こちらはいわゆるコーナーガードで、テーブルやテレビ台、木製ソファーの角部分などに付けて怪我を防ぎます。
素材はスポンジタイプやゴム製のものがありますが、スポンジタイプの方が、クッション性があるので赤ちゃん向けにはスポンジタイプを基本に貼付けることが多いのではないでしょうか?

我が家も試しに購入したコーナーガードはスポンジタイプです。

取り付けは両面テープで貼付けるだけなので、簡単なのですが、木製家具の場合、お気に入りのものだと、正直躊躇してしまいますが、赤ちゃんの安全のためですので、仕方ないものの、もし粘着式でないコーナーガードがあったら使ってみたいですね。

壁の角部分などにつける直線タイプ

直線タイプは長さが決まっているタイプで、こちらもスポンジタイプが主流です。


壁の角部分などはこれで対応しやすいですが、長さが決まっているので、長さ次第ではテープタイプの方が、コスト的にもおすすめかなと思いました。

最初から形や長さが決まっているタイプはL字型の他にテーブルなどをスポっとカバーできるU字型もあります。
個人的にはテーブルに付けるものはU字の方を試してみたいので、良いものを探しています。

長さを調節できるクッションテープタイプ

クッション性のあるテープタイプは長さを自分の好みで調節できるので、利便性が高いですね。

長さが決まっているタイプは家具によってはうまくカバーしきれないので、しっかりとガードしたい箇所はテープタイプを使う方が思った形で設置することができるのかな?と思います。

エッジガード、コーナーガードは形だけでなく、ココにも注目

赤ちゃんが触れることが多くなるエッジガード、コーナーガードは形だけでなく、素材にも注目したいですね。
クッション性はもちろんですが、例えばエッジガード、コーナーガードを噛んでしまった場合にちぎれにくい素材、舐めても体に影響が無い素材は赤ちゃんの誤飲などを防ぐのにもチェックしたいポイントです。

また、その他にもインテリアと合わせて使いやすいこと、汚れた時に水拭きなど掃除がしやすいこともポイントですね。

まとめ

エッジガード、コーナーガードは赤ちゃんが生まれた家庭ではほとんどがお世話になる安全対策アイテムだと思います。
お気に入りの家具にエッジガード、コーナーガードをつけるのはちょっと気が引けるのは否定しませんが、赤ちゃんの安全には変えられません。

価格的にはそこまで高価なわけではないので、我が家も随時追加してこうと思います。