1. TOP
  2. 育児・子育て
  3. 子供の健康・ケア
  4. 赤ちゃんの日焼け止めの選び方は?塗り方と落とし方もチェック

赤ちゃんの日焼け止めの選び方は?塗り方と落とし方もチェック

こんにちはコースケです。

前回は赤ちゃんの日焼け対策の必要性やいつから?といった疑問について書きました。

赤ちゃんの日焼け対策はいつから必要?紫外線から守る為の日焼け止め選び

今回は引き続き、赤ちゃんの日焼け対策の日焼け止めの選び方について調べてみました。
塗り方や落とし方もチェックしたので、赤ちゃんの日焼け対策の参考になればと思います。

 

赤ちゃんの日焼け止めの選び方

bb9978aacc866d22d66534faa87fe5d6_s
赤ちゃんの肌はとても繊細ですよね。ですので、基本はなるべく肌に負担が少ないものを選ぶのが基本なようです。

ノンケミカルの日焼け止め

80cec81c1f990c7df8bb340853f3015b_s
紫外線から肌を守る成分には紫外線吸収剤と紫外線散乱剤があり、化学原料である紫外線吸収剤は紫外線から肌を守る効果は高いものの、赤ちゃんの肌には負担が大きいので紫外線散乱剤タイプを選ぶことが勧められています。

また、香料や着色料、パラベン・アルコール・合成界面活性剤が不使用のいわゆる無添加であると、より不要な刺激を与えずに使えるのでおすすめです。

また、赤ちゃんは手を舐めてしまうので口に入ってしまっても安心なものを選ぶこともポイントです。

SPF/PA値は外出先によって使い分ける

4ad89f5504a2d323ab2de5589669d0c6_s

SPF/PA値は高いものが良いと感じてしまいますが、数値が高ければ、その分肌への負担は大きくなりやすいと言われています。基本的な外出時にはSPF20くらい、PA+くらいの日焼け止めを2時間を目安に塗り直してあげるのが肌にも負担が少なくおすすめなようです。

ただし、海、山、屋外プールなど日差しに長時間当たる場所に行く時には、こまめに塗り直しをするか、SPF30以上の高い日焼け止めでしっかりと肌を守ることがポイントになります。

石鹸やお湯で落とせるタイプがおすすめ

4465fefe358b3f06dbc874e4f6772a90_s
洗い流しの時に肌に残ってしまうのを防ぐこと、あまりゴシゴシとこすらなくても落とせることも肌への負担を減らすポイントです。
基本は石鹸などで落とせること、さらにぬるま湯などで落とせるようなタイプも人気なようです。

パッチテストは重要

まだ、どんな成分に肌が負けてしまうか把握しづらい赤ちゃんの肌は大人よりもパッチテストが重要です。
塗ってからかぶれてしまったということがないようにパッチテストは必須ですね。

また、ムラにならない塗りやすさなどもチェックしたいポイントです。

日焼け止めの選び方まとめ

まとめとしては肌に優しく、ムラにならずに伸びが良く、落としやすい日焼け止めが理想ですが、すべてを兼ね備えているとなると、中々希望のタイプが見つからない、価格が高いといった点が出てくるかもしれませんので、優先順位を持って選ぶのが良いかと思います。

赤ちゃんの日焼け止めの塗り方の基本

560909600ebd13c78e02bbb8a9bdb713_s

  • 洋服から肌が露出している箇所に少しづつ乗せる
  • 力を入れずに薄く伸ばしていく
  • 顔は目の周りを避けて塗る
  • 首や首の後ろ、耳の裏なども塗り忘れをしないように注意

 

塗ってあげるのはママが多いと思いますので、自分が日焼け止めを塗るように優しくこすらないように馴染ませることがポイントです。赤ちゃんが大人しくしてくれないことも多いので、塗り忘れがおきないように注意したいですね。

赤ちゃんの日焼け止めの落とし方の基本

7d4f996bb02fa4ad8304345836441dfe_s

基本は石鹸やお湯で落とせるタイプがおすすめです。

石鹸で落とせるタイプなら、お風呂の時にしっかりと泡立て体をこすらないように馴染ませながら落としていきます。
顔も泡を肌に馴染ませて、最後に濡らして絞ったガーゼで優しく拭き取りましょう。

ゆっくりで良いのでこすらずに馴染ませて落とすことが大切なようです。
女性の場合の洗顔などをイメージして泡で馴染ませて汚れを落とすことを意識すると赤ちゃんのお肌にも負担が少ないです。

まとめ〜やっぱり肌に優しいことを重視したい

例えば、僕の経験ですが、赤ちゃんをお風呂に入れて頭を洗う時に頭と背中を手で支えていますが、その抑えていた箇所が赤くなることもあります。赤くなるのはすぐ消えますが、それくらいまだ、外部からの刺激には敏感です。

そういった点から考えて赤ちゃんの日焼け止めも選ぶ必要があると思います。
最近では小児科医が監修した日焼け止めやオーガニックの日焼け止めもあるようですので、色々とお試ししてみたいと思います。

コレ良い!というのがあったらご紹介したいと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 赤ちゃんのミルク作りに使える市販のミネラルウォーターは?

  • 赤ちゃんの飲み水・ミルク作りにおすすめのウォーターサーバー7選

  • 妊活にマカがおすすめされる理由とは?マカサプリの摂取量・注意点

  • 妊活に亜鉛が良い理由とは?男性・女性の摂取量・サプリの選び方

関連記事

  • 赤ちゃんの風邪予防の方法やコツは?繰り返しやすい風邪対策

  • 赤ちゃんのでべそは治るの?超でべそだった我が家の赤ちゃんの場合(画像有り)

  • 赤ちゃんのほっぺが赤くなるお肌の悩み|秋・冬の乾燥対策・ケア方法は?

  • 生後5ヶ月の赤ちゃんとのおでかけ|夏のお祭りに行ってきた記録

  • 1歳の歯磨きでフッ素入り歯磨き粉は使ってる? 歯科で働く妻の場合

  • 赤ちゃん用のベビーソープの種類や特徴について|肌に優しいベビーソープの選び方