1. TOP
  2. 育児・子育て
  3. 子供の健康・ケア
  4. 新生児のしゃっくりが気になる!原因と対処法は?赤ちゃんの健康

新生児のしゃっくりが気になる!原因と対処法は?赤ちゃんの健康

こんにちはコースケです。
赤ちゃんがいる生活にも少し馴れてきましたが、まだまだ、ちょっとしたことも気になってしまう、新米っぷりで過ごしています。

そのちょっとしたこととは、「しゃっくり」です。ウチの赤ちゃんは今日も僕が目覚めると妻のお母さんに抱っこされながら「ペコッ」というしゃっくりを繰り返していました。

妻やお母さんからも赤ちゃんはしゃっくりが出やすいと言われたものの、やっぱり気になるので、新生児のしゃっくりの原因と安全にできる対処法はないかな?と思い調べてみました。

赤ちゃんのしゃっくりの原因

8c5c75802d62fe092bf5dff3b09650db_s

赤ちゃんのしゃっくりの原因として挙げられているのが、

  • 母乳やミルクを飲むことで、胃や食道が刺激される
  • 体温の変化

基本的にはこの二つが関係しているようです。

母乳やミルクを飲むことで、胃や食道が刺激される

赤ちゃんはまだまだ体が未発達なこともあり、胃や食道が活発に動き始めると横隔膜を刺激するとのこと、これは自然な症状らしいです。

母乳やミルク後のしゃっくり対処法

096918

対処法としては飲ませ方に気を使うことが大切のようです。ミルクの場合には哺乳瓶を吸う時に空気を必要以上に吸わないように角度を調整してあげると良いようです。

逆にしゃっくりを止める方法としてミルクをあげるという対処法もあるようなので、原因なのか対処法なのか?と突っ込みたくなります。(次の検診時にでも先生に聞いてみようと思います。)

体感では、母乳やミルクを飲ませた後にげっぷをしっかりとさせること、少しの間、赤ちゃんを縦に抱いておくとしゃっくりが出にくいように感じました。

体温の変化

室温の変化やオムツが濡れたりすることで体温に変化が起き横隔膜が刺激されることもあるようです。

体温の変化・刺激によるしゃっくりの対処法

033147

この場合にはオムツを変える、体を温めるというが基本で、ガイドブックなどにもオムツチェックをした後、お腹(みぞおちあたり)を手でさすったり、暖かいタオルで温めることもおすすめと書かれていました。

まとめ〜神経質になることは無いが注意は必要

赤ちゃん自体はしゃっくりではそんなに苦しくないと産院からもらったアドバイスブックにも書かれていました。
また、成長と共に落ち着いていくとのことです。

しゃっくりを止めるのに色々な対処法がありますが、基本はしゃっくりによってミルクや母乳を吐いてしまったりした際に喉に詰まらせないように注意することが大切だと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 赤ちゃんのお外用の虫除け選び|生後何ヶ月から使えるのか?

  • 赤ちゃんに歯が生え始めた!乳歯が生えたらケアは必要?その方法とは?

  • 赤ちゃんの耳掃除のやり方|綿棒以外で耳垢を取る方法はある?耳鼻科に行った方が良い場合とは?

  • 子供のあせも対策|保育園・幼稚園に通う子が注意したい夏の肌ケア

  • 赤ちゃんの歯磨きのやり方を工夫して歯磨きに慣れてもらう

  • 赤ちゃんの背中やおなかにあせもが!乾燥による肌荒れ?原因と対処法、薬について