赤ちゃんの粉ミルクをフォローアップミルクに変更|1歳になって牛乳を飲む前の練習

こんにちはコースケです。

1歳になる我が家の赤ちゃんは今まで離乳食に加えて、水分補給や栄養補助をフォローする意味で粉ミルクを続けていましたが、先日、保育園の説明会に参加し、保育士さんと普段の離乳食の進み具合や食べられる食材のお話をしました。

その中で粉ミルクの卒業や牛乳へのステップのお話も出てきたこともあり、保育園でのおやつや水分補給を考え牛乳を飲む前のステップとしてフォローアップミルクを試してみることにしました。


【スポンサーリンク】



なぜ今になってフォローアップミルクを試すのか

まず、基本的に粉ミルクから牛乳を飲むまでの間に必ずフォローアップミルクに切り替える必要は無いというのは以前、妻が相談した子育てサロンでの栄養士さんや10ヶ月検診時の相談などでもアドバイスされていたこともあり、過去の記事の中でもお話しています。

今回も保育士さんとの面談でもこの時期まで粉ミルクを続けたならあえてフォローアップミルクにする必要性はそこまでなく、1歳になったこともあり、少しづつ牛乳の練習を見据えても良いかもしれないというアドバイスがありました。

実際に少しづつ牛乳を飲ませて(そのままでは無いです。)みて、赤ちゃんが飲めるかといった点を見ながら徐々に移行する準備をしてくのをおすすめされました。

もうそろそろ離乳食プラス水分補給を含めたおやつなどで1日の栄養バランスを保つという時期ですが、保育園に行くことで、実際に午前中や午後におやつの時間や水分補給タイムがあり、その中でどんな飲み物を飲むのかといった点は保育園側も赤ちゃんによって食事内容は違うため気を使うポイントです。

その中で一般的な食事ステップを進める時に問題が無いように家庭でも進めていきながら様子を見ましょうということです。

気になったのは赤ちゃんの栄養バランス

妻はそんな保育士さんとの話で粉ミルクの卒業を考えていたようで、実際にどうしていくかを夫婦で相談した時に気になったポイントとして、離乳食で栄養には気を配ってはいるけど、粉ミルクをやめて牛乳を飲むかわからない状態で、すっぱりと辞めていいものなのか?という点です。

栄養不足では無いと思いますが、離乳食も時々食べる量が少ない日もあるわけですし、さらに麦茶や牛乳などを含めて十分な水分補給が今までのようにできるのか?その中で必要な栄養がしっかりとカバーできるのかというのが、どうしても気になってしまいました。

その中で粉ミルクも1缶がちょうどなくなるというタイミングで、さてどうするということでした。

最終的には僕の意見の粉ミルクからフォローアップミルクと牛乳を併用しながら、赤ちゃんの様子を見て、少しづつ牛乳へと移行するようなイメージで試そうと考え、フォローアップミルクをとりあえず1缶購入するということで、妻も納得してくれました。

フォローアップミルクは粉ミルクのように完全食で主食ではありませんが、赤ちゃんの栄養をサポートするのに牛乳よりも鉄分やビタミンなども多く含まれていますし十分だと考えました。

今回購入したフォローアップミルク

今回購入したフォローアップミルクはビーンスタークの「つよいこ」を妻がチョイス。

特にこだわりがあったわけではありませんが、粉ミルクもビースタークの「すこやか」を使用していたこともあり、フォローアップミルクもビーンスタークにしたようです。

ビーンスターク公式サイト
http://www.beanstalksnow.co.jp/babymom/tsuyoiko/

購入して思ったようですが、価格も粉ミルクよりも安いです。

実際に赤ちゃんに飲ませてみました

試しに昨日の夜のお風呂上がりにフォローアップミルクを200ml作り飲ませてみました。

↓飲んでいる様子

たまに粉ミルクからフォローアップミルクに切り替えると味が合わない赤ちゃんもいるようですが、特に問題なく飲んでくれました。

まとめ

今回は僕のわがまま?で粉ミルクから牛乳へのステップの間にフォローアップミルクを試させてもらった形ですが、実際に保育園でどんな飲み物やおやつで栄養補助をしていくのかを参考にしながら、今後の水分補給や栄養補助としてのミルクの取り入れ方を考えていきたいと思います。

ただ、1歳になって牛乳も少しづつ飲んでいますし、コップで飲むのも練習中です。

哺乳瓶でミルクを飲むということもどんどん減っていくと考えると、少しさびしい気持ちになるのも正直な所ですね。。

スポンサーリンク
離乳食・子供の安全な食事づくりにおすすめ

【PR】 離乳食・子供の安全な食事づくりにおすすめ野菜宅配サービス!

シェアする

フォローする