1. TOP
  2. 育児・子育て
  3. 保育園・幼稚園
  4. 慣らし保育の内容とスケジュール|保育園の慣らし保育3日目を終えた体験談

慣らし保育の内容とスケジュール|保育園の慣らし保育3日目を終えた体験談

こんにちはコースケです。

我が家の赤ちゃんがついに月曜日から保育園に通いはじめました。
まだ、入園・対面式を終えて慣らし保育3日目を終了した所ですが、色々と感じることもあります。

特にママさんにとっては職場復帰が待ち構えていますので、今まで以上に負担は大きくなりますし、ご家族の生活習慣にも変化が出てきますよね。

我が家も保育園に通わせるというのに慣れるまでは時間がかかりそうです。

今回はそんな慣らし保育3日目を終えて、妻と少し離す時間があったので、色々と感じたことを聞いてみました。

慣らし保育とは?

そもそも慣らし保育は赤ちゃんが保育園にできるだけスムーズに馴染めるようにするための期間として設けられているようです。

赤ちゃんにとっては慣れない場所、知らない先生、沢山の赤ちゃん、そしてママが居なくなる時間を経験するというちょっとした試練でもあるので、段階を踏んで慣れてもらうというのが目的です。

また、赤ちゃんもそうですが、ママさん・パパさんにも日々の保育園の流れを見たり、実際に行いながら保育園生活を送るための準備期間にもなっています。

我が家が通う保育園の慣らし保育のスケジュール

我が家の赤ちゃんが通う保育園の場合、慣らし保育は親も一緒に保育園で過ごして慣れていくという流れです。

他にも赤ちゃんを短い時間から預けて親は一旦帰宅するという方法など保育園によって違いがあります。
慣らし期間が無い保育園もあるようですし、希望者のみ慣らし期間を設けるといった保育園など様々です。

一般的には

  • 初日:短い時間の保育を行い朝の準備の仕方、消耗品や着替えの置き場所を確認
  • 2日目以降:午前中保育(昼食を食べてから降園する場合も)
  • 4~5日;午後のお昼寝まで
  • その後:状況を見つつ標準保育時間保育で保育をして慣らし保育期間終了

というのが一般的でしょうか、期間の設定については保育園によっても違いますし、慣らし保育期間が無い場合もあるようです。

我が家の場合

  • 初日:入園式・対面式が10時から行われた後、そのまま慣らし保育スタート、昼食を食べて降園
  • 2日目:入園式よりも早い9時に登園し午前中を過ごし昼食を食べて降園
  • 3日目:9時に登園し午前中を過ごし昼食を食べて降園

そして今日4日目からは朝9時に登園して赤ちゃんを1時間半ほど預けて妻は一旦帰宅するようです。
ついに妻が居ない状況を赤ちゃんが体験して、実際の保育に向けて慣らしていく流れですね。

保育園の説明では、親子での慣らし保育を3~4日行い、食事が摂れるようになってからお昼寝、その後1日保育という流れで進めていくようですが、今回のスケジュール的には5日ほど使って赤ちゃんの慣れ具合を確認するような印象です。

お世話になる保育園の一日のスケジュールが

  • 8時に登園
  • 11時昼食
  • 13時お昼寝
  • 15時おやつ
  • 順次降園

というのが基本となっているようですので、実際の登園時間より少し遅いですが、この時間に合わせながら現在は昼食を食べて帰宅してきているようです。

慣らし保育を体験して感じたこと

妻から慣らし保育の話を聞くのですが、やはり不安の方が大きいようですね。

お世話になる保育園は認可保育園ですが、それでも赤ちゃんの数に対して保育士さんの数は足りていないという印象を受けるようで、こちらの不安もそうですが、保育士さんの大変さも感じているようです。

入園説明会の時に話をした保育士さんも、説明会の時には穏やかな方という印象ですが、実際の保育の際にはテキパキ、ビシビシと周りと連携を取りながら赤ちゃんのお世話をしてくれているようです。

不安点として感じているのが

  • どうしても泣いている赤ちゃんに対して目を向けるため、泣いていない赤ちゃんは悪く言えば放置
  • 一人遊びをしている最中に物を口に入れたりするのが心配
  • 食事もまだ一人で食べられない時期だが一人ひとりに時間をさける感じではないのでちゃんと食べられるか不安
  • 昼寝の時間にちゃんと寝られるか?
  • 他の赤ちゃんとの触れ合い

現在は慣らし保育期間のママさんも来ているので、保育士さんの目が届いていない時にママさんが自分の赤ちゃん以外のフォローをすることもあるので、実際の保育が始まった時にちょっと心配なことが多いようですね。

我が家がお世話になる認可保育園の1才児クラスでは妻が見たところ約14人の赤ちゃんを4〜5人の保育士さんが担当しているようです。

どうしても目が届かないということは避けられなさそうです。
個人的には保育士さんは頼りになりますし、信頼していますが、大きな怪我や事故だけはなんと防いでいただきたいと強く思います。

まとめ

実際に保育園に通い始め、慣らし保育期間ですが、やはり我が家の生活にも変化を感じています。
妻も赤ちゃんと離れたくないという感情と不安、職場復帰をすることの不安など、色々と複雑な心情というのは見て取れます。

その中で少しでもスムーズに保育園に慣れてくれれば良いのですが、最低1ヶ月くらいは大変なのかなと覚悟していますが、どうでしょう。。

そしてこの記事を書いている最中に保育園から電話あり、「赤ちゃんが泣き止まないので、もうそろそろ迎えに来てください」と連絡があって妻は急いで保育園に向かいました。

赤ちゃんも頑張っているので、僕らも頑張らなくてはいけませんね。

【スポンサー】

\ SNSでシェアしよう! /

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 保育園の懇談会に参加|2歳の子供が通う保育園のママさん達の悩みは?

  • 1歳9ヶ月の息子の保育園で子供同士の喧嘩を目撃!

  • フリーランス(個人事業主)が赤ちゃんの保育園申請に必要な証明書と資料作り|フリーランスの保活日記

  • 保育園の発表会1歳児クラスのプログラムの内容は?

  • 1歳の子供が保育園で噛まれた!保育園とのやり取りと対処について

  • 保育園は土曜日も預かってもらえる?お昼ごはんの給食は?追加料金は?