変額個人年金保険とは?個人年金保険との違いやメリット・デメリット

スポンサー




こんにちわコースケです。

変額個人年金保険は個人年金保険と同様に将来の備えとして利用する保険商品の1つとされています。
ただし、決まった額が支払われる個人年金保険と違い、変額個人年金保険は名前の通り、保険会社の運用によって将来受け取れる年金の金額が増減するという特徴があります。

この特徴を踏まえると将来の備えという面も含めた資産活用という性質も持ち合わせていることがわかります。

こちらでは変額個人年金保険の基本や個人年金保険との違いやメリット・デメリットについてお話しています。

変額個人年金保険の基本

変額個人年金保険は

  • 個人年金保険と同様に決められた年齢になると年金が支払われる保険
  • 受取期間前に契約者が亡くなった場合にはそこまでの保険料払込相当の金額が死亡保険金として支払われる
  • 年金として受け取る金額は保険会社の運用実績によって増減

冒頭でもお話したように変額個人年金保険は契約者が支払った保険料を保険会社が運用を行い、この運用実績に応じた金額が将来受け取る年金の額に影響するというものです。

運用実績が良ければ支払った保険料以上に受け取れますし、運用実績が悪ければ受取金額が少なくなるといった形ですね。
また、商品によって年金の原資部分である払い込んだ保険料総額の元本保証が設定されている商品、逆に元本保証がされていない商品などがあり、保険会社のサービスによって違いがあります。

この特徴によって貯蓄性よりも投資性が高く、資産運用の分野に近いと言われるのが変額個人年金保険です。

変額個人年金保険の運用タイプ

変額個人年金保険は保険料を保険会社が運用するわけですが、その運用先には国内外の株式型、債権型などがあり、ここから契約者が複数ある中から運用先を選びます。

ここからは経済の分野となるわけですが、例えば、日経平均株価、NYダウ平均株価、ドル円相場などを指標として運用先を決め、契約後も運用先の変更や割合などを変更するといったことも行います。

そのため、ある程度の金融商品、経済状況に対して知識が必要であり、日々世界情勢の流れをチェックしておく必要があるため、これらの知識が少ない方にはあまり向いていない面が多いとされています。

個人年金保険との違い・メリット・デメリット

個人年金保険との違いは

  • 将来受け取れる年金額が運用実績によって変動する
  • 受取年金額の最低保証が無い商品がある
  • 契約者によって特別勘定で運用を先を管理し責任も持つ

というのがあります。

メリット

  • 一定の運用実績が得られた場合に返戻率が個人年金保険よりも高まる
  • 個人年金保険よりもインフレに強い

デメリット

  • 運用実績によって受取年金が減る可能性がある
  • 利用時に費用が引かれる
  • 中途解約をすると元本割れする可能性がある

変額個人年金保険タイプ

変額個人年金保険には

  • 元本保証が付いている年金原資保証型
  • 契約から早いタイミングで年金が受け取れる早期受取型
  • 運用実績で積立金が増えた場合、その後の運用が不調になっても一度増えた積立金が減らないラチェット型
  • 契約時に運用の目標額を設定、目標額に達した場合には積立金を確保して年金受取ができるターゲット型

以上に分類されています。

保険会社の商品によって様々な内容が組み合わさっているため、契約時にしっかりと吟味した上で加入する必要があります。

変額個人年金保険の費用

変額個人年金保険を利用する場合、運用を行う時にコストがかかります。

  • 契約初期費用:契約時に一時払い保険料の3~5%程度が差し引かれる
  • 運用関係費用:特別勘定で運用する際にかかる費用
  • 保険関係費用:保険を維持するためにかかる費用
  • 解約控除:契約から一定期間以内に解約する場合にかかる費用

これらがその時々に積立金から差し引かれることになっています。

まとめ

変額個人年金保険の基本をご紹介しました。
特徴を見ていくと将来の備えというよりもゆとり部分で備えを増やしたいという方の運用方法の1つという感じですね。

銀行が低金利な時代ですので、積極的な資産運用を検討されている方にとってはリスクはありますが、リターンも期待できるという面で検討されている方もいるかと思います。

個人的には金融商品への知識が必要ですので、その点とリスクや費用面を含めた検討が必要な保険商品だと感じます。

僕的には安定した年金受取を希望するなら個人年金保険かなと思います。将来の備えを増やすという面では魅力もありますが、実際にはちょっと難しいなという保険でした。

>> 個人年金保険とは?老後の蓄えとして役立つ?メリット・デメリット

スポンサー




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です