リトミックで音感・リズム感・社会性を育む|いつからできる?やり方は?

こんにちわコースケです。

赤ちゃんの時からできる教育法として定着しているリトミック

リトミックは赤ちゃんの頃からできる音感やリズム感、社会性を育むための教育法の一つでとされています。

我が家の息子が通う保育園でも取り入れられているのですが、最近は特にリトミックによる良い影響を感じることが増えてきています。

そんなリトミックですが、保育園などでは取り入れている所は多いものの、保育園に通っていない妻の職場の同僚ママさんからは羨ましいと言われることもあります。

そこでリトミックは自宅でも行えるのか?家でのやり方は?リトミック教室はいつから通えるの?といった点を僕の住む地域で調べてみました。


【スポンサーリンク】



リトミックとは?


リトミックについては育児本などでも掲載される赤ちゃんとのコミュニケーションや運動にも役立つ教育法とされています。

育児本によると、リトミックはスイスの音楽教育家で作曲家でもあったエミール・ジャック・ダルクローズが開発した音楽教育の手法でダルクローズ音楽教育法と言われています。

参考:Wikipedia:リトミック

リトミックの目的は

  • 情操教育
  • 音感教育
  • 生活習慣

これらを一つとした教育法とされています。

音楽や歌に合わせてリズムに合わせて体を動かし、お子さん自身が感じたままに表現をするといったシンプルなものですが、この中には体を動かすこと、音感やリズム感、真似っ子をするなどの観察力や集中力、周りと一緒に何かをするといった協調性、社会性を養うのに役立つと言われており、赤ちゃんサロンや幼児教室、保育園や幼稚園など、様々な場所で取り入れてくれている教育法になっています。

音楽に合わせて何かを一緒に表現するといったことは小学生、中学生になっても続いていきますし、その基礎とも言える部分もあるのかもしれませんね。

リトミックはいつからできるの?


我が家の息子が、まだ赤ちゃん(0歳時期)の時も妻は子育てサロン、赤ちゃん教室などに通っていましたが、その中に月齢によってリトミックを行っている場所もあり、スケジュールを見ながら一緒にお出かけしていたことを覚えています。

体を動かすという点から見ると基本的には首がすわってからというのが目安で大体生後2〜3ヶ月くらいからとされています。

リトミックは赤ちゃんの時からというのがおすすめされていて、0歳、1歳、2歳、3歳といった感じで、年齢に合わせた内容が用意されていることが多いです。

初めてはリトミック教室で体験

リトミックといったもお子さんの始める時期によっても内容は少し違いますし、安全に行うための基本は知っておきたいですよね。

リトミックは地域の中でリトミック教室として開かれていることが多いです。

赤ちゃんの時から通えるベビーリトミックから始まり、ピアノ教室や英語教室などでもリトミックは取り入れられていますので、通いやすい場所のリトミック教室を体験してみるのも良いかもしれません。

基本的には

  • 0〜1歳:音楽に触れながらリズムを感じていく、ママが一緒に手足を動かす
  • 1〜2歳くらい:手や足の動きを真似して動かしたり、リズムと共に歌にも触れていく
  • 2〜3歳くらい:自分なりの表現で音楽に触れて楽しむ

3歳移行になるとさらに自分なりの表現、周りとのコミュニケーションや集中力を育むために取り入れられているようです。

リトミックには基本となる年齢に合わせたカリキュラムがあり、その中で行われていることが一般的です。

我が家の息子は近所の保育園が定期的に開いている子育てサロンの中で保育園で行っている親子リトミックを体験しにいってきました。

各都道府県の市町村などでリトミック教室は沢山ありますが、自治体の子育て支援事業の一環で親子サークルなども開かれています。

どこが良いのかわからないという場合にはリトミック専門団体(リトミック研究センターなど)のホームページなどでもお近くのリトミック研究センター認定のリトミック教室を探すことができます。

リトミック研究センターHP

保育園では週に2日ほどリトミックの時間があるようで、連絡帳には「今日は〇〇の歌に合わせて上手に踊れるようになってきました」や「周りを見ながら一緒に手を叩いていた」、「先生の動きを真似するのが上手になってきました」といった息子の変化を伝えて貰っています。

先日の記事でも書きましたが、実際に僕が歌ってみると、それに合わせて手や足を動かし振りを見せてくれたのはとても楽しかったです。

1歳7ヶ月の子供が歌に合わせてダンスや体を動かす|いつから踊れる?

リトミックは自宅でもできる?やり方は?

近くにリトミック教室が無い、もしくは通うのがちょっと大変で保育園などに通っていない方、もしくは保育園や幼稚園に通う前のお子さんの場合は自宅でもリトミックは行なえます。

最近だと、自宅でできるリトミック教材や動画も増えてきているので、ママさんの気分転換も含めて一緒に取り組むのがおすすめですね。

基本的には安全に配慮しながら、音楽に合わせて遊ぶようにリズムを感じて、スキンシップを取り、コミュニケーションを深めていくという感じで考えれば難しいことではないので、リトミック教材のDVDを見ながら一緒に楽しむというのがおすすめですね。

まとめ

リトミックは赤ちゃんの時からできる身近な教育法ということがわかりました。
リトミックと言うとちょっと難しいですが、赤ちゃんや子供が音楽を聞いて自然にリズムを感じて、気付けば声を出したり、手足を動かしたというごく自然な行動を、楽しく行うというように捉えておくのが良いのかな?と思いました。

専門的なリトミックの知識に触れたい時にはリトミック教室を体験できますし、自宅でもお子さんと楽しく遊ぶ時間としてピッタリですね。

リトミックは0歳からの習いご事としても人気なようですので、興味がある方はチェックしてみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク
離乳食・子供の安全な食事づくりにおすすめ

【PR】 離乳食・子供の安全な食事づくりにおすすめ野菜宅配サービス!

シェアする

フォローする