がん保険とは?保障内容や医療保険との違い・メリット・デメリット



こんにちわコースケです。

がん保険はその名の通りがんの治療を保障することに特化した保険です。
がんの治療は多額の治療費がかかるケースが多く、経済的な負担も大きくなります。

お子さんが生まれてこれからという時に大黒柱が癌になってしまったら大変です。

そんな万が一の癌に備えることは、癌の罹患率が高い日本人にとって重要なライフプランのテーマの1つとなっています。

こちらではがん保険の基本や保障内容、がん保険のメリット・デメリット、選び方についてまとめています。

がん保険とは?

がん保険は

  • 医療保険の一種でがんに特化した保険
  • 契約者ががんになった時に給付金が支払われる保険
  • 支払われる給付金には診断時、入院した時、手術をした時、退院時、通院時などがん治療に伴う保障が用意されている
  • 先進医療などにも対応する医療特約がある
  • 保険の契約期間は定期保険と終身保険がある

がん保険は冒頭でご紹介したように癌の治療にかかる費用を保障することをテーマとした保険です。

がんに対しての保障に特化することで、手厚い保障が行えるため、高額になるケースが多い癌治療に備えられます。

特に公的保険制度だけでカバーしきれない治療費、さらに治療以外の費用を保障することにも繋がるためがん保険の有用性が知られるようになりました。

有名ながん保険だと

  • アクサダイレクト生命:アクサダイレクトのがん終身・がん定期
  • ライフネット生命:ダブルエール
  • SBI損保:SBI損保のがん保険
  • アフラック:新生きるためのがん保険Days
  • 東京海上日動あんしん生命:がん治療支援保険NEO
  • チューリッヒ生命:終身ガン治療保険プレミアム
  • オリックス生命:がん保険Believe [ビリーブ]

などがあります。

最近では楽天も保険に参入していますが、ガン診断プラスとしてがん保険があります。

医療保険との違いは?

通院や入院、手術で給付金がもらえるなら医療保険と一緒では?といった疑問があるかと思いますが、がん保険はがんの治療に特化している分、入院や通院、手術に対しての保障が手厚く、入院日数制限や給付回数の制限が無いものが多く、通常の医療保険の特約よりも、より癌治療に対して幅広く対応、さらに長い期間を要する癌治療をサポートしてくれるのが違いといえます。

がん保険と医療保険のがん治療に関する比較

がん保険 医療保険
保障対象 悪性新生物・上皮内新生物(条件有り) がんを含む病気や怪我
保障内容 診断給付金・入院給付金・手術給付金・通院給付金・先進医療給付金・抗がん剤治療給付金・がん死亡保険金 入院給付金・手術給付金・通院給付金・先進医療給付金
免責期間内容 90日間・3ヶ月の免責期間が一般的 契約完了後からすぐ
入院・通院の限度日数制限 無制限が基本 日数制限がある(60日や120日など)
がん診断時 まとまった額の給付金が支払われる 入院や手術、通院による日額での支払いが基本

がん保険のメリット・デメリット

がん保険のメリット

  • がんにかかわる様々費用に対して備えられる
  • がんと診断された時にまとまったお金が受け取れる
  • 再発時にも給付金が支払われる
  • がん治療に関わる入院に日数制限が無いことが基本
  • 長期的な通院治療を保障してくれる
  • 特約によって先進医療にも対応・高額な医療費にも備えられる
  • 収入保障タイプも登場

やはりがん保険のメリットはがんと診断された時にまとまった一時金が受け取れること、そして幅広いがん治療を保障しながら、入院の日数制限が無制限、長期的な通院保障などを手厚くすることができる点ですね。

日本人の癌への罹患率は高く、そのリスクに備えられるのは心強い面が多いです。

がん保険のデメリット

  • がんに特化した保険のため、他の病気は保障対象外
  • 契約から90日間の免責期間(待機期間・不担保期間)がある
  • 死亡時の給付金は少ない
  • 貯蓄性は低い

デメリットとというか注意しなくてはいけない点と言えますね。がん以外の病気は保障外となりますし、契約から基本90日間などの免責期間が設けられているため、この期間内のがんへの罹患は保障されません。そして実際の給付金の支払いの条件は商品によって違ったり、給付金の支払い回数なども条件があることが多いので、しっかりと確認してがん保険を選ぶことが重要です。

また、貯蓄性は低いので、あくまでがんに対する備えというのが基本と言えますね。

がん保険の免責期間とは?

がん保険の契約には「待機期間」「免責期間」「不填補期間」といった保障が受けられない期間が設けられており、保障開始時期が医療保険とは違います。

通常の医療保険は契約が完了し1回目の保険料を支払った時点から保障期間となるのが一般的ですが、がん保険は申込書と健康告知書を提出した上で初回の保険料を払っていても一定期間(責任開始日前)はがんと診断されても保障されません。

これはがん自体が発病の自覚症状が無いケースも多くすでにがんに罹患している状態で加入してしまい、加入後すぐにがんと診断されるというケースに対して設けられた期間とされています。

この様子見をする期間は免責期間や待機期間と呼び、一般的には90日、もしくは3ヶ月といった期間が設けられています。

がん保険の基本的な保障・給付金

がん保険の基本的な保障・給付金は

  • 診断給付金:がんと診断された時に受け取れる給付金
  • 入院給付金:がんによる入院で受け取れる給付金
  • 手術給付金:がんの手術を受けた時に受け取れる給付金
  • 先進医療給付金:厚生労働省が定める先進医療を受ける時に支払われる給付金
  • 抗がん剤治療給付金:所定の抗がん剤治療を受けた時に支払われる給付金
  • 通院給付金;がんの治療による通院によって受け取れる給付金
  • がん死亡保険金:がんによって死亡した場合に受け取れる給付金

というのが一般的です。

診断給付金

診断給付金はがんと診断された時に受け取れる給付金で、最初に癌だと診断された時に支払われます。
1回だけのタイプと2回目以降にも支払われるタイプがあり、支払いには条件が設定されています。

がん保険では診断給付金である程度まとまったお金が受け取れることが基本となっているため、ここの保障内容はがん保険選びのポイントとも言えます。

ただしがん保険の商品によっては上皮内新生物というがんが上皮内に留まった状態の初期状態に対して条件がついている保険もあるので、注意が必要です。

基本的には悪性新生物と呼ばれる上皮内から他の組織に浸潤している状態に対してというのががん保険では一般的です。

入院給付金

がんによる入院で受け取れる給付金で、医療保険と同様に入院に対して日額いくらといった形で支払われます。がん保険の場合は医療保険と違い、入院の日数制限が無制限なのが一般的です。

手術などをして長引くことが多い入院に対しての保障となっています。

手術給付金

がんに対する手術を受けた時に支払われる給付金です。手術内容で金額が変わるタイプ、一律いくらといった設定の保険商品があります。

先進医療給付金

がん治療の中には厚生労働省が定める先進医療と呼ばれる高額な治療があります。
これらに対して支払われる給付金です。

先進医療は大学病院などの高度医療機関において開発された治療ですが、保険診療外という治療となるため、高額な治療費になります。

陽子線治療や重粒子線治療といった比較的知られている先進医療では200万円以上、300万円といった治療費がかかります。
これらに対して特約として付加することで、先進医療に対する給付金が受けられるがん保険が多いです。

抗がん剤治療給付金

がんの治療に伴う化学療法うあ放射線治療などに対しての給付金です。抗がん剤治療などもこれに含まれます。

通院給付金

がんの治療による通院によって受け取れる給付金です。がんの治療は入院と手術だけでなく、長い通院による治療が待っています。この間の治療費やそれに伴う交通費なども経済的な負担となります。
これらの費用に対する保障として特約として付加することができます。

がん死亡保険金

がんによって亡くなってしまった時に支払われる保険金です。ただ、がん保険の死亡保険金は低額であったり、設定されていないといった保険もありますので、確認が必要ですね。

がん保険の選び方・比較ポイント

  • がんの診断時の給付条件
  • 診断給付金の金額
  • がん診断給付金が何度でも貰えるか?
  • 通院治療の期間設定
  • 保証期間(定期・終身)

この点はしっかりと確認する必要があります。また、がんと診断された時の一時金の支払い条件、回数は最も重要なポイントと言えます。そして、手術などを終えた後の通院によるがん治療に対して備えられるか?といった点もチェックが必要です。

また、保険タイプには定期保険・終身保険がありますが、がんへの罹患が統計で高まる50歳〜60歳といった期間からの備えになる終身保険タイプが人気です。
逆に20〜30代といった年代の方の場合には更新時期にその時の経済状況に合わせて切り替えられる定期保険で備えるといった方も多いようです。

入院・通院に関して日額で給付金を支払う保険の他に実損払いに対して保証するといったタイプの保険もありますので、この点も比較ポイントと言えます。

まとめ

がん保険に関する基本知識をご紹介しました。親戚の保険外交員の方に話を聞きながら、がん保険と言っても種類は沢山で、選ぶのに苦労しますが、どの点を手厚くするか?ということが比較ポイントです。また、保険期間をどのように捉えて備えるか?で範囲も変わってきますので、その点を踏まえて、診断給付金の金額と条件、診断給付金の支払い回数の設定を比較しながら、自分に合ったがん保険を選ぶのが基本と言えます。

退院後の治療も長くなりますので、その点も重要ですね。

がん保険はがんに特化している分、他の病気の保障ができませんので、通常の医療保険との兼ね合いを見ながら家計状況に合わせて内容と優先順位を決めていくことがポイントとのことでした。

僕も改めてがん保険への加入を検討しようと思います。

スポンサー




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です