赤ちゃんの冬の外出・お散歩は必要?赤ちゃんの体を強くするメリット

569786

寒い季節になるとお外に連れて行く機会は春や夏と比べると少なくなりがちですよね。
外に連れていくと風邪を引いてしまいそうで、躊躇してしまうことも多いのではないでしょうか?

実際、我が家が住んでいる地域は雪も降りますし、冬はとても寒くなります。
そんな時に赤ちゃんを連れて外出させた方が良いのか?控えた方が良いのか迷っていました。

そんな時に妻のお母さん(現役の看護師さん)に相談してみて色々とアドバイスをもらったので、ご紹介したいと思います。


【スポンサーリンク】



赤ちゃんの冬のお散歩は必要?メリットについて

寒いお外に連れていくというと、赤ちゃん自体も寒くて可愛そうかなと思ったりもしていましたが、赤ちゃんにとっては防寒などの寒さ対策をしていればメリットも多いそうです。

だから、親が面倒臭がって連れて行かないのはダメだよというアドバイスをもらいました。

ちなみに赤ちゃんが冬に外に出ることのメリットには

  • 冷たい空気に触れて寒さに対する免疫をつける
  • 冷たい空気を吸う事で器官や呼吸器を強くする
  • 新鮮な空気を吸える
  • 気温差・寒さ自体に触れる新しい体験
  • 赤ちゃんのストレス解消

赤ちゃんにとっては新しい経験にもなり、冷たい外の空気は免疫や体を強くするためにも良いことも多いということです。
逆に室内は暖かいですが、部屋の空気の汚れや乾燥、ホコリなど赤ちゃんにとっては良いことだけではないので、短い時間でも外の空気に触れるということは大切だと言われました。

冬のお出かけで注意したいこと

442661

もちろん初めて寒い季節に外出する時には注意も必要ですよね。

例えば、

  • 外の寒さで赤ちゃんが風邪を引きそう
  • 寒さと空気の乾燥で肌にも影響がありそう

というのが一番気になりますよね。
また、僕らが住んでいる地域は雪も積もるので、雪道を歩くというのはちょっと不安があります。
ただ、これらは防寒対策を行い、出かけた後のケアで対策をしながら赤ちゃんの体を強くすることを考えて短い時間でも外の空気に触れることは大切と言われました。

その上で注意するべきは

  • 帰宅後のウイルス対策
  • 外の気温に適した洋服選び・防寒対策
  • 冬の乾燥対策
  • 散歩の時間
  • 天気が悪い日は無理をしない

冬は他の季節よりも気軽に外に出やすい季節とは言えませんので、お外に出る前と帰ってきてからのケアに気を配る必要があります。

帰宅後のウイルス対策

冬のお出かけで一番気になるのは風邪などのウイルスに感染してしまうことですよね。
うがいができない月齢の赤ちゃんの場合は、水分を摂ること喉のウイルスを洗い流してあげると良いそうです。
また、手や顔(鼻・口周りを中心に)は暖かいタオルで拭いてあげることで湿度に弱いウイルス対策にもなりふき取ることもできます。

外の気温に適した洋服選び・防寒対策

肌着・洋服の上にアウター、ニットや帽子を着させて防寒対策をします。
特に足は冷えやすいので、長めの靴下でふくらはぎ付近までしっかりと寒さ対策をしてあげるのがポイントですね。
ウチは冬用にジャンプスーツを購入しました。

ただし、赤ちゃんは暑がりで汗をかきやすいので、着せ過ぎは逆に汗が冷えて寒くなってしまうこともあるので、長時間の外出で室内と外を出入りする時には、アウターを脱がせるなど着せ過ぎによる暑さにも注意したいですね。

冬の乾燥対策

冬は大人と同様に赤ちゃんの肌も乾燥しがちです。
ウチの赤ちゃんも最近、ほっぺたが赤くなったり乾燥を感じることも増えてきたので、外出前、外出後の肌の保湿い気を配ってあげる必要があります。

特に出かける時にしっかりと保湿をしたものの、家に帰ってきてからケアが不十分だと乾燥を感じやすくなるので、手や顔を拭いた後はローションなどで保湿をしてあげましょう。

また、日差しが強い日も含めて紫外線は冬も降り注いでいますので、帽子やベビーカーの場合はサンシェードなどを使用して肌を守ってあげることにもイントです。

散歩の時間

散歩をする時間は太陽が上がっている午前中と午後3時くらいまでがおすすめで、最初からあまり長い時間お散歩するのではなく。10分や20〜30分くらいからといった感じで少しづつ寒さに慣れさせていくようにすると赤ちゃんにも負担は少ないですね。

長時間外にことよりも1日の中で新鮮な外の空気に触れるということが大切だと言われました。

天気が悪い日は無理をしない

天気が悪い日は無理に外に出る必要は無く、赤ちゃんやママの体調面を考慮してお外に出るようにすることで、風邪を引いてしまうということも防げます。

ママにとっても毎日出かけなきゃ!というのは見えないストレスになりますので、あくまで天気が良くてママと赤ちゃんの気分が良い時など、状況に合わせた上でお外の空気に触れるようにするのが望ましいですね。

まとめ

586804

寒い季節なので、お出かけにも気を使ってしまいますが、それでも赤ちゃんにとっては体を強くするために必要なことも多いということなので、妻も寒いけどお出かけしないとなーと言っていました。
僕は平日は無理ですが、週末は妻の変わりにお散歩に連れていきたいと思います。

冬は色々と準備が必要な季節ですので、赤ちゃんとの冬の過ごし方についても書いていきたいなと思っています。

スポンサーリンク
離乳食・子供の安全な食事づくりにおすすめ

【PR】 離乳食・子供の安全な食事づくりにおすすめ野菜宅配サービス!

シェアする

フォローする