1. TOP
  2. 育児・子育て
  3. 赤ちゃん・子供の行動・成長
  4. 把握反射とは?赤ちゃんの原始反射|手で指を握る仕草・手の動きや消失時期について

把握反射とは?赤ちゃんの原始反射|手で指を握る仕草・手の動きや消失時期について

こんにちはコースケです。

前回まで、赤ちゃんの哺乳に関する原始反射について書いていましたが、今回は体の動きにまつわる原始反射の中で赤ちゃんの手の反応の一つ、把握反射についてご紹介しておきたいと思います。

把握反射とは?

1902e09a9e704261778aa7deb71da4ca_s

みなさん、赤ちゃんが生まれて赤ちゃんの体に最初に触ったのはどこでしょう?僕は生まれて新生児用のベッドに寝かされてやってきた赤ちゃんの手に指を当てて触れたのが最初だったと思います。

この時に赤ちゃんは手が触れると握るような仕草をしました。この反応が手の把握反射です。

手の把握反射は生まれた時から備えている原始反射の一つで、手のひらに指などを当てて刺激を与えると手を握り、引っ張るような仕草をします。その力は強く、動物的な名残とも言われており、赤ちゃんがママから落ちないための防衛本能とも言える反射と言われています。

また、把握反射は足にもあり、足の裏を押すように刺激すると足の指が曲がり、掴むような仕草をします。

把握反射はいつまで見られるの?消失時期について

把握反射は赤ちゃんがママのお腹の中にいる時(妊娠28週〜32週くらい)に備わると言われています。
一般的には生後4ヶ月から6ヶ月くらいに消失し、足の把握反射は生後9ヶ月〜1歳くらいまでに消失すると言われています。

まとめ

赤ちゃんの月齢が小さい時は寝ている時に手のひらに触れて握り返してくれたのを妻と喜びながら見ていたことを思い出します。
ただ、この原始反射も赤ちゃんにとっては重要な成長の指針にもなりますので、楽しむだけでなく、注意深く見守って行く必要もあるなと感じました。

iku085

\ SNSでシェアしよう! /

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 緊張性迷路反射とはどんな動き?消失時期と確認方法

  • 1歳4ヶ月の息子の遊び・食事で自分でやりたいが増えてきた

  • 生後9ヶ月の赤ちゃんがつかまり立ちをするようになった!|赤ちゃんの成長記録

  • 赤ちゃんは真似をするのが上手!真似をする行動の意味・いつから見られるのか

  • 幼児の知育〜指先の発育|1歳児の指先の発達を感じるお遊び

  • 赤ちゃんのつかまり立ちはいつから?生後9ヶ月の赤ちゃんにその兆候が!