1. TOP
  2. 育児・子育て
  3. 子供の健康・ケア
  4. 赤ちゃんがかかりやすい熱中症の症状とは?特徴と種類をチェック

赤ちゃんがかかりやすい熱中症の症状とは?特徴と種類をチェック

こんにちはコースケです。

先日、梅雨明けが発表されるなど、いよいよ夏本番ですね。今までも暑かったですが、これからどんどん気温も上がってくることが予想されます。

ウチの家も何もしないと30度に達するくらい暑くなってきたので、赤ちゃんの熱中症には注意しないといけない季節になりました。

ただ、熱中症と一言で言っても、症状にはいくつか特徴があり、気付かない内に熱中症になってしまっていることが多いです。
今回は熱中症の症状の特徴や原因、そして病院に行く前の対処法についてご紹介します。

赤ちゃんがかかりやすい熱中症の症状

2793555d0f79b3904276bc80964134ff_s

まず熱中症になってしまう要因は

  1. 暑い場所などに長時間いることで体温が上がる
  2. 体温が上がることで血液も上昇
  3. 温度が上がった血液が温度を下げようと皮膚の下を流れる量が増える
  4. 外側の気温が暑いため血液が冷やすことができずに温度が上がり体を巡る
  5. 体温が上がると共に、汗などで水分が体から排出される

 

これらの状況が重なりることで、体温調節や循環系が乱れ、起きやすくなります。
熱中症が怖いのは、家で大人しくしていても、なる可能性があり、気がついたら赤ちゃんがぐったりしていたということも多く怖い症状です。

熱中症の症状の種類・特徴

3771031afa79018fcf49b5974de7b4ef_s

熱疲労の症状

赤ちゃんのうちになりやすいのが熱疲労で、暑さによって、脱水症状になってしまう症状です。
家の中にいてもなりうるため、注意が必要です。

赤ちゃんがぐったりとしている、吐く、ミルクを飲まない、といった時に注意したい熱中症の一つと言われています。

熱疲労の対処

まずは体を冷やしながら、水分を補給しますが、症状がひどい時は病院での処置が必要です。

熱痙攣の症状

暑い場所で大量に汗をかいた状況で、血液の塩分濃度が低下することで、手足が痙攣してしまう症状で、水分補給をしていても、塩分が不足しているとなりやすい。

大人などでもスポーツをしている時になりやすい症状です。
熱は出ないものの、手足が痙攣してしまうので、赤ちゃん場合、見落としやすいようです。

熱痙攣の対処

涼しい所で塩分含む水分補給を行い、回復を待ちますが、症状がひどい場合には病院で処置してもらう。

熱射病の症状

高温で湿度が高い所や日差しの下でいる事で汗を多くかき、体内の水分や塩分が低下し体温調節に異変が起きる。
顔色が赤みがかり、唇の色が青っぽくなる。

熱射病の対処

大量の汗をかいてしまっている状態なので、まずは体を冷やすことが大切です。
部屋の温度を下げる、一時的にクーラーや扇風機などの風があたる場所へ移動して冷やしたり、氷や保冷剤などでおでこや首もと、脇や足の付け根といった熱がこもりやすい箇所を冷やしながら、水分補給を行うことが必要。

熱失神の症状

気温が高い場所、炎天下の下などで動くことで、体温が上がり、その体温を下げるために末梢神経が広がり、血液が全身に流れます。この時に貧血を起こしてしまう症状。

熱失神は顔色が悪くなり、ひどい状態になると失神してしまう症状です。

熱失神の対処

涼しい所で休み、水分補給を行うことが基本ですが、失神した場合などはすぐに病院で処置してもらう。

まとめ

熱中症の主な症状をまとめましたが、言葉が発せない月齢の赤ちゃんだと、症状が見分けにくいです。
大人しく寝ているなと思ったら、実は熱中症だったということも起きかねませんね。

赤ちゃんの場合、

  • 顔が赤い、熱い場合
  • ミルクの量が多い、飲みたがる
  • 逆にぐったりとして飲まない・吐く
  • おしっこの量が少ない・出ない時間の感覚が長い

こんな時は熱中症を疑った方が良いとのことです。
様子がおかしいけど、迷ってしまう場合にはすぐにお医者さんに診てもらう方が良いかなと思います。

赤ちゃんのためにも夏のお部屋環境作りも大切だなと思いました。

↓熱中症の初期症状についての記事
赤ちゃんの熱中症の見分け方・初期症状と対策
赤ちゃんの熱中症対策の参考になればと思います!


\家事負担軽減しながらダイエット/

【PR】糖質制限のお弁当宅配サービス


\ SNSでシェアしよう! /

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 赤ちゃんの夏の肌荒れ対策|夏でも保湿は必要?

  • 新生児の便秘の原因とは?我が家の赤ちゃんも便秘気味

  • 赤ちゃんの熱中症の見分け方・初期症状と対策

  • 子供のあせも対策|保育園・幼稚園に通う子が注意したい夏の肌ケア

  • 赤ちゃん用のベビーソープの種類や特徴について|肌に優しいベビーソープの選び方

  • 赤ちゃんの耳掃除のやり方|綿棒以外で耳垢を取る方法はある?耳鼻科に行った方が良い場合とは?