赤ちゃんのRSウイルス感染症は熱が治まってから鼻水や咳はいつまで続く?完治までは?

こんにちはコースケです。

先週、我が家の赤ちゃんがRSウイルス感染症にかかってしまい、発熱や咳、鼻水と大変な1週間となりましたが、熱もピークを越えて落ち着き、赤ちゃん自体も元気になってくれました。

ただ完治とまではいかず、若干鼻水と咳が残っている状態です。RSウイルスは感染症ですので、他の人にうつしてしまう可能性もあり、実際に完治まではどれくらいなのか?というのが気になります。

また、保育園のこともあるので、外出はいつくらいからできるのか?という点も知っておきたいです。


【スポンサーリンク】



RSウイルス感染症は完治までどれくらい?


小児科の先生の話ではRSウイルス感染症は症状がひどい1週間(発熱・咳・鼻水の症状)を越えたあと、1〜2週間くらいは咳や鼻水が残ると言われました。

RSウイルス感染症の潜伏期間

RSウイルス感染症の潜伏期間は2〜8日となっていて、症状が出ていなくても感染する可能性が高いのが特徴です。

RSウイルス感染症の症状が落ち着いた後

RSウイルス感染症が面倒なのが症状が落ち着いてから1〜3週間くらいは感染力が失われず、数週間の排出期間がある点です。

特に集団生活(赤ちゃんの場合は家族、保育園など)の中でうつりやすく、うつしてしまいやすいのが特徴です。

また、RSウイルス感染症は感染力が高いため、咳やくしゃみなどで衣服などに付着してから手についても約30分は感染する力があるとされています。

保育園に登園できるのはいつくらい?

保育園に入っている赤ちゃんの場合、登園ができないと働くママさんにとっては大変です。
我が家はまだ保育園には行っていないのですが、説明会が月末にあるため、微妙な時期です。

RSウイルス感染症は厚生労働省の保育所における感染症対策のガイドラインでも記載がある問題に繋がる感染症の一つとありました。

厚生労働省の保育所における感染症対策のガイドライン
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/pdf/hoiku02.pdf

ガイドラインでは感染症にかかった時の登園の目安なども書かれています。
感染症に罹患した子どもの登園に際しては

  • 保育所内での感染症の集団発生や流行につながらないこと
  • 子どもの健康(全身)状態が保育所での集団生活に適応できる状態に回復していることに留意すること

とありました。
我が家はかかりつけの小児科の先生に相談もしてみましたが、排出期間も含めて人がたくさんいる場所へ行く前に一度、診断に来てと言われています。

保育園などでも医師の意見書や登園届といった様式も用意されている場合もあるので、この点は保育園とのやり取りの中で登園の時期も決まってくるという感じでしょうか。

まとめ

RSウイルス感染症は熱や咳、鼻水のピークは1週間くらい、その後、咳や鼻水は1〜2週間ほどで落ち着くようです。
ただし、症状が落ち着いた後でも排出期間があるため、感染源となってしまう可能性が高いです。

我が家は赤ちゃんから僕にうつり、現在は妻にも鼻水や咳の症状が出てきています。
大人でも簡単にうつってしまう感染力ですので、保育園など免疫力が弱い赤ちゃんに感染する可能性はとても高いので、注意が必要ですね。

スポンサーリンク
離乳食・子供の安全な食事づくりにおすすめ

【PR】 離乳食・子供の安全な食事づくりにおすすめ野菜宅配サービス!

シェアする

フォローする