1. TOP
  2. 家計・ライフプラン
  3. 保険
  4. 自転車保険は必要?子供や家族の自転車事故に備える保険の特徴

自転車保険は必要?子供や家族の自転車事故に備える保険の特徴

こんにちわコースケです。

近年のロードバイク風のカッコイイ自転車ブームや健康ブームなどなど普段の行動を車や電車から自転車に乗り換えて生活しているという方は増えているように感じます。

自転車は下半身も使いますし運動不足解消とストレス解消にも良いです。僕もほしいと考えていた中で自転車保険があることに気づきました。もちろん存在は知っていましたが、

僕や妻は普段、自転車に乗る習慣が無いこと、2歳の息子もまだ自転車に乗るという年齢では無いのであまり気にしていなかったのですがこれから自転車に乗るなら無視できない保険かな?と思い色々と調べてみました。

自転車保険とは?

家族の事故や怪我に備える保険というのは沢山あります。例えば、事故の場合は自動車保険などの損害保険があります。怪我の場合には医療保険などがありますね。

その中で自転車保険は自転車に乗っている時の事故や怪我に対する保障を行う保険です。

基本的には自分たちへの保障というよりも自分や家族が乗っていた自転車で相手を怪我させてしまった時に有用な保険(特約で付加する)という捉え方かと思います。

自動車保険に付いている対物、対人に対する保障の自転車バージョンとも言える、傷害保険または個人賠償責任保険に分類されている保険です。

自転車保険の補償の基本

自転車保険の補償は自分が被害者になる場合に加えて、相手に怪我をさせてしまう加害者になった時の補償をするというのが基本です。

例えば、

  • 自転車に乗っている時の事故や怪我(自分に対する補償)
  • 自転車に乗っていて相手を怪我させてしまった時(加害者になった時の補償)
  • 自転車に乗っていて物や車などにぶつけてしまった時(対物に対する補償)

などが基本となります。

自転車保険の補償例
  • 死亡保険金:自転車事故によって契約者が亡くなった時に支払われる保険金
  • 自転車に乗っている時の事故や怪我への補償:自転車事故による自身の怪我や入院に対する補償
  • 損害賠償責任補償:事故で加害者になってしまった時の補償
  • 示談交渉、弁護士費用の補償:事故を起こした場合に代理で保険会社が交渉や対応をしてくれるサービス、弁護士に依頼した場合の費用補償
  • ロードサービス:自転車乗車中になんらかのトラブルで走れなくなった時に修理や自転車を搬送するサービス
  • 車両盗難特約:自転車が盗難にあった場合の補償

気になる補償は下記のように賠償責任補償を手厚くしながら自身の怪我などにも備えることができます。

賠償責任補償 死亡保険金 入院
1億円〜3億円 300万〜500万円 1000〜6000円ほど

自転車保険の保険料は?

自転車保険の一般的な保険料は一人での契約なら100円〜1000円、家族まで補償範囲を含めた場合でも600円〜2000円くらいまでの範囲で加入できます。
1000円以上の保険料は補償範囲や特約などの付加によるものが多く、多くが低額な保険料で加入できます。

子供は自転車保険に入れる?

個人的には自転車に乗るお子さんが他人に怪我をさせてしまったり、車などにぶつけてしまうといった時の賠償責任補償をつけるために自転車保険に加入したいという方は多いかと思います。
僕自身も自分が自転車に乗る機会が少ないものの、子供はこれから自転車に乗る機会がとても多くなることが予想されますので、子供の怪我への備えプラス対人、対物への備えをしておくのは万が一のことを考えると安心です。

実際に子供を対象にした自転車保険に入る場合には、子供を補償範囲に含めた家族タイプの自転車保険、もしくは本人以外一人タイプなどの保険に加入するのが基本です。
これは保険契約の対象年齢が関係しているためですね。

自転車保険を販売している主な会社

  • 全日本交通安全協会・自転車保険制度:サイクル安心保険
  • 日本交通管理技術協会:赤色TSマーク付帯保険
  • ちゃりぽ「自転車あんしん保険」(1億もっとあんしんプラン)
  • au損保:自転車向け保険 Bycle
  • 三井住友海上:ネットde保険@さいくる
  • 東京海上日動:eサイクル保険
  • イオン保険:イオンの自転車保険
  • DeNAトラベル:自転車の責任保険
  • セブンイレブン:自転車向け保険
  • NTTドコモ:ドコモサイクル保険
  • JCB:JCBトッピング保険(自転車プラン)

自転車保険の加入は必要?

自転車保険にわざわざ入る必要があるのか?と感じる方もいらっしゃるかと思います。
ただ、自転車事故というのは実に身近でも起きやすく、実際に僕自身も怪我はありませんでしたが、過去に3回自転車にぶつけられた経験があります。

  • 1回目:子供の時(5歳くらい)に大人が運転する自転車に轢かれた
  • 2回目:学生の時、雨の日に歩いていると傘を指して自転車に乗っていた女子高生が僕に突っ込んできた
  • 3回目:よそ見運転をしている子供が僕と妻が歩いているところにぶつかってきた

という3回です苦笑

どれも怪我は無かったのですが、2回目に自転車が突っ込んできた時はノンストップで突っ込んできたため1〜2mくらい転がったのを覚えています。その時にはなぜか自分よりも相手のことが心配になってしまったこともあり、問題にもせずに不運だったと思って終わりましたが、これでもし怪我をしていたらと思うと相手が自転車保険などの傷害保険に加入していなかったら面倒な話になってしまいます。

これは僕が受けた体験ですが、自転車に乗る以上いつ自分が加害者になるかわかりません。

実際に自転車衝突して相手に怪我や死亡させてしまった事故で賠償金として9000万円以上の賠償命令がくだされた判例があります。

しかも1件だけでなく、数件ありますし、5000万円を超える賠償命令もあります。

こんな金額はとてもではないですが、個人でどうにかなるものではありません。たった1回の自転車事故で人生が激変してしまう可能性があるということですね。

近年では自転車保険の加入が義務化される自治体も多い

近年では高額化する自転車事故への対応として自転車保険への加入を義務化する自治体や加入を義務努力とする自治体も増えています。

自身ではなく、子供が起こした自転車事故でも賠償責任が生じますので、何らかの形で備えておくというのは家族を守る上でも無視できない保険かなと感じました。

自転車保険は損害保険などのオプションで付加されているケースもある

もし自転車で事故を起こして相手に重篤な怪我をおわせたら数千万円の賠償命令が下るとあっては自転車保険への加入を検討される方もいらっしゃるかと思いますが、実は自転車保険は自転車保険単一だけでなく、自動車保険や火災保険などの損害保険の特約オプションやサービスで付加されている場合があります。ですので、新たに自動車保険に加入する前に、自身で契約している保険のオプションを確認してからが保険料を抑えるポイントとなります。

新たに自転車保険のみ加入した場合よりも自転車保険で自転車保険の特約を付ける方がプラスの保険料が安く抑えられることが多いので、まずは自転車保険のオプションが付いているか?新たに特約で加入可能か?自身だけでなく、家族(子供)までを対象にできるオプションなのか?をチェックしておきたいですね。

子供だけにかけるなら新たに自転車保険に加入しても月100円弱で済む場合もあるので、この点は自身の保険内容と比較するのが良いと思います。

まとめ

自転車保険についてまとめました。

まだ子供も小さいですが、幼稚園や小学校と自転車に乗る機会も増えてくるかと思います。それに付き合って僕らも自転車に乗ることになるかなと思いますので、今後は子供だけでなく、家族までカバーできる保障内容で備えることを検討しています。

子供を保育園に送る時間には自転車でお子さんを乗せて来ているママさんも見かけます。車に乗っているママさんばかりではありませんし、意外に自転車事故は身近な事故と言えます。

自転車に乗るなら自転車保険に入るべきとは、個人賠償責任保険など他の保険の存在もあるので必ずしも言えませんが、都市部にお住まいの方などは自転車事故に巻き込まれる可能性もありますので、なんらかの備えはしておいても良いのでは?と感じました。

自動車と違い自転車には免許が必要無いため、誰でも乗ることができる分、危険な運転をする人も少なくありません。

自動車のように自賠責保険・自動車保険の加入が当たり前というわけではありませんが、これから自転車事故への備えは子供を育てていく上で起こりうる事故ですので、しっかりと備えられたらなと思いました。

\ SNSでシェアしよう! /

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 赤ちゃんのミルク作りに使える市販のミネラルウォーターは?

  • 赤ちゃんの飲み水・ミルク作りにおすすめのウォーターサーバー7選

  • 妊活にマカがおすすめされる理由とは?マカサプリの摂取量・注意点

  • 妊活に亜鉛が良い理由とは?男性・女性の摂取量・サプリの選び方

関連記事

  • 生命保険会社一覧|主な生命保険会社の特徴を知って保険の比較

  • 生命保険会社の介護保険の特徴やメリット・デメリット〜公的介護保険にプラスする必要性

  • ほけんの窓口の特徴と相談時の注意点|生命保険の比較・見直しができる保険ショップ

  • ピースネットの特徴と評判|ネットでFP無料保険相談を紹介するサービス

  • 個人年金保険とは?老後の蓄えとして役立つ?メリット・デメリット

  • カタカナ生保とは?国内生保の漢字生保との違いやおすすめポイント