子供用補助便座とおまるの違いとメリット・デメリット

こんにちわコースケです。

前回の記事で1歳8ヶ月の息子のトイレトレーニング用に補助便座を購入したことをお話しました。

ただお子さんのトイレトレーニングサポート器具としてはおまるのほうが知名度が高いような気もしていました。僕個人がそうだったというだけなのですが、実際に補助便座とおまるの違いやどっちがおすすめなのか?迷う方も多いと思いますので、補助便座とおまるのメリット・デメリットなどを実感を元にお話したいと思います。


【スポンサーリンク】


補助便座とおまるどっちを使う?違いについて

補助便座とおまるはどちらもお子さんのトイレトレーニング用の器具として知られています。
実際にトイレトレーニングを始めようかと考えた時にはあると便利なアイテムです。

おまるの特徴

おまるは僕が子供の時にも登場しているトイレトレーニング用アイテムです。
僕はトイレトレーニングと言ったらおまるだと思っていた方でした。

おまるはトイレに置くというよりも、トイレ以外の場所において用を足す習慣付けをしていくアイテムというもの。

一般的にはリビングなどでの使用という感じでしょうか。

形状としては持ち手がついていてまたがって用を足し、底面に排泄物が溜まる仕組みですね。

おまるのメリット・デメリット

おまるのメリット
  • トイレ空間に慣れていない・こわがるお子さんに使いやすい
  • 子供が安定して座って用を足しやすい
  • おもちゃのような見た目もあり、遊び間隔でトイレトレーニングを行える
  • 部屋内に置いてあるため、慣れてくると子供が自分から用を足しやすい

という点がメリットだと感じています。

やっぱり幼児期は慣れない場所は不安を感じることも多いですし、トイレ空間を嫌がるケースも多々あるので、おむつではなく、おまるでする習慣を付けやすい点と、たとえおしっこと言ったので、トイレに連れて行ったけど結局しなかったというようなちょっとした労力を使うことを減らせるメリットがあるかと思います。

おまるのデメリット

逆にデメリットと感じる点は

  • 衛生面・臭いに対する対処
  • 用を足した後の処理
  • 用を足す時以外の置き場所
  • おまるに慣れてからトイレでするのにもう1ステップ必要になる場合も

おまるの場合は使いやすさはあるものの、トイレの後の処理に気を配る必要がありますね。
特に排泄物はウイルスなども含みますので、しっかりと掃除をする必要があります。

リビングに置いた場合などは臭い対策にも気を配る必要があると思います。
こういった点から普段の置き場所なども考える必要があります。

また、おまるに慣れたは良いけど、トイレは嫌がるといったお子さんの場合、もう1ステップの慣れ・習慣を作るトレーニングが必要という点が考えられるかと思います。

補助便座の特徴

補助便座はトイレの便座の上に乗せて幼児でも安定して座りやすい大きさに調整された便座です。
トイレ空間に慣れさせたい時に便利で安全にトイレを利用するのに役立ちます。

補助便座のメリット

  • トイレ空間に慣れさせたい時に便利
  • トイレに置いておける大きさなのでトイレトレーニングをトイレ内で完結しやすい
  • 排泄後の処理がおまるよりも楽
  • トイレに慣れることで、他のトイレにも慣れるのがスムーズ
  • トイレ内での一連の行動を教えやすい

補助便座のメリットはやはり、トイレトレーニングをトイレ内で完結させやすいということだと感じています。
トイレに行ってズボンや下着を脱ぎ、補助便座に座って用を足す、用を足し終えたら綺麗にして流すという一連の流れも少しづつ教えていくことができます。

また、トイレに用を足すため、臭いや排泄物の処理が無いため、衛生面はおまるよりも良いと感じます。

また、普段の置き場所もトイレに置いておける大きさや壁掛け可能なタイプも多いので、保管もしやすい点があります。

補助便座のデメリット
  • 子供がトイレに慣れるまで怖がる可能性がある
  • 補助便座の形状によっては安定性に欠ける場合も
  • 足の置き場所が安定しない場合にいきむのが難しい
  • もよおした時に一人でまたいですることが難しい
  • トイレに連れていったけど結局しなかったという苦労もある

補助便座を使用する時にはまず、トイレという空間に慣れることが最初のステップですので、そこに慣れるまではお子さんも嫌がってしまうケースが多いようですね。

また、大人用のトイレですので、高さがあり一人で用をたすのはちょっと難しいので、しっかりと大人がサポートをする必要があります。
そのため、おしっこ!と言ってトイレに連れていったけどしなかったといった時などはちょっと疲れちゃうかもしれないなーと思いました。

補助便座とおまるどっちがおすすめ?

個人的には段階を踏むことを面倒だと感じない方の場合はトイレトレーニングスタート時はおまるから初めてトイレをする行動を理解して慣れてきたら、場所をトイレに移して補助便座を使ってトイレに慣れていくというのが良いかと思いますが、そのために2つのアイテムを購入するというのはちょっとという方も多いと思います。

そういった場合にはやはり先のことを考えると補助便座の方が長く使っていけるという点、そしてトイレ後のお掃除や処理の負担が少ない点で個人的には補助便座が今の時代には合っているような気がしています。

ただし、おまるよりも、最初のスタート時は練習が必要だと思います。

補助便座を導入した我が家の場合


我が家は補助便座とおまるの特徴を踏まえて補助便座を選択しましたが、やっぱり慣れるまではかなり練習が必要かなと思っています。

息子を座らせてみたのですが、やっぱり怖がってしまったので、トイレの中でこちらも抱っこをするような形で安定させ安心していきめる状況作りをしなくてはいけないのと、まずはトイレでいきむということを理解してもらうということが必要になりますね。

昨日も息子が「ちっち!」とおむつ部分をさわって言ったので試しにトイレに連れていってみましたが、座らされた途端に降りたがってしまいました。。

しかも息子からすると「ちっち」といっただけでズボンとおむつを脱がされて慣れない場所に連れて行かれるというのはちょっとした恐怖かもしれないので、この点は慎重に取り組まないと行けないなと実感しています。

おまるのように気軽に「座ってごらん」というわけにいかないのが、補助便座の苦労する点かなと感じています。

おまると補助便座の両方の機能を持つアイテム

ただ、おまると補助便座はどっちが良いの?と悩んでしまう場合、もしくは段階を経てトイレトレーニングをしていきたいけど、器具をいくつも購入するのはちょっとという方も多いです。

そんな方はおまると補助便座の両方として使えるタイプのアイテムもあります。これはおまるの形状から、便座部分が切り離し可能なタイプなので、トイレトレーニングスタート時はおまるで、そして少し慣れてきたら補助便座として使うといった使い方が可能です。

個人的にはこのタイプが便利だと思ったのですが、置き場所などの面から補助便座を選択したのですが、スムーズなトイレトレーニングという点では便利だと思います。

トイレトレーニングの口コミ

実際に僕の周りのママさん・パパさんにもトイレトレーニングのお話を聞きましたが、やはりトイレに慣れるまでが大変だったという声も多いです。

まずはママ・パパと一緒にトイレにいってトイレをしている時に一緒にいて「ちっちが出る時はここに来るんだよ」と伝えながら、少しづつ空間に慣れてもらったという人が多かったです。

あまり早くにトイレトレーニングを開始しても意思疎通が難しかったりするので、うまく伝わらずにイライラしてしまうということもあるので、早くから始めるのが絶対正しいとは限らないと感じたママ友さんもいましたね。

おまるの場合にはおもちゃと勘違いしたり、手を入れたりおもちゃを入れたりといった行動もあったようなので、衛生面は特に気を使ったという声もありました。

まとめ

トイレトレーニングに使用するおまると補助便座はお子さんの体の大きさなども関係してくるので、まずはお子さんが安心して用を足せることを基本に考えて選ぶのが良いかなと思います。

また、器具だけでなくトイレは何をする場所なのかといったことを絵本などで少しづつ教えていくといったこともトイレトレーニングの基本ですので、これらを含めてトータル的にスムーズなトイレができるまでのステップを踏みやすいアイテムを取り入れるのがポイントですね。

我が家の息子もこれからですので、大変なことも多いと思いますが、その中でトイレトレーニングに役立ったものは、ご紹介していけたらと思います。

スポンサーリンク

 


【スポンサーリンク】



 

離乳食・子供の安全な食事づくりにおすすめ

【PR】 離乳食・子供の安全な食事づくりにおすすめ野菜宅配サービス!

シェアする

フォローする