妊娠・出産に関する費用は?お金はいくらかかるの?

こんにちわコースケです。

妊娠・出産に関する費用は、相当お金がかかるイメージ(実際にかかっている)がありますよね。
妊娠・出産の中でお金が無い、貯蓄が無いから不安という方も少なくないと思いますし、我が家も最高に喜びつつ、「あれ?妊娠・出産でかかるお金ってどうなってるんだろう?」と疑問に感じた経験があります。

息子ももうすぐ2歳になろうという時期で誕生日が近づいてくると、無事出産が終わったものの、僕自身が事前準備をしていなかったため、その後は様々な手続きに走り回った体験をしているため、妊娠を計画している方、妊娠がわかったけどこれからどんなお金がかかるのか?疑問に感じている方もいると思い、僕の体験の中でかかった妊娠・出産に関する必要な費用や用途をまとめてみました。

一般的な妊娠・出産に関わる必要な費用の種類

まず、現在の日本では妊娠中の健診や出産には自治体などから貰える補助金・助成制度やお祝い金・給付金といったものがありますので、妊娠・出産にかかわる費用を全額負担するということはありません。(出産経験がある方にとっては当たり前のお話かもしれませんね笑)

ただそれでもかかるお金があります。

妊娠確定前の診察費用

妊娠の可能性があると感じて、産婦人科にて実際に妊娠をしているか検査をします。
診察料金は病院によって違いがありますが、通常の診察プラス血液検査などの診察があった場合には追加でお金がかかります。

妊娠検査は病気ではないという点が重要で、自由診療であり病院によって診察料金に違いがあります。
一般的には5000円〜1万円前後、もしくは1万5千円程度までかかる場合もあると考えておく必要があります。

妊娠健診の費用

妊娠が確定したあとは定期的に行われる妊娠健診があります。こちらも基本的に保険適用外なので、自己負担となるのですが、妊娠が確定して役所に妊娠届を提出が済むと母子手帳が交付されます。この時に妊婦健診補助券が配布されることになっています。

この補助券は自治体によって内容や金額は違いますが、基本的には14回分の妊婦健診で使えることを考えた補助券となっています。

妊婦健診は通常の健診で5000円くらいです。これプラス他の検査が追加されるとさらに上乗せとなりますが、補助券を使うことで診察料がかからないケース、もしくは補助券プラス実費という形で健診の費用を抑えてくれます。

これは地域によっても違いがあり、お世話になる病院によっても違うので、自治体に補助してもらえる金額と利用する病院の診察料を確認しておくと良いと思います。

通常の妊婦健診の自己負担額は約4〜5万円くらい、我が家もなんだかんだでそれくらいかかっているように思います。

出生前診断

出生前診断は赤ちゃんの先天性・遺伝性の病気などがないかを調べることができる検査です。
この診断は任意で行うもので、婦人科の先生から受けるかを確認されます。

非確定的検査、確定検査という大きく分けて2種類の検査があります。

こちらも検査の内容によって違いがあります。
これらの中から自分でどれを受けるかを決めていきます。

一般的には2万円〜5万円ほど、高いものだと10万円〜20万円ほどかかる検査もあります。

非確定的検査

  • 母体血清マーカーテスト 目安2万円〜
  • 超音波検査 目安1〜2万円
  • 母体血胎児染色体検査(NIPT) 目安20万円前後

確定的検査

  • 絨毛検査 目安10~20万円
  • 羊水検査 目安10~20万円

ちなみに我が家は高齢出産に分類される年齢での出産でしたが、非確定的検査のみをあえて選択しまして、費用は2〜3万円以内だったと記憶しています。
これらの検査は受けられる妊娠時期に違いがありますので、しっかりとカウンセラーの方と相談をしていく必要があります。

3Dエコー・4Dエコー

これは通常の2Dエコー検査と違い、さらに立体的に赤ちゃんの様子を見ることができるエコー検査(超音波検査)です。
機器が設置されている場合には3Dエコーや4Dエコー検査を受けますか?的に言われると思います。

ただこちらも料金には病院によって違いがあり、5千円〜1万円弱となっています。我が家がお世話になった病院で3Dエコーを受け、費用は5千円くらいだったように思います。

分娩出産・入院費

いよいよ出産となるわけですが、分娩を行うための費用に加えて入院費がかかります。
こちらも病院によって違いはありますが、40万円前後は最低見ておく必要があります。

ただ、こちらは健康保険に加入している人は出産育児一時金が給付されるので、これを利用することで実際の自己負担金額は大きく減らすことができます。病院によってはこの金額でまかなえる場合もあります。

現在の出産育児一時金は42万円、産科医療補償制度加算対象出産ではない場合は40万4千円となります。

参考:全国健康保険協会
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat315/sb3080/r145

参考:厚生労働省HP
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/shussan/index.html

我が家は普通分娩では出産育児一時金よりも費用が高くなって自己負担がある予定でしたが、息子は逆子だったため、帝王切開での出産となりました。このため、費用が少なくなったため、自己負担も減りました。

この制度は直接支払制度があるので、これを利用すると医療機関へ直接支払う仕組みとなるため、まとまった出産費用を用意できない場合にも安心です。

逆に直接支払制度を利用しない場合は直接支給してもらうこともできます。

まとめ

妊娠・出産費用にかかるお金についてまとめました。病院によって金額が大きくかわりますが、実質かかるお金というのは通常で10〜20万円ほど、出費の内容をしっかりと検討(病院選びがほとんど)することで費用は抑えられますし、出産育児一時金でまかなうことも可能になってきます。

出産には他にもマタニティグッズ、お祝いのお返しなど沢山お金がかかるため、事前にしっかりと費用の総額を計算しつつ理想的な出産に向かえるように準備したいですね。

※産後はお祝い・記念日も沢山です。どんなイベントがあるのかチェックをしてお金も計算しておくのがおすすめです。お祝い・行事についての記事はこちらでチェックできます。
>>お祝い・行事記事一覧へ