一升餅(一生餅)の意味や使い方、購入場所と食べ方は?|赤ちゃんの1歳のお誕生日祝の行事

こんにちはコースケです。

先日、我が家の赤ちゃんが1歳を迎え、家族でお祝いをしたのですが、その際に一升餅(一生餅)も背負わせました。うまく立てませんでしたが・・笑

赤ちゃんから子供の時期は節目で色々なお祝い行事がありますが、一升餅(一生餅)もその一つです。
ただ、実際に一升餅を背負わせたいと考えても購入場所や使い方がイマイチわからないという方も多いです。

今回は、実際に一升餅(一生餅)を購入するのに際して色々と調べたり、話を聞く事ができたので、一升餅(一生餅)の意味、購入する時の場所、背負わせ方についてお話したいと思います。


【スポンサーリンク】



一升餅(一生餅)の意味・由来は?

一升餅(一生餅)は、一生食べ物に困らないように、これからの一生が健やかになるようにという願いを一生と一升にかけて背負わせるために用いられます。

お餅は古くから神様へのお供えものに使用される神聖な食べ物の一つでもあったこともあり、1歳の節目をお祝いするのと同時に神様へ、子供の成長をお願いする行事とされています。

一升餅は一生餅の他に

  • 誕生餅
  • 踏み餅
  • 立ったら餅
  • 背負い餅・しょい餅
  • 力餅

といった呼び名があり、地域によって名称に違いがある他、背負わせ方などにも違いがあるようです。

一升餅の重さ・大きさ


一升餅は一升分のお米を用いて作るお餅です。

一升はお米約1.5kgほどで、お餅にした時には約2kgくらいになります。
実際に実物を持ってみましたが、ズシっとくる重さですので赤ちゃんにとっては大変な作業かなと思います。

一升餅の特徴・種類


一升餅は自宅で作ったお餅を使用していたようです。作ったお餅に食紅を使用して名前を書いたり、めでたいということで「寿」と書き込んだりといった風習もあったようですね。

その土地によって用いられるお餅の内容が違う場合もありますが、最近は

  • 紅白餅(2つで一升の重さ)
  • 小分け餅
  • イラスト入りのお餅
  • デザインタイプ(ハート型など)

といった時代とニーズに合わせた内容のものがあるようです。

我が家はシンプルな紅白餅でした。

一升餅の使い方・背負わせ方

一升餅の使い方は地域によって違いはあるようですが、お餅を布や風呂敷に包んで背負わせるというのが一般的です。
専用のリュックや袋を用意しているお店なども多いですね。

赤ちゃんの首に負担がかからないように大人がサポートしながら背負わせます。
風呂敷や布を使う場合には斜めがけをして背負わせるのが一般的です。

リュックや法被などで背負わせるタイプは両肩で支えられるので赤ちゃんにとっては負担が少ないかもしれません。

一升餅を背負って立つのが良い?転ぶのが良い?

一升餅を背負って立ち、歩くことができると、親御さんからすると成長を感じられる瞬間かもしれませんが、昔は早く歩きだすのは家を離れるのが早まるため良くないといった考え方があり、背負わせて立っている赤ちゃんを転ばせたりする地域もあったそうです。

ただ1歳時期の赤ちゃんにとって約2kgのお餅はとても重たいので、立てる子もいれば立てない子も居て当然ですので、立ってくれたら縁起は良いですが、立てなかったり転んでしまっても悪くとらえる必要は無くお祝いですので、良い意味で捉えてしまって構わないそうです。

我が家の赤ちゃんは立ち上がることにも時間がかかりましたし、つかまり立ちもおぼつかずでしたが、ちょっとの間だけ立つことができましたが、すぐに転んでしまいましたが、家族にとってはその様子そのものが幸せでめでたい時間だと感じましたので、意味は深く考える必要は無いですし、特に気になりませんでした。

一升餅の購入場所は?

我が家は近くで古くから営んでいる和菓子屋さんがあったので、そちらで一升餅を注文しました。
紅白餅で餅を入れて背負うための法被付きで用意されていました。

最近ではお店以外に通販などでも購入できますし種類も豊富ですので、お好みの一升餅を探すのも良いかもしれません。
ただ、時期などによっては混雑する(お餅屋さん、和菓子屋さんの繁忙期など)ので、早めにリサーチをして納期がどれくらいかかるのか?といった点をチェックしておくと良いですね。

他にもお餅自体は生の餅タイプですので、賞味期限は1週間も持たないので、その点も考慮して注文することをおすすめします。

しきたり、こだわりが無いならリュックタイプがおすすめ

お餅を風呂敷に包んで背負わせるというのが基本ですが、お住いの地域のしきたりやご家族のこだわりが無いならリュックタイプや法被タイプなど背負った時にバランスが取りやすいものを選んだ方が赤ちゃんも立ちやすいかと思いました。

お餅は小分けだと食べる時、保存に便利

妻のお姉さんのお子さんが1歳を迎えた時の一升餅は小分けになっているタイプでしたが、我が家は2つに分けたお餅でした。

お祝いをした後にみんなで食べられれば良いですが、全部を食べきるにはけっこうな量がありますので、保存することも考える必要があります。

生のお餅ですので、保存自体は冷凍することになると思いますが、解凍して食べる時にも便利ですし、食べる時にも小分けだと必要量だけを使えます。

生のお餅って切り分けるのが大変なんですよね(包丁に張り付いたり柔らかくて切りづらい)

まとめ

昔は生まれた子供が1歳まで無事に育つということが大変だったと言われています。その中で無事に1歳を迎えることができたことに対する感謝やこれからの人生を健康にいられるようにと願いを込めるといった行事なんですね。

一升餅を背負わせて家族みんなでお祝いするその時間がめでたいということで、立てる立てない、歩けるかどうかよりも、その時間を元気に過ごせていることに感謝することが大切ですね。

あと生のお餅を食べる機会も少ないのでそのまま食べてみましたが、もっちりとして美味しかったです。
これから色々とアレンジして食べてたいと思います。

一升餅の由来について参考にさせて頂いた一升餅本舗さんのHP
http://www.1-mochi.com/user_data/question.php

スポンサーリンク
離乳食・子供の安全な食事づくりにおすすめ

【PR】 離乳食・子供の安全な食事づくりにおすすめ野菜宅配サービス!

シェアする

フォローする