赤ちゃん・幼児のイヤイヤ期はいつから始まる?息子はイヤイヤ行動が増えてきた



こんにちはコースケです。

赤ちゃんから幼児期へと突入する1歳移行は子供の自己主張をする機会や行動が増えてきますよね。
最近では自分がしたい事、自分が行きたい所、自分がしてほしい事などを行動や「ンッ」といった発音で主張してくれます。

この行動はコミュニケーションを取れるようになった喜びを感じる成長ですが、中にはちょっと困った行動もあります。

それはイヤイヤ行動です。

イヤイヤ期っていつから始まるの?

育児本を見てみるとイヤイヤ期とは

  • 1歳から4歳くらいまでの子供に現れる行動
  • 今まで素直だったのが何をするにも嫌がり怒る、泣く行動が増える
  • といったいわゆる第1次の反抗期とも言われているようです。
    今まで受け身だった赤ちゃん時期から幼児へと成長し、自己表現強くなったり反発する行動が多くなるという時期らしいです。

本格的にイヤイヤ期が始まるのは1歳半〜2歳を過ぎたくらいから始まるというのが一般的なようです。
特に2歳は多くのお子さんのイヤイヤ期が本格的化するらしく魔の2歳と言われているくらいの大変な時期でもあるようです。

そして3歳〜4歳くらいに落ち着くと言われています。(けっこう長いですね・・)
ちなみに妻の友人のお宅では3歳のお子さんがイヤイヤ期真っ只中らしく毎日大変なようです。

我が家の息子の場合

まだ本格的な時期ではないと思いますが、自分の主張やうまくいかないことに対して怒るといった表現だけでなく、ご飯をちゃんと食べようとしない、オムツ交換を嫌がる、お着替えを嫌がる、はみがきを嫌がるといった点です。

基本的には自分がしたいことを制限されることで、怒るといった感じです。

この行動を制限されることによって激しく怒ったり泣いたりするため、妻も手を焼いていることが多いです。
これがもうすぐ何もかも嫌!という時期が来ると思うと、我が家も毎日大騒ぎになりそうです。。

イヤイヤ行動にの中にある子供の感情とは

  • イヤイヤしてしまう子供の感情には
  • 自分の気持ちを伝えるのがまだ未熟であるためのイヤイヤ
  • 自分の行動を制限されることへの怒り
  • 自分がしたくない・嫌だと感じていることをされる
  • かまってほしい・ママやパパの反応を見ている

といった感情が含まれていることがおおいようです。

まとめ

育児本を見たり、先輩ママさんのお話を聞くとお子さんによって違いがあるのでこれが正解!ということはなく、根気よく向き合ってコミュニケーションを取りながら子供の感情を汲み取ってあげることが大切とのことでした。

実際に我が家の息子がイヤイヤ期を迎え体験した時に実際に役立った対処法や上手な付き合い方をお伝えできればなと思います。

スポンサー




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です