梅雨時期に赤ちゃんが快適に過ごす為の部屋の湿度・温度



こんにちはコースケです。

全国で梅雨入りが始まり、天気も悪く、ジメジメと大人でも憂鬱になってしまう時期がやってきましたね。

赤ちゃんは自律神経がまだ未発達なこともあり、体温調節がうまく出来ないそうです。
そのため、湿度や温度などお部屋の環境作りは、まだまだ気を配る必要があります。

また、この時期になるとカビの心配など、体に害を及ぼす可能性もあるので、湿度・温度はできるだけベストな状態を保ちたいですね。

赤ちゃんが過ごしやすい湿度・温度の目安

夏・梅雨時期は湿度40〜60%

6ac652a9c319216f2089a10c4faab0eb_s
赤ちゃんが過ごしやすいと言われる湿度は1年を通して40〜60%くらいと言われています。
そのため、梅雨時期はエアコンなどで除湿を行い湿度を保つ必要があります。

ただ、閉め切った状態のお部屋は空気も悪くなりますので、2〜3時間に1回くらいは窓を開けて換気をして空気の入れ替えをすることで、カビ対策にも繋がります。

最近のエアコンはドライ機能も付いていたりとかなり高機能ですので。昔よりは湿度の調節が楽だと、妻のお義母さんが言っていました。

夏・梅雨時期は室温26〜28℃

883cc97feacdb7ec859c7d70ec673967_s

体温調節が未発達な赤ちゃんは気温の影響も受けやすいです。
熱中症、冷え過ぎなど赤ちゃんにとっては過ごしづらい季節とも言えます。

暑さだけでなく、冷え過ぎも体力を奪ってしまうので、注意したいポイントです。

夏は気温が高くなりやすいので、外との気温差に注意しながら26〜28℃くらいに保つのがおすすめです。

外に連れてお散歩をするという方は外気との差を5℃くらいにして、体を慣らしてからお出かけすると負担が少なくて良いとのことです。

エアコンと扇風機の併用

d7540395963288edc3a0c8576932c0b8_s
エアコンでお部屋の温度を管理しながら、扇風機で部屋全体に風を送り、エアコンだけでの温度の下げ過ぎを防ぐのもポイントです。

fd47a008c0d769bf8641eb7c443e6646_s

特に寝ている間のエアコンの使用は風邪を引いてしまう可能性もありますので、扇風機でお部屋に風を送って気温が上がってしまうのを防ぐのがおすすめです。

この時も赤ちゃんに直接風が当たらない場所に置き、首振りで使用するのが基本、そしてタイマーをセットして冷え過ぎに注意しましょう。

まとめ

47584eeaf1f52fa18f28a5089650dd93_s
赤ちゃんは大人が快適だと思っていても実は不快に感じているケースもあるみたいですので、今は赤ちゃん優先でお部屋の環境を作ってあげるのが、体のことを考えると安心かなと思いました。

今回は妻のお義母さんはベテランの看護師なので、色々とアドバイスがもらえて助かりました。

ただ、部屋の温度については僕らが住む土地のお話ですので、もっと気温が高い場合は外の気温との差についてはお部屋の気温を優先しながら、外出前に少し空気を入れ替えながら、赤ちゃんに慣らしてあげるのが、負担が少ないと思います。

天気が悪くスッキリしない梅雨時期ですが、赤ちゃんもママさんも健康に過ごして育児頑張りましょうね。

スポンサー




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です