赤ちゃんの哺乳瓶の消毒はいつまで必要?やめるタイミングとは?

こんにちはコースケです。

我が家の赤ちゃんももうすぐ1歳を迎えます。離乳食も毎日3回食べ、栄養補給のメインはミルクから離乳食に移っています。
そこで気になるのが、赤ちゃんにミルクを与える時に使用する哺乳瓶の消毒はいつまで行うべきなのか?という疑問です。

今回はそんな哺乳瓶の消毒はいつまで行うものなのか?必要性についてのお話です。


【スポンサーリンク】



赤ちゃんの哺乳瓶などの消毒の必要性について

生まれたばかりの赤ちゃんはママの免疫に守られているものの、それでも大人の免疫力には遠く及ばない状況です。
よく、100日くらいまでは人ごみには連れて行くのを避けることを勧められるのもこれが一つの理由ですね。

そして口に直接入れるものに関しては抵抗力が少ないこともあり、雑菌が直接口に入るリスクを最小限に減らす必要があるというのが消毒の目的です。

スポンジブラシや乳首専用ブラシなどを使用してしっかりと洗っても雑菌を残らず洗い流すのは難しいということで、洗浄後に消毒をする必要があるというわけです。

主な哺乳瓶の消毒方法

哺乳瓶の消毒方法には主に

  • 熱湯による煮沸消毒
  • 電子レンジを使った消毒
  • 薬剤を使用した浸け置き消毒

以上の三つが一般的かと思います。

熱湯による煮沸消毒

道具が少なくて済むのが熱湯による煮沸消毒ですよね。母乳メインの方などは沸騰したお湯に入れた後に自然乾燥で済ませることができます。

電子レンジを使った消毒

最近は赤ちゃんの哺乳瓶や食器なども電子レンジ対応のものが増えてきました。これらの電子レンジ対応のものは専用の容器や袋などに入れて熱での消毒をする方法です。

短時間での消毒が可能で、沢山消毒する食器などがある時にも、短い時間で消毒を終えられるのがメリットでしょうか。

薬剤を使用した浸け置き消毒

こちらも手間が少なく人気な薬剤(次亜塩素酸ナトリウムなど)を使用した浸け置きの消毒方法です。
ミルトンなど、専用の箱に薬を入れた後に水を入れてそこに哺乳瓶などを入れておくだけです。

一定時間(1時間以上)浸け置いたら自然乾燥をさせておくことで、そのまま使用できます。
薬剤は1回作れば24時間以内は繰り返して使用できるので、手間は少なめです。

我が家の消毒方法

我が家は赤ちゃんが生まれた新生児時期はミルトンを使用していました。
時間は必要ですが、消毒液でしっかりと消毒することもできますし、消毒液を作るだけで、洗った後は専用ボックスに哺乳瓶を入れるだけなので、楽チンでした。

その後、生後4ヶ月くらいから次は電子レンジでの消毒に移行しました。
理由はもうすぐ離乳食が始まる時期ということもあり、消毒が必要なものが哺乳瓶以外も増え始めるということもあり、短時間(1回5分くらい)で消毒を終えられる方法に移行した感じです。

ミルトンは消毒方法としては楽で安心ですが意外にコストもかかりますし、この辺を考えて移行した形ですね。
今でも電子レンジを使用した消毒方法を行っています。

この方法も難しいことはないので、食器を洗った後に赤ちゃんの哺乳瓶や食器を洗い、専用ボックスに入れてレンジへGo!という感じで手間もかかりません。

哺乳瓶の消毒をやめるタイミングとは?


大人はコップで飲み物を飲んでも消毒を毎回するということはありませんが、赤ちゃんの場合は毎回、哺乳瓶や食器などを何らかの形で消毒を行っていると思います。

我が家の場合は生まれたばかりの時から母乳よりも粉ミルクの方が量が多かったため、毎回消毒はもちろんですし、哺乳瓶も2つ用意して交互に使っていました。

時々、洗うのを忘れていて急いで洗って消毒してということは何度もあります。正直、消毒が必要なくなったらかなり楽になるのになーと思ったりはすることがあります。

実際には生後6ヶ月くらいには哺乳瓶の消毒をやめても問題はないとされています。(厳密には生後3〜4ヶ月でも良いとされています。)
これくらいになると、指しゃぶりをしたり、オモチャを口に入れたり舐めたり、洋服やスタイをカミカミなど、哺乳瓶やおしゃぶりを消毒しても他から雑菌が口に入ってしまうことも増えてしまうことが増え始めますが、少しづつ赤ちゃんの免疫力が向上することもあり、必ず消毒しなければいけないというわけではないようです。

実際に先に出産をしていた僕の友人に聞いてみたところ、離乳食中期から後期くらいには辞めたということです。

やめるタイミングはそれぞれの家庭の考え方による

実際には生後6ヶ月くらいには消毒をやめても問題は無いようですが、我が家は1歳になろうかという時期でも毎回、哺乳瓶はもちろん、離乳食の食器や離乳食の小分け用ストッカーまで消毒しています。

実際には必要が無いのかもしれませんが、電子レンジの消毒に切り替えてからは洗ってしまえば、後はレンジでチンをするだけなこともあり、特に辞める理由が無いというのが正直な所です。

この点に関しては各ご家庭の衛生面の意識によっても違いますし、そこまで神経質にならなくても良いという考えもあると思うので、消毒を続けることがストレスでないなら、気が済むまで続けても良いのでは?と思ったりします。

まとめ

哺乳瓶の消毒は生後3〜4ヶ月までは継続が必要ですが、生後6ヶ月くらいにはやめても問題は無いようです。

ただ、この判断は各ご家庭の考えによって違いはあるみたいですね。

我が家のように1歳になる時期まで消毒を続けているという家庭は多いですし、タイミング的には哺乳瓶の使用頻度が減ることや、保育園など集団生活をするようになる頃には自然と消毒の回数が減っていくのかなと想像しています。

スポンサーリンク
離乳食・子供の安全な食事づくりにおすすめ

【PR】 離乳食・子供の安全な食事づくりにおすすめ野菜宅配サービス!

シェアする

フォローする