1. TOP
  2. 育児・子育て
  3. 母乳・ミルク
  4. 赤ちゃんが牛乳を飲まない時の対処法は?我が家の赤ちゃんは牛乳が嫌い?

赤ちゃんが牛乳を飲まない時の対処法は?我が家の赤ちゃんは牛乳が嫌い?

こんにちはコースケです。

我が家の赤ちゃんも1歳を迎えて少しづつ色々なことをステップアップしていく時期になっています。
4月からは保育園にも通い始めますし、我が家のルールだけではいかないことも増えてきます。

特に食事の面では粉ミルクを卒業してフォローアップミルクと牛乳を取り入れ始めたというのが大きな変化という感じです。

ただ、フォローアップミルクは特に問題無く移行できていますが、牛乳は最近になって苦戦中です。
というのも口に入れてはくれますが、その後、全部吐き出してしまう状況です。

食事中は麦茶か牛乳を用意していますが、牛乳は最近、ほとんど飲んでくれません。

保育園ではおやつなどのタイミングでアレルギーが無い場合、牛乳を取り入れるということもあり、少しづつ練習していますが、中々慣れてはくれないようです。

赤ちゃんが牛乳を飲んでくれない理由は?

普段読んでいる育児本や離乳食本を見てみると赤ちゃんが牛乳を飲まない時に考えられるのが

  • 味に慣れない
  • 匂いに慣れない

というのがやっぱり大きいみたいですね。

母乳や粉ミルク、フォローアップミルクは牛乳と比べると味が薄いようで、離乳食自体もまだ薄味です。

その中で牛乳は比較的、濃い味ですし、匂いもあります。
そのため、赤ちゃんによっては違和感があって飲んでくれないということが考えられるようです。

赤ちゃんに牛乳を飲んでもらうための工夫

味わいを変える

単純に牛乳の味わいや匂いを軽減するためのアレンジですね。
牛乳に違う風味のものをプラスして飲みやすくしてくれます。

パウダータイプでプラスできるものや、自作でバナナなどの果物と一緒にミキサーで混ぜてフルーツミルクにして飲むといったアレンジで味や匂いを減らす工夫です。

乳製品から始める

いきなり牛乳を直接飲ませるのではなく、乳製品から少しづつ慣れていくというのも基本ですね。
牛乳を飲めるようになる1歳(生後12ヶ月)はプレーンヨーグルトやカッテージチーズなどは、1歳前からでも食べることが可能とされています。

これらも牛乳と同様にカルシウムやタンパク質が豊富ですので、これらを離乳食にプラスして慣れていくこともおすすめされています。

離乳食にプラスする

直接、牛乳を飲んでくれない赤ちゃんでも、離乳食の中に入れると食べてくれるということはよくあります。

我が家ではクリームスープ、ホワイトソースやフレンチトースト、パンケーキ、パン粥といったメニューに使用していますが、これらは問題無く食べてくれます。

コップではなく、ストローマグに変えてみる

コップで飲もうとすると、赤ちゃんは顔半部くらいがコップの中に入りますよね。そのため匂いを感じやすくて違和感になっている可能性があるので、ストローマグで飲ませてみたら飲むようになったという方も多く、妻の友人ママさんの赤ちゃんも1歳過ぎの時はストローマグで味に慣れてからコップに移行していったようです。

牛乳は栄養補給のため?水分補給のため?

母乳や粉ミルクは月齢が低い時の赤ちゃんにとっては栄養補給と水分補給の両方を担っていますが、牛乳はあくまで離乳食のサポート的な栄養補助というのが基本です。

そして水分補給という点でも、牛乳にこだわらず麦茶や100%フルーツジュース的なものでも代替ができますので、基本的に無理に飲ませるよりも、少しづつ食事の中に取り入れていきつつ、自然に飲むようになってもらうのが、赤ちゃんにもママさんの気持ち的にも良いのではという印象です。

牛乳には豊富な栄養が含まれています。ただ例えばカルシウムなどは普段の離乳食などでも補えるものでもあり、慣れてくれないという場合には他の食材を離乳食に取り入れて栄養バランスを整えるということでもフォローできるということでした。

まとめ

母乳や粉ミルク、フォローアップミルクを卒業すると、その分の栄養補給をどのような形でするのか?という点がママさんたちの頭を悩ませると思います。

その代替の一つが牛乳だと思うのですが、小学生くらいになっても飲めない子は沢山ですし、大人でも味が嫌いという方が多いです。

それでも栄養が豊富に含まれているということで、牛乳は成長期の子供にとっては身近な存在となっています。

でも赤ちゃんにとっては、牛乳は栄養補給にもなるが、アレルギーなどにもつながる可能性もあるので、飲ませ方は慎重になりますよね。

他にも牛乳自体の安全面を気にされる方も多いです。

食事に関しては各家庭の考え方もありますが、牛乳に関しては、問題無く飲んでくれれば良いですが、飲みたがらないのを無理に飲ませるほど、絶対に必要なものではなく、他の食材でも補うこともできるということでしたので、少しづつ慣れてもらいながら長い目で見ていくのが良いのかなという印象でした。

とりあえず、コップで飲んでくれるようになるまでは離乳食の材料として取り入れていきたいと思います。


\家事負担軽減しながらダイエット/

【PR】糖質制限のお弁当宅配サービス


\ SNSでシェアしよう! /

パパログ【はじめての妊活・出産・子育て・育児のお話】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

パパログ【はじめての妊活・出産・子育て・育児のお話】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 1歳3ヶ月の息子がフォローアップミルクを卒業|哺乳瓶ともお別れ

  • 赤ちゃんの飲み水・ミルク作りにおすすめのウォーターサーバー7選

  • 赤ちゃんのミルク作りに使える市販のミネラルウォーターは?

  • 赤ちゃんの哺乳瓶の消毒はいつまで必要?やめるタイミングとは?

  • 保健師さんに聞いた赤ちゃんがミルクを飲まない、飲む量が減る理由

  • 赤ちゃんに牛乳を飲ませるのはいつから?飲ませ方や牛乳の種類