子供が鼻をかめるようになるのはいつから?1歳の鼻づまり対策

こんにちわコースケです。

寒い季節になると、子供は鼻水がすごいですよね。1歳7ヶ月の息子もちょっと風邪気味だと鼻水と、それにともなって鼻づまりを起こしています。

しかもそれが乾燥するとカッチコチになってティッシュでもうまく取れなかったりします。
そのため、こまめに鼻水を拭き取るだけでなく、お風呂に入って柔らかくなった鼻水を毎日綺麗にしているわけですが、自分で鼻をふーん!とかむことができたらどれだけ楽になるだろうと感じるくらい小さいこどもの鼻づまりは頻度が高いです。

そんな1歳くらいの幼い子供でも鼻をかむ練習をすることで自分で鼻をかむことはできるのか?無理だとしたらいつから練習をするのが良いのか、練習方法などについて、先日インフルエンザ予防接種を受けにいった時に妻にお願いして小児科の先生に聞いてきてもらいました。


【スポンサーリンク】


1歳でも鼻をかむことはできる?

小児科の先生に1歳でも練習したら鼻をかむことができますか?と聞いてみたところ、「ちょっと難しいと思います。」と優しく否定されたようです苦笑

女性の先生で子育て経験もあるためかアドバイスをもらえたそうなのですが、先生によると
鼻をかむという動作はいくつもの動作を行っていることもあり、たとえ「ふーん!」と言って教えても言葉を真似てはくれるものの、「鼻をかむという行為に至るのはちょっと大変だと思います。」と言われたそうです。
教える労力よりも今はママがこまめに鼻水を拭き取ったり、ひどい時には吸引してあげた方が、お互いに楽とのことでした。

子供が鼻をかめるのはいつくらい?


先生によると「スムーズに子供が鼻をかめるようになるのは練習も必要で、実際には早くて2歳くらいからかな」とのこと。それでも3歳くらいのお子さんでも上手に鼻をかめない子はいるので、練習はじっくりとあせらずに順序よく理解してもらえるようにしてあげてとアドバイスを受けたようです。

でも一般的には2歳半〜3歳くらいには上手にかめるようになる子が多いとのことです。

1歳から鼻をかむ練習は必要?

先生はいつからという名言しませんでしたが、1歳後半くらいからは真似っ子も上手になるので、ママやパパが鼻をかむのを見せたりと鼻水が出た時の習慣付けをしてみてはと言われたようです。

子供に教える鼻のかみ方の基本

また鼻をかむのを練習させるときには

  1. ふーん・ふぅーという行動を理解してもらうために口で吹けるように練習
  2. 鼻でのふーん!が理解できたら実際に鼻から息をはく練習をする
  3. 鼻から息を出すのを理解したら片方づつふーん!をする練習(片方の鼻を抑えてあげる)

育児本にも載っていますが、子供へ鼻をかむことを練習させる基本的な練習方法の1つです。
ティッシュを片方の鼻に軽く詰めて飛ばすといった遊びながらの練習もありますね。

1歳7ヶ月の息子の鼻をかむ練習

我が家では息子が風邪を引いたり、鼻水が目立つ時には僕らが拭いてあげるのはもちろんですが、練習とまではいかなくても息子に「ふ〜ん!」と言葉で伝えながら鼻水を拭いてあげたりはしています。

そんな息子はふーんと僕らが言うと口で「ふ〜ん」と言ってはくれることはありますが、まだまだ鼻をかめるようになるのは先になりそうです。

ただ、息子に「鼻水を拭くよ」と言うと止まって少し顔を上げてくれることもあるので、鼻水を拭くという行為自体は少しづつ理解しているのかなと感じています。

まとめ

子供が鼻をかめるようになるのは早くても2歳くらいとのことでした。

保育園に迎えに行くと息子だけでなく、他のお子さんも鼻水を垂らして遊んでいます。
良いのか悪いのかわかりませんが、少しでも楽になるためにはできなくても、鼻をかむ習慣付けはしていこうかと考えています。

スポンサーリンク

 


【スポンサーリンク】



 

離乳食・子供の安全な食事づくりにおすすめ

【PR】 離乳食・子供の安全な食事づくりにおすすめ野菜宅配サービス!

シェアする

フォローする