共済保険とは?種類や生命保険との違いやメリット・デメリット



こんにちわコースケです。

出産後の保険を見直していくと、日々の生活でも保険というものに目が行くようになりました。
最近、気になっているのが共済保険です。

生命保険や損害保険といった保険だけでなく、まだまだ万が一の備えになる保険があるんだと感じます。

今回は共済保険の基本についてまとめました。生命保険との違いや共済保険の主な種類、メリット・デメリットなどチェックしていきたいと思います。

共済保険(共済)の特徴

共済保険は保険会社のように利益を得るためのいわゆる営利目的ではなく、営利を目的としていない保障事業のことを指します。

基本理念は相互扶助となっていて、共済に加入した組合員の人が病気や怪我、事故といった万が一の時に一定のお金を給付します。

この点については生命保険と仕組みは同じですね。

生命保険との違い

上述したように共済保険は営利を目的としていないということ以外に保険金や保険料といった耳慣れている名称も共済では違う表現となります。

生命保険 共済保険
保険金 保険金 共済金
掛け金 保険料 共済掛け金
配当 配当金 割戻金
監督官庁 金融庁 農林水産省
厚生労働省

また生命保険や損害保険には無い点として共済保険の場合は加入する共済の組合員になるという点です。
そして加入には一定の出資金を収めるのが基本です。

生命保険と同様に解約(脱会)した時には解約返戻金のようにお金が戻ってくるタイプと掛け捨てタイプもあります。

共済保険の主な種類

共済保険で用意されている主な保障の種類には

  • 生命共済
  • 火災共済
  • 自動車共済
  • 損害共済
  • 年金共済

などがあります。

大きく分類すると上記がありますが、さらに各共済団体によって細かな保障内容を設定しています。

生命共済

生命共済は生命保険会社で言う所の死亡保険・医療保険に該当する保障が付いている保険です。生命共済の他に傷害共済などもあります。

死亡や事故、怪我、入院や通院に対して保障が行われます。

生命保険と同様に特約を付加することで保障を手厚くすることができます。

また将来の貯蓄もテーマとしている生命共済もあります。

生命総合共済や定期生命共済、子供共済、乗組員公正共済といった共済があり、生命共済の運営団体には農業協同組合・漁業協同組合・生活協同組合・事業協同組合などがあります。

火災共済

火災共済は建物に対して火事や落雷、爆発といった事象に対する保障をしてくれる保険です。

損害保険で扱うような保険ですね。

また自然災害(水害・風害・雪害など)に対して保障ができるタイプ(建物更生共済など)もあります。

火災共済や団体建物火災共済、火災風水害等共済などが有名です。

自動車共済

自動車保険と同様に事故にあった時の保障をする共済です。相手への賠償の他に組合員の方、そして搭乗中の家族や車などへの保障が用意されています。
他にも自賠責(自動車損害賠償責任)共済を用意している団体もありますね。

有名な共済だと自動車共済、自賠責共済があります。

損害共済

事故や怪我などによる怪我や死亡に対する保障を行う共済です。

各団体によって様々なケースの損害に合わせた保障内容が組まれています。

主な共済団体には交通災害共済や交通事故共済、傷害共済などがあります。

年金共済

年金共済は老後の生活資金などの備えとして積立を目的とした共済です。

生命保険にも年金保険などがありますが、基本は同じと言えます。

設定された年齢から年金として一定額が支払われるので、公的な国民年金だけで年金額が不安な方が備えとして加入しているようです。

主な共済団体

  • 農業協同組合:JA共済連
  • 漁業協同組合:JF共水連
  • 生活協同組合:全労済・コープ共済連・大学生協共済連・全国生協連(都道府県民共済グループ)・生協全共連・防衛省生協・神奈川県民共済
  • 事業協同組合:日火連・交協連・全自共・中済連
  • 農業共済組合:NOSAI全国

他にも全国中小企業共済財団や日本税理士共済会などなど全国、各県、業種などによって様々な共済団体があります。

青色申告会(全国青色申告会総連合)が行っている全国青色申告会総連合共済会も個人事業主の方には馴染みがあるかと思います。

参考:日本共済協会HP
http://www.jcia.or.jp/index.html

生命保険と比較した共済保険に加入するメリット・デメリット

共済保険のメリット

  • 掛け金の安さに対する保障の手厚さ
  • 割戻金(配当金)が貰える
  • 共済金の掛け金が年齢などで上がらないのが基本

共済保険のメリットと言えばやはり掛け金の安さと、安さに対する保障の手厚さと言えます。さらに営利目的では無いというのが基本ですので、集めたお金で余剰分が出た時には割戻金として配当金が貰えることもあります。

共済団体によって違いはありますが、生命共済と入院保障などがついた保険でも月2,000円ほどの掛け金で入院日額が民間の生命保険と同じ1万円ついていることが多く、経済的に生命保険に加入するのが難しい時期にもありがたいです。

また、生命保険の定期保険などは更新ごとに保険内容が見直されていき、保険料が高くなっていきますが、共済保険の場合は掛け金は年齢や性別に関係なく上がらないという点で、お財布にも優しいです。

共済保険のデメリット

  • 生命保険とくらべて補償金額の上限がある
  • 貯蓄を見越した保険のバリエーションは少なめ
  • 年齢と共に保障内容が生命保険とくらべて薄くなる

入院などの保障については生命保険と比較しても満足できる内容が多い共済ですが、死亡保障となると上限が設けられていることが多く、下は2〜400万円、上限でも800万円〜2,000万円ほどという共済が多いため、死亡した時に家族に残すお金という面では心もとない面があります。

他にも先進医療や手術に対する保障も生命保険の方が手厚くなっていることが多いため、自分の万が一の保障を共済で、まかなうのは少し不安が残ります。

また、掛け金が年齢で上がらないというメリットはあるものの、年齢と共に保障内容が薄くなってしまうことが多いため、一番病気などで入院することが多い60代以降は保障が手薄になってしまう面があるので、この点は加入を検討する際のチェックポイントといえます。

まとめ

共済保険の基本についてまとめました。
調べてみると、かなりの共済団体があることがわかりました。共済は僕ら世代よりも上の世代、自分たちの親世代の方が、詳しかったりします。

今よりも保険商品が充実していない時期や経済的に難しい時に共済を活用するといったケース、もしくは仕事内容的に民間の保険への加入が難しい、保険料が高くなるといった職種の人達が相互扶助をすることで万が一に備えるという理念があったというお話を親から聞く事ができました。

共済保険への加入を検討しても良いタイプの人は生命保険に加えて保険料を抑えながら保障を手厚くしたい方にはおすすめかもしれません。
また、死亡保障額が高い必要性が無い方にとっては安く入院などに備えることができるので、経済的です。

逆にしっかりと万が一の備えが必要な働き盛りの人や家族がいる場合には死亡保障の限度があるため、不安が残るので、メインにすえる保険とは言えない面があるように感じました。

僕のように個人事業主の場合には保険によって万が一に備える必要性が高いです。でも保険料がその分高くなって経済的に今は良くてもこの先は大丈夫かな?といった時に助かるという印象もありました。

共済保険は様々な共済団体が扱っています。身近な共済保険を見かけたらチェックしてみてはいかがでしょう?

 

>> 生命保険の基本知識はこちら

 

スポンサー




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です