赤ちゃんのハーフバースデーとは?お祝いの仕方や食べ物



こんにちはコースケです。

皆さんのお子さんはハーフバースデーのお祝いはやりましたか?先日、友人のお子さんがは生後6ヶ月を迎えてハーフバースデーを行った画像が送られてきました。

よく考えると我が家では息子が生後6ヶ月を迎えた時にハーフバースデーのお祝いはやらなかったのです。
1度しか来ないイベントですので、やっておけば良かったなと思ったりもします。

そんなハーフバースデーは日本発祥ではなく海外の風習だそうです。
今回はそんなハーフバースデーについてのお話です。

ハーフバースデーの由来やお祝いをする意味とは?

現在、日本では赤ちゃんが生後6ヶ月を迎えた時にお祝いするイベントとして広まっているわけですが、発祥であるアメリカやイギリスでは元々、学校などで誕生日の6ヶ月前6ヶ月後に友達みんなでお祝いするといった習慣があるものが、日本では赤ちゃんのハーフバースデーとして定着しているようです。

生後6ヶ月の赤ちゃんは赤ちゃん時期の中でも発達が目覚ましい時期でもあり、離乳食なども始まる時期ということもあって半年間の成長をお祝いするようです。

生まれたばかりの育児で初めてのことばかりな毎日を頑張り、そして無事に成長してくれているのを祝いたくなる気持ちは親として理解できますね。

ハーフバースデーの計算方法

ハーフバースデーの日にちですが、月齢で計算する場合と、しっかり日にちを出してお祝いする場合には365日の半分である182.5日を目安に計算しますが、多くは生後6ヶ月を迎えたタイミングでお祝いをするというのが基本ですね。

ハーフバースデーの祝い方は?

離乳食が始まっているお子さんは離乳食ケーキなどでお祝い

離乳食が始まっているお子さんの場合はハーフバースデー用として離乳食ケーキや使用する食材はいつもと同じでも盛り付けなどを少しこだわって用意する方も多いですね。

離乳食スタート時期ですので、食べられるものが少ないですが、盛り付けなどを工夫することで見た目も華やかなお祝い離乳食になります。

寝相アートや記念写真

最近、人気なのが寝相アートではないでしょうか、お部屋の飾り付けをしつつお子さんを寝かせた状態でメッセージアイテムなどを広げて1枚の写真として残すというのは記念になりますし、人気です。

最近はお店でも寝相アート用のアイテムも沢山販売されていますし、100円ショップなどでもパーティーアイテムも揃いますので、お財布にも優しくお祝いできます。

もちろん、プロによる写真撮影をしてもらう方も多いです。

手形


手形は生まれた時などにも使用されたご家庭は多いかもしれませんね。こちらも用意が楽でお子さんの成長を記録しておける人気のアイテムです。

まとめ

ハーフバースデー時期の赤ちゃんはまだリアクションなどは大きくはありませんが、生まれたばかりとは違い、首が座って体も少しづつしっかりしてきます。

そんな成長を見せてくれる我が子の成長をご家族で祝うというのは毎日、大変な育児の中で頑張って良かったと思わせてくれるイベントなのかな?と思いました。

我が家では特別なことをしませんでしたが、友人のお祝いの画像を見てやっておけばよかったーと思いましたので、迷っている方はやってみてはいかがでしょう?

スポンサー




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です