ネット保険とは?特徴やメリット・デメリット一般的な保険との違いは?



こんにちわコースケです。

出産後に保険を見直したいけど、忙しくて保険窓口や生命保険会社の人と話す時間が作りづらい、しっかり各生命保険会社の保険の保障内容を比較したいという方に人気なのが、ネット保険(ネット生保)ではないでしょうか?

近年、急速に普及してきてネット保険を扱う生命保険会社も増えています。

そんな便利に感じるネット保険ですが、不安も感じる方も多いですし、僕自身もネット保険は便利そうだけど、どうだろう?と躊躇している所があったので、生命保険会社に勤める親戚にも話を聞きながらネット保険の特徴やメリット・デメリットについてまとめてみました。

ネット保険とは?

ネット保険はインターネットを用いてオンライン上で見積もりや申し込みができる保険のことを指します。

  • 見積もり
  • 保険商品やプランの選択や比較
  • 申し込み
  • 各種手続

などこれら通常なら、保険外交員の方や生命保険会社といくつかのやりとりが必要なものをインターネットで完結することができるというのが特徴です。

保険会社によっては郵送などによる手続きが必要なこともありますが、多くがインターネットで申し込みまで行えるため、忙しくて中々時間を作れない方、生命保険のプランを比較したい方などに便利です。

時間がある時に自分のペースで生命保険を検討できるのが特徴です。

主なネット保険を扱う会社

  • アクサダイレクト生命:アクサダイレクトの終身保険、アクサダイレクトの定期保険2など
  • ライフネット生命:かぞくへの保険、終身医療保険新じぶんへの保険など
  • メットライフ生命:医療保険フレキシィ S、スーパー割引定期保険、収入保障保険
    マイディアレスト、終身保険 つづけトク終身など
  • オリックス生命:医療保険 新CURE、定期保険Bridge、家族をささえる保険Keepなど
  • 楽天生命:楽天生命ラブ、楽天生命ピンポイント、楽天生命レディなど
  • FWD富士生命:さいふにやさしい医療保険、新がんベスト・ゴールドα
  • SBI生命:クリック定期、終身医療保険 も。
  • SBI損害保険:SBI損保のがん保険
  • チューリッヒ生命:定期保険プレミアム、収入保障保険プレミアム、終身医療保険プレミアムDXなど
  • メディケア生命:メディフィット定期、メディフィットRe(リリーフ)など

 

一般的な保険会社とネット保険の違い

基本的にネット保険はインターネットでの手続きが基本です。そのため、保険内容、保障については自分で選ぶという点が大きな特徴です。そのため、加入後に失敗したと感じないためには保険の契約内容をしっかりと確認する必要があります。

また、細かな用語、単語についても一般的な保険会社での加入の場合には担当者が細かく説明をしてくれるわけですが、ネット保険にはその質問についてもサポートを利用するなど一手間がかかる面があります。

保険金の請求

一般的な生命保険では病気や怪我などで保険金がもらえる状況になった場合、担当者によるサポートや手続きを進めてくれる面がありますが、ネット保険は基本的には申請方法や保険証書などの書類を準備する必要があるので、どれとどれが必要?といった疑問をスムーズに解消するのがちょっと面倒に感じる方も多いようです。

ネット保険のメリット・デメリット

メリット

  • 時間・場所を選ばずに多くの保険を検討できる
  • 保険料金が割引になったり、安く保険に入れる傾向
  • ネットで手軽に見積もりや申し込みができるため手軽さがある

ネット保険の大きなメリットは自分のペースで保険を検討できる点です。そしてネット保険では紙資料を減らし、保険外交員などの人件費、契約者が自分で手続きを進めるという面で事務コストを抑えることで、保険料が安く設定しているため、今はまだ、保険料にあまりお金がかけられないという方でも加入しやすい面もあります。

インターネットの便利さを活かした手続きによるメリットが多いです。

デメリット

  • 自分で保障内容などのプランを決める必要がある
  • インターネット手続きの場合、自分でチェックが必要
  • わかりやすいシンプルさゆえに保険の種類がまだ少ない
  • 一定の審査基準がある
  • 保険金請求などを自分で行い手続きが面倒な面も

ネット保険の選び方ポイント

自分でのプラン選びで失敗しないためにもネット保険で見積もりや比較をしながら、気になる保険が見つかったら、ほけんの窓口やプロのアドバイスを貰うのが失敗しないネット保険選びと言えます。

保険の相談窓口は無料相談が可能ですので、この一手間を踏むかどうかで今後長い期間の保険料の支払いやもしもの時の保障への安心が違います。

シンプルな保険ならネット保険が活きる

将来に備えた貯蓄などを含んだ保険への加入はプロのアドバイスを受けながら決めていく必要性が高いですが、掛け捨ての死亡保障や医療保障などシンプルでわかりやすいものについてはネット保険は利用しやすい面が多いという印象です。

まとめ

インターネットが普及して登場したネット保険は活用のしかたで保険料を安くすませながら保障を備えることができます。保険契約が面倒という方にとってもシンプルなネット保険は比較がしやすいという声もあるので、今後加入者は増えていくのではということでした。

それでも対面による保険加入を希望する方は多いので、この点はネット保険の便利さと担当者がいることの安心を天秤にかけつつとなりますが、ほけんの窓口など無料相談を活用して自分にあった保険に加入するのが基本かなと思いました。

保険の比較にネット保険も加えてみてはいかがでしょう?

スポンサー




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です