1. TOP
  2. 育児・子育て
  3. 赤ちゃん・子供の行動・成長
  4. 嚥下反射とは?|赤ちゃんの哺乳に必要な原始反射の種類

嚥下反射とは?|赤ちゃんの哺乳に必要な原始反射の種類

こんにちはコースケです。

今回も赤ちゃん原始反射についてのお話です。
赤ちゃんが生まれながらにママのおっぱいやミルクを飲むための哺乳反射の一つ嚥下反射(えんげはんしゃ)についてご紹介します。

↓他の哺乳反射に含まれる原始反射についての記事はこちらです。

探索反射とは?いつまで見られる?離乳との関係は?赤ちゃんの原始反射

捕捉反射とは?赤ちゃんの原始反射の種類|母乳を飲むのに哺乳反射

吸啜反射の特徴〜いつまで見られる?赤ちゃんの原始反射

 

嚥下反射(えんげはんしゃ)の特徴

61812c9d5ee9c8046ca6d47bbd216db4_s

嚥下反射(えんげはんしゃ)とは、赤ちゃんが母乳やミルクを吸った時に口に溜まった時に飲み込む反射で、哺乳反射の一つの行動です。

哺乳反射にはこの他に探索反射、捕捉反射、吸啜反射があり、自分の口の周りに触れられて刺激を感じると乳首を探し、吸い付く原始反射があります。

そして吸い付いた後に口の中に溜まると飲み込む嚥下反射で発育に必要な栄養を摂る行動を生まれながらにできるようになっています。

嚥下反射(えんげはんしゃ)はいつまで見られるの?

096921
嚥下反射(えんげはんしゃ)も他の哺乳反射と同じように、赤ちゃんの月齢と共に消失していきます。
一般的には4〜7ヶ月くらいと言われており、このくらいの赤ちゃんは原始反射から自分の意志で行動を起こす随意運動が見られるようになり、この成長と共に、消失していくと言われています。

まとめ

144056

嚥下反射も赤ちゃんにとっては生きるのに欠かせない生まれながらの行動です。
赤ちゃんの哺乳に関する行動は、ママのお腹の中に居る時に少しづつ備わっていき、妊娠27〜28週くらいから反射的に行動ができ、32週くらいからは短い時間ながら、哺乳に関する一連の反射で母乳やミルクを飲むことができると言われています。

小さな赤ちゃんですが、早産でも生きる為の本能がしっかりと働き頑張って母乳やミルクを飲む赤ちゃんは素晴らしい生命力を持っているんだということがわかりますね。

ウチの赤ちゃんはもうすぐ生後5ヶ月を迎えるので、徐々にこれらの原始反射が薄れていくのかと思うと、一つひとつの行動をしっかりと見て記録していきたいなと思いました。

\ SNSでシェアしよう! /

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 押し出し反射とは?離乳食の最初の難関?赤ちゃんの原始反射

  • 赤ちゃんのずりばいとハイハイとの違いは?いつから見られるのか

  • 足踏み反射の特徴と消失時期|赤ちゃんの原始反射の種類

  • 子供がごめんねを言えるのはいつから?2歳の言葉と心の発達

  • 哺乳反射の行動|消失時期は?赤ちゃんの原始反射の種類

  • 赤ちゃんの首がすわる時期とは?チェック方法と注意点