児童手当とは?金額・手続きや申請方法・所得制限はあるの?

スポンサー




こんにちわコースケです。

出産後に手続きをすることでもらえるお金の1つに児童手当があります。
他の出産手当てや出産育児一時金とは違い、長い期間もらうことになるお金です。

こちらでは出産でもらえるお金の1つ、児童手当の基本である、一人の子供に対して金額はいくらもらえるのか?手続きや所得制限、いつまでもらえるのか?といった点についてお話しています。

児童手当の基本

児童手当は国が行っている制度で、赤ちゃんが生まれると一人に対して給付してくれるお金です。
国が行う子育て支援制度の1つですね。

内閣府のHPでは

児童手当は、家庭等における生活の安定と児童の健全育成を目的とした給付です。

参照:内閣府HP
http://www8.cao.go.jp/shoushi/jidouteate/index.html

というように書かれており、次の社会を担う子供が健やかに成長していくための支援、家庭の生活の安定をサポートすることを目的としているのが児童手当です。

似た名前で児童扶養手当がありますが、こちらは父母が離婚や死別など一方からしか養育を受けられない一人親家庭の子育て、生活をサポートするための支援制度です。

児童手当はいつまでもらえるの?

0歳から中学校卒業(15歳を迎えたあとの3月31日)までの期間となっていて、その期間に児童を養育している方に支給されることになっています。

児童手当のもらえる金額は?

児童手当は子供の年齢と共に変わっていくほか、親の所得によっても変わります。

  • 0〜3歳未満:一律15,000円
  • 3歳〜小学校修了まで:第1子、第2子10,000円・第3子以降:15,000円
  • 中学生:一律10,000円
  • 所得制限以上の方:一律5,000円

児童手当の所得制限

児童手当の所得制限・限度額は960万円未満となっていて、これより上回る所得がある方は年齢に関係なくお子さん一人に対して一律5,000円(特例給付)となります。

例えば、我が家の場合は1歳11ヶ月ですので、15,000円支給ということになります。

所得制限の決定は前年度の所得(収入-控除-8万円を引いた金額)になります。
所得の対象者は受給者の所得を元に決定し、世帯の所得ではありません。

所得に含まれるものは給与所得の他、事業所得、利子所得、配当所得、不動産所得、一時所得、雑所得などがあります。

またお子さんの人数によって所得制限限度額も変わってきます。

受給資格者

監督生計要件を満たす父母のうち、通常は所得が高い方が受給者となります。
また、両親でなくても、子供を養育しているというのが対象ですので、両親に代わって養育されている方が受給者となるケースもあります。

離婚した場合・協議中

離婚をした、もしくは協議中といったケースの場合には子供と同居している親が受給者となります。
この場合には「児童手当・特例給付需給自由消滅届」を提出、さらに「児童手当・特例給付認定申請」を提出して新たに受給申請を行います。

児童手当がもらえるのはいつ?

児童手当を受給されている方はご存知だと思いますが、児童手当は毎月貰えるわけではなく、何ヶ月かに1回の支給となり、その期間分が支給されます。

現在は1年で3回、2月、6月、10月に4ヶ月分づつ振り込まれます。

内訳は

  • 2月支給分:10月〜1月までの4ヶ月分
  • 6月支給分:2月〜5月までの4ヶ月分
  • 10月支給分:6月〜9月までの4ヶ月分

というような分け方になっています。

児童手当は申請してから受給資格を得るものです。そして申請して受理された翌月からが受給対象になるので、遡って支払わるわけではないです。

例えば、4月に申請をした場合には6月支給に5月分のみとなり、10月支給で6月から9月分を全額受給することができるようになります。こればかりは赤ちゃんが生まれる月との兼ね合いですので、仕方ないですね。。また年度の区切り的に早生まれのお子さんがいるご家庭には児童手当などの期間的に色々不満を感じている方も多いとか。。

我が家の息子も生まれた月が支給月後だったため、初めての児童手当は申請してから数ヶ月後という感じでした。

支給日は?

児童手当の支給日は各自治体によって違いがあるようです。多いのは10日、15日と言われていますね。
また曜日によっては支給日が前後する場合があるので、自治体でチェックしておきましょう。

児童手当の申請に必要な書類

  • 児童手当認定請求書兼額改定請求書
  • 印鑑(認め印可)
  • 振込先口座が確認できる通帳やキャッシュカード
  • 健康保険証・年金加入証明書
  • マイナンバー
  • 写真付き本人確認書類(免許証など)

というのが基本です。

一般的には出生届を提出した際に申請書をもらい、その後に手続きをするのがスムーズかと思います。

僕の場合も出生届を仕事の合間に出しに行ったのですが、児童手当の手続きをするとは知らなかったものの、受付の方に教えてもらって言われるがままに手続きをしました。

児童手当の受給を続けるのに必要な現況届

児童手当は最初の手続きをしたら、その後、現況届というもので、現在の受給者条件を確認する書類を提出する必要があります。

この現況届は毎年1回、6月1日時点の状況を自治体に報告するというものです。

現況届自体は自治体から送られてきて、必要事項や現況を書くだけのものですので、難しいことはありません。ただし、注意しなくてはいけないのが、現況届を提出しないと児童手当の受給ができないという点です。また、現況届を2年間提出しない状況で経過してしまうと、児童手当の受給権が失効となってしまうとされています。

まとめ

今月が児童手当支給月でしたので、児童手当の基本についてまとめてみました。
注意したいのは、児童手当は申請しないともらえないお金で、受給後は現況届を提出する必要があるという点でしょうか。

一人のお子さんがいる家庭だけでなく。お子さんが多いご家庭にとっても助かる制度です。国はこの制度周りはしっかりと継続、できるなら底上げしてくれるとうれしいですね。

スポンサー




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です