1. TOP
  2. 育児・子育て
  3. 赤ちゃん・子供の行動・成長
  4. 赤ちゃんのハイハイはいつから?練習するときの注意点

赤ちゃんのハイハイはいつから?練習するときの注意点

こんにちはコースケです。

我が家の赤ちゃんも生後6ヶ月半になり、もうすぐ7ヶ月になろうかという月齢になりました。

体の動き方や意思表示なども今までよりもわかりやすくなってきたこともあり、もうそろそろハイハイをする時期なのかな?と気になってきました。

焦ってはいませんが、一般的な赤ちゃんがハイハイをする時期はいつからなのかが気になったので、調べてみました。
また、ハイハイの練習をしている赤ちゃんも多いと思いますので、練習をさせる時に注意したいことも合わせてご紹介します。

赤ちゃんハイハイについて

439760
赤ちゃんのハイハイは体の発達の段階途中の行動と言われています。
歩くまでの経過と言えますね。

まだ足腰の骨や筋肉が未熟な時期は体を支えるのですら大変です。そんな赤ちゃんが少しづつ成長するにつれて首がすわり手の力が付き、筋肉が発達することで体を引きずるように動けるようになるというのがハイハイまでの流れです。

ハイハイの前段階ずりばい

ハイハイは体と頭を手と膝で支えるようにして移動しますが、その前段階として「ずりばい」があります。
これはまだ体を支える力が足りない時期に、体をひきずるようにして前後に動くのがずりばいと言われています。

ずりばいからハイハイというのが基本的な流れですが、赤ちゃんの個人差も大きく、ずりばいやハイハイを通り越してつかまり立ちをしたりするケースもあるようです。

赤ちゃんのハイハイはいつから?生後何ヶ月くらいが目安?

一般的には生後5〜6ヶ月くらいになるとうつ伏せにした状態でずりばいをするように体を動かすようになります。
そして体の発達と共にハイハイをするようになるのですが、生後7〜9ヶ月くらいの間で見られるようです。

この時期になるとお座りが出来るようになるなど、自分で体を支える力が付き始めるわけですね。

ただし、赤ちゃんのペースもありますので、早い遅いを気にしすぎるよりも見守ってあげることが大切だとアドバイスされました。

赤ちゃんのハイハイ・ずりばいの練習の時の安全対策と注意点

iku148

ハイハイやずりばい、うつ伏せの練習はちょっとしたことでケガにも繋がるので注意が必要ですね。
練習をさせる時にはある程度お部屋の環境を整えておくことが大切です。

練習スペースを作る

不意な動きでぶつけてケガをしないように練習スペースを作ることをおすすめします。
床にはカーペットだけでなく、マットを引いて顔を支えきれずに下げてしまった時に強い衝撃がかからないように注意が必要です。

赤ちゃんが泣いたらやめる

赤ちゃんにとってうつ伏せ体勢はとても負担がかかります。体を支える力が足りていない状態で長い時間、練習させるのは体への負荷もかかるので、泣いてしまったら止めて、時間をあけて再チャレンジをすることをおすすめします。

必ず近くで見ていること

赤ちゃんが不意に頭をぶつけたなどのケースもあるので、必ずママやパパは目の前で体を支えてあげる準備をしながら、見守ってあげる必要があります。

マット・カーペットの掃除

マットやカーペット目に見えないゴミや汚れが沢山です。赤ちゃんが顔を下げた時に口に入ったり、吸い込んだりしないように練習場所は綺麗にしておきましょう。

まとめ〜我が家はもう少し先?

418700
我が家でも遊びの中で、うつ伏せの練習やハイハイの練習を取り入れています。
赤ちゃんが泣くと止めてという感じですが、最近では前ではなく、腕の力で後ろに移動することがあるみたいです。(僕はまだ見れていません。。)

ただ最近では、寝返りをするようになったこともあり、少しづつ体を動かす力が発達してきているのを感じますので、ずりばいからハイハイという段階ももう少しなのかな?と思いました。

iku152

\ SNSでシェアしよう! /

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 赤ちゃんの後追いとは?ハイハイをするようになって見られる行動

  • 1歳10ヶ月の子供が親の喧嘩を仲裁する行動を見せた

  • リトミックで音感・リズム感・社会性を育む|いつからできる?やり方は?

  • 赤ちゃんとの「ちょうだい」「どうぞ」のやりとりはいつから?練習は必要?

  • 1歳1ヶ月の赤ちゃんの歯ぎしり|その理由と対処法は?歯が欠けないか心配!

  • 赤ちゃん・幼児のイヤイヤ期はいつから始まる?息子はイヤイヤ行動が増えてきた