就業不能保障保険とは?働けなくなった時の収入減に備える保険の特徴

スポンサー




こんにちわコースケです。

出産後の保険を見直していく時に病気や怪我に備え、一定期間働けなくなってしまう状態になった時のことを考えてリスクを減らしたいと思いますよね。

最近、見聞きすることが増えてきた保険に就業不能保障保険があります。

この保険は医療保険でカバーすることができない点に備えることができると期待され、加入を検討する方が増えてきているようです。

こちらでは就業不能保障保険の基本的な特徴、似た保険として捉えられている収入保障保険との違いやメリット・デメリットについてまとめました。

就業不能保障保険とは?

  • 医療保険でカバーしきれない怪我や病気の長期療養に備える保険
  • 病気や怪我による入院・在宅療養によって給付金が支払われる
  • 所得保障保険よりも保障期間が長い
  • 障害手当金よりも給付金の保証期間が長い
  • 保障が毎月受け取れる
  • 定期タイプと終身タイプがある

就業不能保障保険は病気や怪我などで長期間の療養が必要な、いわゆる終業不能な状態に備える保険というのが基本です。医療保険は1日や短期間の怪我や入院に対しての保障が備わっていますが、長期間になると医療保険の保障期間では足りないケースもでてきます。

この時に仕事ができず、収入が無くなってしまった時の備えになる保険というのが特徴です。

就業不能保障保険のメリット・デメリット

就業不能保障保険のメリット

  • 医療保険よりも長い期間の保障をしてくれる
  • 病気や怪我による収入減に対して備えが無い、対策が無い方
  • 働けなくなった時の収入減・支出に対して備えられる
  • 会社員の健康保険の障害手当金よりも長い期間の保障が受けられる
  • 保障の給付金は控除対象

メリットはやはり、治療費の負担だけでなく、その後の治療や療養による収入減に備えられる点です。
お子さんの生まれてから大黒柱が怪我や病気で長期間働けなくなった時の治療費以外の生活費や家賃・住宅ローン、お子さんの養育費など沢山の支出に対して備えるというのがポイントです。

また、会社員の方の場合、健康保険による障害手当金などもありますが、就業不能保障保険は障害手当金よりも長い機関の保障をしてくれます。所得補償保険とも同様に長い機関の保障をしてくれます。

会社勤めではないフリーランス・自営業や個人事業主の方にとっては障害手当金が受けられませんので、こういった立場の方のもしもの備えになるのもポイントです。

就業不能保障保険のデメリット

  • 加入に一定の条件がある
  • 在宅療養の場合、体の状態によって保障外になるなど条件がある
  • 精神病(うつ病など)に対する症状が対象外となることが多い
  • 免責期間が設けられている
  • 給付に対する条件が各商品ごとに細かく設定されている
  • 給付対象となっている期間も保険料の支払いが続く保険がある

就業不能保障保険のデメリットというか、加入を悩んでしまう点に、加入自体に条件があり、妊娠中や入院中、休職中といった方の場合は加入ができないケースがほとんどで、パートさんやアルバイトといった方も加入のハードルが高いことが多いです。

また、実際に体調を崩して自宅療養をするとなった時にも、一定の条件があり、軽作業ができる状態などと判断された場合、給付金がもらえない可能性があるといった条件に関する点を理解しておく必要があります。

現代で多い、うつ病などの症状に対して保障対象外となるという点は残念なポイントです。
うつ病に対しての保障を特約という形で保障してくれる収入保障保険も登場していますので、こちらの保障を希望する方は就業不能保障保険では無い方が目的と合っているケースもあります。

現在はチューリッヒ生命の収入保障保険プレミアムがうつ病に対しても特約を付けることで保障してくれます。

就業不能保障保険の給付金の金額や受け取り方

就業不能保障保険の給付金の金額は各保険によって違いますが、年収の最大60%までというのが一般的ですが、基本ラインとして平均的に月額10万円〜という保険が多いです。

給付金の受け取りは一時金のようにまとめてではなく、毎月支払われる形が多いです。

就業不能保障保険の免責期間

就業不能保障保険にはがん保険などと同様に免責期間が設けられています。
免責期間については各保険商品によって違いますが、働けない状態になってから一定の日数(60日〜180日など)が経過してから給付金が支払われる仕組みです。

そのため、会社員の方の場合だと、この免責期間に対して傷病手当金の給付を受けながら、就業不能保障保険の免責期間を過ごし、その後も療養が続く時には就業不能保障保険も支払われるので、対応することができます。

逆に傷病手当金がもらえないフリーランスなどの個人事業主、自営業の方の場合にはこの免責期間が短いタイプの保険というのも比較ポイントとなっています。

収入保障保険との違い

就業不能保障保険と収入保障保険との違いは収入保障保険は契約されている方が亡くなった時に残されたご家庭の生活を支えることを目的とした保険であり、自分のためではなく、家族のためという性質となります。

就業不能保障保険は長期間の療養による働けない期間の生活を支えることを目的ですので、基本が違いますね。

>> 収入保障保険とは?定期保険との違い|出産後の保険の見直し

就業不能保障保険を扱っている生命保険会社

  • アフラック:病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険
  • ライフネット生命:働く人への保険2
  • チューリッヒ生命:くらすプラス
  • 東京海上日動あんしん生命:家計保障定期保険NEO 就業不能保障プラン
  • T&Dフィナンシャル生命:働くあなたにやさしい保険

などがあります。

まとめ

就業不能保障保険の基本知識をまとめました。

個人的には会社員の方もそうですが、フリーランスや個人事業主の方が長期間働けなくなった時の備えとして活用するのにメリットがありそうな保険です。

ただし、免責期間や加入条件、給付金の支払い条件などが細かく設定されているため、実際の給付金の受け取りまでに少々、ハードルが高い印象もありますので、この点はプロのお話を聞いた上で、自分に適した就業不能保障保険を選ぶ、もしくは自分に就業不能保障保険が適しているのか?といった面のアドバイスをもらうのが安心だと思いました。

働き盛りのパパさん・ママさんにとっての備えと言えます。一度チェックしてみるのも良いかもしれませんね。

スポンサー




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です