保育園の運動会|1歳で運動会に参加した息子

こんにちはコースケです。

週末に1歳5ヶ月の息子が通う保育園で運動会がありました。
1歳の息子のクラスも運動会の競技があり、生まれて初めての運動会に参加することになりました。

僕も親になって初めての運動会ですので、とても楽しみでした。


【スポンサーリンク】



保育園の運動会の流れ


朝、保育園に着くと、息子を一度、先生に預け、僕らは園庭へと移動。
すでに早くきたパパさん、ママさんは保護者席で敷物を敷いて場所取りをしていました。
小学校の時の運動会を思い出します。

息子が通う保育園では全クラスの園児がそれぞれのプログラムに参加します。
0歳や1歳児クラスなどは親子競技もありました。

息子が参加するのは2つの競技で妻と僕とで1つづつ参加してきました。

運動会の時間

保育園によって違いはあると思いますが、息子の保育園では、朝9時過ぎに登園して10時から始まりました。
そしてお昼で終了となります。

保育園によってはお昼休憩を挟む所もあるかもしれませんが、息子の保育園は午前中で終了します。

また、0歳、1歳、2歳といった小さい子供のクラスのプログラムは序盤にあるため、子供のプログラムが終了すると各自子供と一緒に帰宅することもできました。

お兄ちゃんクラスは閉会式まで残るという感じです。

帰宅については保育園によって違いがあるかもしれませんね。

我が家は息子のプログラムが2つ終了した時点で対象クラスの子供におやつとジュースが用意されており、帰宅する場合は先生に告げて帰るという流れでした。

兄弟で通っているご家族は最後まで残っている感じで、園庭にしっかりと敷物を用意しているご家庭はおそらく最後までいるのかなという感じでした。

どんなプログラムがあった?


息子の保育園では

  • 入場行進
  • 開会式
  • 準備体操
  • プログラム
  • 閉会式

という感じです。

ちなみに息子が参加したプログラムは

  1. 競争(コースの真ん中くらいでママ・パパが途中で待っていてそこまで子供が歩き、最後はママ・パパとゴールに行く)
  2. パン食い競争的なもの(0〜2歳クラスまでが参加、子供を抱っこしてコースの真ん中に設置してあるぶら下げられたお菓子を子供が取り、ゴールを目指す)

という感じでした。

保育園の運動会で用意するものは?

今年は初めての運動会ということで下調べをせずに参加しましたが、長く過ごす場合には敷物は持っていった方が良さそうです。
食べ物などは保育園のルールがあるので、そちらを確認しておくと良いですね。
我が家はプログラムの合間は一緒に過過ごしたため、普段のお出かけセットを持ち、水分補給のみをさせて食べ物はおやつはお出かけセットとして持っていきましたが、食べさせませんでした。

敷物が無いと立って過ごすことになるので、敷物はあっても良いかもしれません。
小さいレジャーチェアでも良いですね。

ビデオカメラや遠くからでもしっかりと撮影できる望遠機能付カメラはあると重宝しそうです。
数人のパパさんは本気モードな望遠カメラを三脚に設置して撮影していましたが、僕もほしいなと思いました。

どんな服装が良い?

子供の服装は保育園で指定があると思います。ただ、色については自由であるケースが多いので、やっぱり目立つ色を着ている方が、見つけやすく、わかりやすいです。

息子は蛍光グリーンのTシャツを着ていきましたが、バッチリ見やすくなりました。

逆に白、薄いピンクなどの淡い系の色は周りに馴染んでしまうなーと思いました。
好みもありますが、クッキリ、ハッキリとした色は目立つのでおすすめです。

親子競技もあるので動きやすい格好を

ママ・パパも親子競技で参加するケースもありますので、動きやすさを意識しておくと、楽ですね。
スニーカーやTシャツ、ママさんの場合はパンツスタイルが基本だと思います。

意外に親子競技はパパさんの参加も多かったので、パパさんもしっかりと動きやすい格好で望むのが良いかなと思います。

ただ、本格的な運動になるプログラムは少ないので、あくまで動きやすいくらいで十分だと思います。
紫外線対策として帽子や日焼け止めは持って行ったほうが良いと思いました。

日傘はさしている方も居ましたが、正直周りの視界の妨げになったり、狭い場所だと、ぶつかること(後ろからツンツンされました笑)もあるので、使用する場所や周りへの配慮が必要かと思います。

息子の頑張りに大満足

運動会の前から練習、リハーサルもあったようですが、息子は沢山の人が居て怖かったのか練習では泣いてばかりだったそうです。しかも練習時期にアデノウイルスで1週間休んだりもしていたので、ほとんどリハーサルには参加できていなかったためか、先生から「入場行進の時は息子君から見えない場所から見守っててあげてください」と言われたくらいです。

僕らも「多分、入場からずーっと泣いているね」と話していましたが、いざ、入場行進が始まると泣かずにちゃんとお兄ちゃんクラスの子と手をつなぎ所定場所まで歩き、準備体操も先生の動きを見て体を動かし、開会式が終わると、園児席までしっかりと歩いて、自分のプログラムが始まるまで、他のクラスの子がやっているプログラムの音楽に合わせて手を動かすなど、泣かずに頑張っていました。

ただ、親子競技でママの姿を目にしたとたんに、近づこうとしたのですが、スタートまで待っていなくてはならないため、それで泣いてしまいまったのですが、それでも、その時までは泣くこともなく過ごしていたので、大満足です。

ちなみに息子が参加した競争はママの所まで歩くのは5人中2番目でしたが、ママの所に行ってからは抱っこをせがみあるきたがらず、結局ゴールした時は最下位でした笑

↓ママとの親子競技後、最近息子のお気に入りの良い顔ポーズです笑

まとめ

運動会と言っても、小学校の運動会よりは規模は小さいですが、それでも先生たちが準備してくれた運動会らしい雰囲気を楽しめました。

自分の子供だけでなく、小さい子供が一生懸命プログラムに取り組んでいる姿はなんだか感動しました。

短い時間ではあったものの、十分息子の人生初の運動での勇姿見ることができ、大満足です。

スポンサーリンク
離乳食・子供の安全な食事づくりにおすすめ

【PR】 離乳食・子供の安全な食事づくりにおすすめ野菜宅配サービス!

シェアする

フォローする