1. TOP
  2. 育児・子育て
  3. 子供服・ファッションアイテム
  4. 幼児用プール水着・サンダル・プール用パンツの購入と選び方

幼児用プール水着・サンダル・プール用パンツの購入と選び方

 2017/07/03 子供服・ファッションアイテム
この記事は約 4 分で読めます。 4 Views

こんにちはコースケです。

夏が着てお子さんにも水遊びをさせたいと幼児用プール水着・サンダル・プール用パンツの購入を検討している方は多いかと思います。

我が家でも1歳3ヶ月の息子が保育園でプールの時間が始まるということで、週末にプール水着、サンダルやプール用のパンツを購入してきました。

初めてのプール道具購入ですが、色々と種類も沢山でした。しかもちょっとした失敗もありましたので、これからベビー用水着などプール道具の購入を検討されている方が選ぶ時に注意してほしい点などをお話したいと思います。

ベビー用プール道具を選びの失敗談

赤ちゃんや幼児期のお子さんのプール道具というと

  • 水着(ワンピースタイプやセパレートタイプ)
  • 上着(ラッシュガードやパーカーなど)
  • プール用のパンツ
  • サンダル
  • カバン
  • タオル

といったものが基本だと思います。(保育園からの指定がコレだった)

実際にこれを基本に購入したのですが、いくつか失敗してしまいました。

水着のサイズが小さい

今回購入した水着はパンツタイプにラッシュガード風パーカーという上下を購入しました。
普段、息子は90サイズの洋服を着ているのですが、実際に履かせてみるとパンツがジャストサイズなため、プール用パンツなどを履かせるとかなりピチピチでキツそうです。

また、水着はウエスト周りのゴムの締め付けが強いため、お腹周りが苦しくなりそうな気がします。


実際に保育園に持っていき、保育士さんに確認をするようですが、もしプール用パンツなどを水着の中に履かせる場合にはサイズ的に95などワンサイズ大きいのを購入すれば良かったという結果でした。

上着の方は丁度良い感じでしたので、良かったです。

水着を選ぶ時にはジャストサイズじゃないといけない!と思っていましたが、体型や水着の素材によって実際のサイズよりも若干キツめになる場合もあるので、注意したほうが良いと思います。

サンダルが小さい

こちらもサイズ的に小さかったようです。。
息子は普段12センチの靴を履いています。

今回、保育園からの指定で鼻緒付きタイプのサンダルが指定だったのですが、売り場にあったのが13センチからだったので、丁度良いと思って購入したのですが、鼻緒上部分が思ったより小さく(息子は足の甲が厚いらしい)入るのですが、履かせるのに苦労しそうな感じでした。

あまり締め付けが強いと足が擦れて靴擦れを起こしてしまう可能性もあるので、こちらも失敗したということになります。

鼻緒付タイプは鼻緒部分の素材が布製よりもプラスチック系の素材の方が滑りが良く履かせやすいと思います。布タイプの場合は鼻緒部分にある程度伸縮性がないと、足の形によって上手く入らないことがあるということを学びました。。

↓最終的に購入したサンダル

ベビー・幼児用水着、サンダル選びのポイント

試着できるものはしっかり試着してから購入

今回の失敗した点はわかりやすく、サンダルを履かせて確かめずに購入してしまったことですね。
水着は汚れてしまってはいけないので、難しいと思うのですが、サンダルは履かせて確認して購入するべきでした。

言い訳としては、購入した日は他のご家族もかなりプール道具を購入しにきており、売り場が混雑していたこともあり、大丈夫だろうと思って購入したのですが、見事に2つも買い直しになる可能性があります。

価格的に高いものはサイズなどを確認してから

今回の失敗ですが、購入した水着などは価格的に高いものではなかったので、痛いとは感じませんでしたが、ちょっとしたブランド物を購入していたら、ショックは大きかったと思います。

オシャレなこだわりプールアイテム、特に水着などは一度履かせて実際に水に入ってみた時にサイズ感(水に濡れると重くなるので大きければ良いわけではないですね。)を確認してから改めてお好みの水着を選んだ方が安心です。

あと、今回、ベビー用品の量販店に行ってきましたが、1歳くらいの子が履けるサンダルで鼻緒付となると種類が少なかった(僕らが行ったお店でのお話)ということもあり、サイズがあった!ということで購入してしまったのも失敗のポイントです。

まとめ

初めて息子のプール道具を購入しましたが、肝心の水着とサンダルのサイズが微妙という結果に終わってしまいました。

いつも読んでいる育児本でも水着は普段の洋服と同じジャストサイズで!と書かれていましたが、水着の素材や着る時の状況によるという当たり前のことを見過ごしていました。

そして試着できるものは試着した方が、失敗が無いという基本的なこともおろそかにすると、僕らのような失敗をしてしまう可能性があるので、注意していただければと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

パパ目線の育児ブログ【はじめての妊活・出産・子育てのお話】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

コースケ

コースケです。妊娠・出産・育児にまつわるお話を日々の体験を交えて書いています。現在、2歳の息子の育児真っ只中!妻にとって役に立つイクメンを目指しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 2歳4ヶ月の子供の言葉や行動の成長と変化・イヤイヤ期の内容

  • 子供の着替え練習方法〜保育士さんに聞く2歳児の着替え練習のコツ

  • 3歳児の習い事の月謝相場は?人気の幼児向け習い事別の月謝と費用

  • 3歳からの習い事は何がおすすめ?ママ友に聞いた始めて良かった習い事

関連記事

  • 赤ちゃんのファーストシューズを購入|靴選びのポイント、いつから履かせる?

  • 赤ちゃん・幼児の靴は買い替えが早い!|1歳4ヶ月の息子の2足目の靴を購入

  • 幼児の靴の買い替え|1歳7ヶ月の子供の3足目の靴を購入

  • 赤ちゃん・幼児のベビー用水着の種類|選ぶ時のポイントとおすすめ水着の種類

  • 赤ちゃん・幼児のプール用ベビーサンダルの種類|選ぶ時のポイント

  • 赤ちゃんが靴に慣れて歩くための練習ポイント